ぎっくり腰になった時の対処法 | 椎間板ヘルニアが治る医師も通う14年で2万人以上の施術実績がある札幌の鍼灸整体こばやし治療院
新型コロナウイルスに関する情報について

椎間板ヘルニアが治る医師も通う14年で2万人以上の施術実績がある札幌の鍼灸整体こばやし治療院

【椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛】をオステオパシーと鍼灸をベースに改善させる治療院。
『こんな治療方法があったなんて』と驚く方が多いです。今までにない視点と治療プログラムで、医師や看護師などの同業者も通う治療院です。

 

本日もブログへの訪問

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

先日ぎっくり腰気味でいらした

患者さんが

 

「ぎっくり腰になった時は

 どうするのが正解なの?」

 

と聞かれまして

 

 

 

 

”現段階”で僕が最も安全かつ

効果的だと考えている方法を

お伝えしました。

 

 

なぜ、”現段階”かというと

 

 

医学は日進月歩で

こないだまで万全のものだと

言われていたことが覆ったり

 

 

効果を否定されていたものに

急にすごい効果が発見されたり

 

 

常に変化・進化しているからですね。

 

 

 

 

 

その情報をいち早くキャッチして

自分の考えに加えていくので

 

僕の考えも常に進化しています。

 

 

 

 

 

 

 

ということで

 

ぎっくり腰になった時の

安全で効果的なセフルケアについて

(あくまでも自分で行う場合のもの)

 

 

 

 

立てない、立てる

 

歩けない、歩ける

 

など

 

 

 

ぎっくり腰の度合いにもよりますが

 

 

おおよそ1週間でほぼ回復

イメージで書きますね。

 

 

 

 

まずは、急に起きた

ぎっくり腰は

 

腰の捻挫や

筋肉の損傷の可能性があるので

 

お風呂で温めたりは禁止です。

 

 

アイスノンや

氷などで15分ほど

腰を直接冷やしてください。

(痛むところ)

 

 

この時、ハンカチやタオルなどが

分厚すぎると

 

冷えが甘く

うまく効きませんので

 

ティッシュ2〜3枚を挟むくらいでOK!

 

 

 

 

 

 

 

ここで注意!!

 

ケーキなどに使う保冷剤は

マイナスまで冷えますので

ティッシュを増やして使用してください。

 

 

 

あとは、霜がついた氷や

アイスノンも要注意!

 

霜は凍傷の危険があります。

 

 

 

 

使用まえに

霜を綺麗に取ってから

冷やしましょう!

 

 

 

15分冷やして

痛みは楽になるはずですが

 

治るものではないので

 

 

理想は2〜3時間おきに15分の冷却を

続けてみてください。

 

この作業を1〜2日続けて

動けるようになれば

 

もう冷やさなくて大丈夫です!

 

 

 

 

 

 

 

ここで、もし改善が見られなければ

見落としている損傷があるかもしれないので

専門家へ相談ください。

 

治療院でも

このくらいの鑑別は可能です。

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、冷やし終わったら

 

その次は?

 

 

 

 

いつまでも

冷やしていても

治らないんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは

 

特に痛い動きや姿勢を避けて

日常通りの生活をすることが

治療になります。

 

 

 

カラダを動かすことは

関節、筋肉のこわばりも

抜けてきますし

 

 

 

さらに

 

 

脳の働きも活性化するので

 

脳内での痛みの認識レベルも下がり

 

鎮痛に必要なホルモンも

活性化してきます。

 

 

 

 

そして、損傷した部分に必要な

成長ホルモンの分泌も促されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごい簡単にまとめると

 

 

 

最初の1〜2日は

冷やして安静!!

 

 

3日目以降は

特に痛い動きに気をつけながら

普通に生活している方が

 

早く治る!

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言いながら、今は

メジャーリーグのピッチャーも

試合後にアイシングをしません。

 

 

 

 

 

 

冷やしすぎは

回復を遅らせることが

わかったんです。

 

 

 

でも、自分で対処するとなると

有効な手段です。

 

だから冷やしすぎは禁物。

 

 

急な痛みの場合でも

せいぜい1〜2日です。

 

 

 

 

これを知っておくと

ぎっくり腰になっても怖くない(笑)

 

 

 

ただ、本当に問題なのは

ぎっくり腰になってしまうカラダ

そのものなんですけどね…

 

 

もっと自分を労わってくださいね。

 

 

……………………………………………………

 

登録無料メルマガ配信中!!

 

こばやし治療院メルマガ

【病気を見るな、人を見ろ】

 

登録はこちらから

https://twelfth-ex.com/rg/134973/1/

 

……………………………………………………

 

 

こばやし治療院公式ホームページ

 

 

☎︎:011-299-9952

 

「ブログを見て電話しました」

と、お電話ください。

 

 

【 こばやし治療院LINE 】 

「最初から電話はしにくい…」と言う方はこちらから。

 

友だち追加

 

 

 

〒001-0016 

札幌市北区16条西4丁目2-1

LEE北16条ビル 1F

 

地下鉄南北線 北18条駅

北18条西3丁目1番出口(真駒内方面行き)

北17条西4丁目2番出口(麻生方面行き)

どちらからも徒歩2分