ATAMI2030会議 分科会 『福祉』を ようやく振り返りました | 熱海 看護師もいる介護タクシー 伊豆おはなのブログ

熱海 看護師もいる介護タクシー 伊豆おはなのブログ

2013年12月24日 「伊豆おはな」は
介護タクシー等事業を
静岡県熱海市にて開業致しました。


テーマ:
熱海で ケアタクシー(介護タクシー)・訪問介護事業に従事しています「熱海・伊豆おはな 介護ナース ナースドライバー 河瀬愛美(あいみぃ)」です。
全国訪問ボランティアナースの会 キャンナスの81カ所目となるキャンナス熱海の代表もしてます。

すごく久しぶりのブログになります。

2月は 数年ぶりに皮膚炎が悪化してしまい、なかなかよくならず、熱海に移住してから初めて 大学病院に行ったりなど、自分の身体と心に向き合っていました。
病院は、普段 仕事で 出入りしているので、なんか不思議な気分でした。
自分が思っていた以上に やや悪化していたため、 念のため採血したり、少し強めの薬を頂きました。普段 薬を内服したりという習慣がないので、一回内服して すごく効いたような気分。身体の皮膚は まだまだ汚い感じですが、不思議と顔には出てないのが よかった。。

こんな感じで 過ごしておりました(^^;

先週、気になっていた本が届きましたが、まだ自分の皮膚炎が落ち着かず、ページを開くことも 面倒な状態でしたが、今日 目次を眺めてたら、読みたい、知りたい項目が たくさんありすぎて、読み始めました(^^)




先月 2/16に開催されたATAMI2030会議ファイナルの福祉の分科会で 厚生労働省から2年の任期で昨年夏に熱海市役所に着任された 健康福祉部の金子正氏と 夫である株式会社伊豆おはな 代表取締役の河瀬豊氏が 話をしたんですが、この本には 同じようなキーワードがたくさん書いてあり、あの福祉の分科会の内容は たくさんの方に聞いていただきたかったと 今、改めて思いました。





自分が ちょっと体調を崩してしまい、ATAMI2030会議の福祉の分科会の 振り返りをする余裕もなく、、二週間過ぎてしまいました。
ほんの数時間前も  今日 振り返りをしようなんて思ってもいませんでしたが、この本を開いたら、「今 書こう」と 思えました。

長文ですが、読んでいただけたら有難いです。

ATAMI2030会議の分科会ですが、全部で8つのテーマがあり、前半、後半で 4つずつに分けて各テーマ 1時間の時間をもらって開催しました。



金子理事の 国全体の医療、福祉のお話と 河瀬豊氏からは、現場からという立場から話をしてもらい、その後、グループワークしてもらって みんなで考えようというように段取りを組んでいました。


(向かって左が金子氏、右が河瀬氏)

金子理事のスライドより(一部)





河瀬氏のスライド(一部)








今回、『福祉』の分科会に参加される方は、少なかったです(*_*)

それでも 『福祉』を選択してくださった方は、「最近 親が要介護認定を受けた」とか「別荘地に住んでいるからこそ、近所付き合い、コミュニティを大事にして 最期まで 支えあえるように暮らしたい」という思いを聴かせてくれました。
そして、30代の女性は、「まだまだ先の事と思っていたけど、親の介護となると 自分の生活も変わるかもしれない、介護離職なんて無理、、と思うと ようやく自分事として捉えられた」と言ってくださり、あの一時間で 気付きがあったという人がいたというのは 嬉しかったです。

30代の方の感想を聴いた時に、現役世代が ハッと気付くのは『自分が介護離職』になるかも、、ということが 自分事として捉えられやすいのかなと思いました。

実際、当事者になってみないと 想像することは難しいですよね、、。

金子理事の話、たくさんの方に 聴いてもらいたいなと本当に思いました。

スライドも 細かく作ってくださり、
お話も すごく 分かりやすかったです。

分科会でやったこと、他の場所で 開催したい、、と私は思いました。

小さい規模から (町内会とかの地域単位とか小地域会議とか商工会議所とか) 金子理事と 夫や他の方の話をセットにして 、グループワークなどで皆さんに考えてもらう質問を投げかけ、意見交換など するというのもいいのかな、、と。

ATAMI2030会議で『福祉』をテーマにするなら 福祉×まちづくり、、とか福祉×観光、、とか 福祉×アートとか  「福祉と融合した◯◯」みたいな感じのほうがいいのではないかと、、個人的な感想➕ある方からのアドバイスです。

話が まだまだ まとまってはいませんが、今回、たくさんの参加者が 福祉に来てくれていたら 、私は「大成功~♪」と、満足して 先のことを考えなかったかもしれないので、 今回は、良い学びになりました。

今日 一気に 書き、少し 気持ちが整理できました。

まだ 体調万全とは言えませんが、少しずつ 心身ともに前に進んでいきます。

ATAMI2030会議 福祉の分科会に関わってくださった方々に感謝しています。

伊豆おはなは、いろんな方々との連携を強化し、①熱海や熱海周辺に住まれている方々の送迎を含むさまざまな外出のお手伝い、②熱海に別荘を持っているけど身体が思うようにならず、来れなくなった、でもまた別荘に行きたいと思われている方の送迎を含むさまざまなお手伝い、③ユニバーサルツーリズム(高齢や病気、障がい等の有無に関わらず誰もが気兼ねなく参加できる、誰もが楽しめる旅行を目指す、実現する)にもできる限りですが、力をいれていきます

通院、入院、退院、転院、一時帰宅等の送迎・付き添い、お出かけ、観光、冠婚葬祭時の送迎・付き添いなど、まずはお気軽にお電話、メールいただければ有難いです。。(ご連絡いただいた時に送迎中などの場合は 後程ご連絡致します)

電話  0557-88-6010  
(8:00~18:00。日曜日が定休日ですが、対応可能な日もありますのでお問い合わせください)
メール info@izuohana.com
(24時間可能  確認がすぐにはできませんことをご了承ください。お急ぎの時は お電話ください)

株式会社 伊豆おはな 
代表取締役 河瀬豊
専務取締役 河瀬愛美(看護師)


外出は、色々なミラクルが起きると、いつも感じています。私たちは通院目的の送迎が多いですが、その通院も、その方にとっては、外に出掛ける楽しみな時間なのです。いつも、家の中から見ていた空を思いっきり見て、気温を肌で感じ、季節の香りを楽しみ、人と話す、、、などなど。この小さなワクワクが笑顔を引き出し、その人本来の持っている力が湧き上がり、ミラクルが起きる!それは「話す」ことだったり、「食べる」ことだったり、「家族の中で自分の役割を取り戻す」ことであったり、様々です。だから、やってみたいこと、やりたかったこと、行きたいところに、私たちと一緒に行ってみませんか?

老舗旅館法悦 の ご主人と出会い、なにか連携ができることがあれば、、、と
熱海 介護・福祉タクシー 伊豆おはな と 熱海温泉 旅館 法悦 で、民間レベルによる新サービス共同開発をするための パートナーシップ 契約を締結いたしました。
↓↓




熱海 伊豆おはな 介護ナース 河瀬愛美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ