治療院で呪いを掛けられる…? | 2万人の腰痛ヘルニアを改善した医療者も通う札幌こばやし治療院

2万人の腰痛ヘルニアを改善した医療者も通う札幌こばやし治療院

【椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛】を整体と鍼灸をベースに改善させる治療プログラムを提供しています。
『こんな治療方法があったなんて』と驚く方が多いです。今までにない視点と治療プログラムで、医師や看護師などの同業者も通う治療院です。

 

 

当院のブログをご覧いただき

誠にありがとうございます。

 

 

お盆休みは

8/11(日)〜8/15(木)

となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日から今日にかけて

治療院の待合室のレイアウトを

変えてみた小林です。

 

 

 

 

 

 

 

 

予約制なんで

待ち時間がほとんどないんですが

 

 

一応、待っている患者さんのために

「患者さんの声」の一部と

 

取り扱っているホームケアの

紹介コーナーを作りました。

 

 

 

 

 

もういつもホームケアの

話をしているので…

 

今日はしません(笑)

 

 

 

ただ、新しくした部分を

アピールしただけです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院は初回に

 

 

「いつまでに治るのか?」

 

「どれくらい費用が必要なのか?」

 

「痛みの変化・回復の予測」

 

 

全てをお伝えしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉・骨格・神経

 

そしてココロと

 

すべての関係性がわかる治療院です。

 

 

 

 

 

 

 

だから、基本的には

通院していただきながら

直していくプランを作成提案していくんですが…

 

 

 

 

 

先日、とある記事で

 

「通わないと治らない」

 

と治療院で言われたら

それはいい先生ではない。

 

 

 

「通わないと治らない」

という呪いを掛けられているだけだ。

 

 

って書いてあるのを目にしました。

 

 

 

本当にいい先生は

 

「患者さんが来たい時に

 治療に来ればいいよ」

 

と言ってくれる。

 

 

 

 

って。

 

 

 

 

皆さんはどう思いますか?

 

 

 

もちろん、何が正しくて

何が間違いなんて事は一概にはないでしょうが。

 

 

 

きっと

 

「無駄にリピートさせる」

 

「痛みが取れないのは

 治療回数が足りないから」

 

ばかりな部分への

反対の意見かもしれないですが

 

 

 

 

 

 

その記事には、こう言った言葉を

患者さんへ「呪い」をかける営業トークと

書いていて

 

 

何だかな〜って感じに

なっちゃいますよね(笑)

 

 

 

 

じゃ、僕が普段から提案している

治療計画も呪いになるのかな〜…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痛みの治療法の中には

 

 

認知行動療法っていう

シンプルに言うと脳のリハビリがあって

 

 

痛みは脳が記憶していて

 

記憶を管理する部分の隣に

鎮痛ホルモンを管理する部分があるので

 

 

 

「通わないと治らない」

 

「自分では治せない」

 

 

みたいに

”思い込み”が強すぎると

治癒力をなくして

 

すぐ治るはずのものなのに

長期間痛みに苦しんでしまう。

 

ってやつ。

 

 

 

確かに、これは

「通院して治す」

とは相反するのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

認知行動療法は

僕も支持していて

 

患者さんにもいろんな形を利用して

伝えています。

 

 

 

 

中には、本当に

 

”強い思い込み”が

一番の原因かなと思える人もいたけど

 

 

 

 

すごく悩んでいる症状が

”思い込み”って言われても

モヤモヤする気持ちもありますよね?

 

 

 

 

人間の脳はおバカさんなので

事実こうした作用はあるんですが。

 

 

なんでも伝え方ひとつですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時々

 

治療がバッチリとハマると

二回目に来院した際に

 

「もう全然痛くないわ!」

 

という人もいます。

 

 

 

 

もちろん、お互いに

すごく嬉しいので喜びを分かち合います(笑)

 

 

 

ただ、一回で痛みがなくなる人もいれば

そうでない人もいるので

 

ここは大して問題ではないんです。

(僕の中では)

 

 

 

 

 

痛みを引き起こしているのは

脳の作用かもしれないけど

(DLPFCってググってみて)

 

 

 

 

原因自体は

体の外にもあるはず。

 

 

 

 

 

もしかすると

食習慣…

 

 

もしかすると

人間関係…

 

 

もしかすると

仕事…

 

 

 

 

 

 

だから、それら全てから

 

自分のカラダをどうやって

コントロールしていくのか?

 

 

 

ここを見つけながら

治療進めていく。

 

 

 

 

来院当初は

「痛みを取ること」が目的でも

 

 

 

 

だんだんと

「もう繰返さないカラダ」が目的になって

 

 

 

 

気がついたら

 

「10年後も元気いっぱいでいるぞ!!」

 

って感じに自分も目標も成長できる

 

 

 

 

そんな治療院にしたいな〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は

 

患者さんが自立して向かう先の

道標や、案内人みたいなもんで

 

 

 

カラダが良くなったら

月に一回くらいは

 

 

 

カラダを整えながら

 

 

「あんなことがあった」

 

「こんなことをした」

 

「最近は絶好調だ!」

 

 

なんて話をしながら

 

 

 

 

 

この先の人生への

アドバイスをしていく時間も悪くないでしょ?

 

 

痛みを治療するのが治療院だけど

 

 

 

この先の人生を相談して

カラダと生活をサポート

そして応援していく!

 

 

 

こんなことだってできる。

 

 

 

むしろ、そうあるべきだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこには

安心と信頼があるべき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安心と信頼が行き過ぎると

呪いなのか?

 

 

 

 

 

メンテナンスしましょう!

と言うと悪い先生なのか?

 

 

 

 

 

 

みなさんの答えは

どうでしょうか?

 

 

 

今度、聞かせてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【人気記事はこちらから】

 

 

■ 札幌唯一の【椎間板ヘルニア】【腰痛】を整体・鍼灸で改善するプログラム

 

 

■ 病院でヘルニアと診断された方へ

 

 

■ 【こばやし治療院の基本方針】

 

 

■ こばやし治療院が支持される理由…

 

 

■ 『集中ケアプログラム』を推奨する理由

 

 

 

……………………………………………………

 

365日メルマガ配信中!!

 

無料で健康情報が届く

 

こばやし治療院メルマガ

【病気を見るな、人を見ろ】

 

 

登録はこちらから

https://twelfth-ex.com/rg/134973/1/

 

登録後に不要になった際は

すぐに配信解除ができますので

ご安心ください。

 

……………………………………………………

 

 

こばやし治療院公式ホームページ

 

 

☎︎:011-299-9952

 

「ブログを見て電話しました」

と、お電話ください。

 

 

【 こばやし治療院LINE 】 

「最初から電話はしにくい…」と言う方はこちらから。

 

友だち追加

 

 

 

〒001-0016 

札幌市北区16条西4丁目2-1

LEE北16条ビル 1F

 

地下鉄南北線 北18条駅

北18条西3丁目1番出口(真駒内方面行き)

北17条西4丁目2番出口(麻生方面行き)

どちらからも徒歩2分