患者等搬送事業者として。 | 熱海 看護師もいる介護タクシー 伊豆おはなのブログ

熱海 看護師もいる介護タクシー 伊豆おはなのブログ

2013年12月24日 「伊豆おはな」は
介護タクシー等事業を
静岡県熱海市にて開業致しました。


テーマ:
熱海で ケアタクシー(介護タクシー)・訪問介護事業に従事しています「熱海・伊豆おはな 介護ナース ナースドライバー 河瀬愛美(あいみぃ)」です。
全国訪問ボランティアナースの会 キャンナスの81カ所目となるキャンナス熱海の代表もしてます。

ケアマネージャーさんからの急遽の通院依頼。
エレベーターの無い団地。

利用者様は 数日前から食事が摂れず、体力低下、歩行は難しい。

なにがあるかわからないので 車椅子と布担架、救急バックを持って訪問。


ケアマネージャーさんとも合流し、ご本人にご挨拶。
お話もできて 起き上がりもでき、車椅子♿には座ることができた。
車椅子のまま玄関に移動している時に 身体がピクピクッと動いた。
顔を見ると、白眼を向いている。脈は触れず「救急車要請しましょう」と ケアマネージャーさんに 救急車要請を依頼。

私と社長は 少しでも血圧を上げれればと、車椅子の前輪を上げたまま 、ベッドまで移動。
二人で抱えてベッドへ戻し、布団を丸めて
下肢挙上。意識は戻ったが、呼吸は浅速、脈は弱い。血圧や酸素飽和度は すぐには測定できず。声を掛け続け、その間に 救急隊員に申し送る内容を用紙に記載。

社長は 救急隊が 搬送しやすいようにテーブルなどを端に寄せて、部屋の動線を整えた後、救急車が到着したときに 部屋に案内するために 外で救急車到着を待った。
救急隊員到着。けいれんが起きた時間、持続時間などを含め 申し送り用紙を渡して 状況説明。
結果、救急搬送された病院に入院となった。

熱海には救急車が3台しかない。
人口3万人ちょっとの熱海では 救急車の出動率はかなり高い(人口10万人の街と同じ位の出動率)。
熱海市消防本部認定第一号の患者等搬送事業者である 伊豆おはなとは タクシーと救急車の中間的な役割を担っているため どこで見極めるか 判断に迷う時もある。
だけど、生命に関わる時は 救急車を要請する。要請した時は 周りの人と役割分担し、 スムーズに救急隊員に 引き継げるようにということを意識している。

今回のケースは 反省点は ありつつも、役割分担しながら 連携もスムーズにできたと思います。








伊豆おはなは、いろんな方々との連携を強化し、①熱海や熱海周辺に住まれている方々の送迎を含むさまざまな外出のお手伝い、②熱海に別荘を持っているけど身体が思うようにならず、来れなくなった、でもまた別荘に行きたいと思われている方の送迎を含むさまざまなお手伝い、③ユニバーサルツーリズム(高齢や病気、障がい等の有無に関わらず誰もが気兼ねなく参加できる、誰もが楽しめる旅行を目指す、実現する)にもできる限りですが、力をいれていきます

通院、入院、退院、転院、一時帰宅等の送迎・付き添い、お出かけ、観光、冠婚葬祭時の送迎・付き添いなど、まずはお気軽にお電話、メールいただければ有難いです。。(ご連絡いただいた時に送迎中などの場合は 後程ご連絡致します)

電話  0557-88-6010  
(8:00~18:00。日曜日が定休日ですが、対応可能な日もありますのでお問い合わせください)
メール info@izuohana.com
(24時間可能  確認がすぐにはできませんことをご了承ください。お急ぎの時は お電話ください)

株式会社 伊豆おはな 
代表取締役 河瀬豊
専務取締役 河瀬愛美(看護師)


外出は、色々なミラクルが起きると、いつも感じています。私たちは通院目的の送迎が多いですが、その通院も、その方にとっては、外に出掛ける楽しみな時間なのです。いつも、家の中から見ていた空を思いっきり見て、気温を肌で感じ、季節の香りを楽しみ、人と話す、、、などなど。この小さなワクワクが笑顔を引き出し、その人本来の持っている力が湧き上がり、ミラクルが起きる!それは「話す」ことだったり、「食べる」ことだったり、「家族の中で自分の役割を取り戻す」ことであったり、様々です。だから、やってみたいこと、やりたかったこと、行きたいところに、私たちと一緒に行ってみませんか?

老舗旅館法悦 の ご主人と出会い、なにか連携ができることがあれば、、、と
熱海 介護・福祉タクシー 伊豆おはな と 熱海温泉 旅館 法悦 で、民間レベルによる新サービス共同開発をするための パートナーシップ 契約を締結いたしました。
↓↓




熱海 伊豆おはな 介護ナース 河瀬愛美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ