競馬予想して何が悪い

競馬予想して何が悪い

頭悪いなりに色々思ったことや重賞レース予想を書く。バカにはバカの視点があるのだ。

Amebaでブログを始めよう!

一口馬主歴は10年以上になって思うことは、やはり走る馬を持たなくてはまったく面白くないということだ。

 

一時期ケガばかりしていた馬を持った時期がある。その時に思ったのは面白くないのはまだマシだということ。最悪なのは、お金がでていくのと一度も走らないストレスが重なった時は本当に気がおかしくなりそうだった。

 

そこまでイレこんでしまうほど一口馬主は面白いのだけれど、いちおう金融商品であるため、その視点から見ていくとリスクの方が高いことが分かる。つまり、ほとんどプラス収支は期待できないということ。

 

しかし、この状況を少しでも改善すべく会社経営をしている友人に馬えらびぼエージェントを紹介してもらうことができた。そこは4keiba.comクラウドリークスの専属エージェントで5頭に1頭の確率でOPを引ける凄腕エージェントが揃っている。

 

その中で色々と出資アドバイスをもらったのが、短距離・ダートと路線別で回収する方が効率が良いということを教わって実践してからみるみると回収率が改善していったのだった。

 

今まで過度の損失をだしていたクラシック路線へ目指せる馬の出資を減らし、違う路線に出資したことで上手くリスクヘッジが効いたようだ。もちろん何に出資すべきかサラブレッドの見立ても競馬関係者を超えるほどの目利きで初の重賞馬を持つに至っている。

 

いまだ負の遺産が多いためプラス収支にはなっていないものの、このまま順調にいけば五分五分に近い水準まで回復していけそう。本当にエージェントさまさまで同じ趣味を持っているのなら利用しない手ははないだろう。

 

アメリカでは、こういった仲介役に見立ててもらうのが確実らしい。あのフサイチペガサスでケンタッキーダービーを勝った関口氏も凄腕のエージェントに紹介してもらったらしい。

 

ただ、個人馬主などの依頼が殺到しているらしく無料診断は終わってしまったようだ。今後また何か動きがあるかも知れないのでチェックしておくといいかも知れない。

 

こちらに競馬予想ブログ移転する予定

 

おもむろに札幌記念予想データ傾向を書いていく

■単勝1.9倍以下は勝てない
断然1番人気だがふしぎなことに0勝というありさま。2~3.9倍以下が5勝と少し落ちる方が勝ちやすい傾向があることは覚えておいて損はないだろう。2~3着内率のデータもバツグンなので軸にもってこい。

■大穴は狙うな
10~20倍の手頃な中穴がよく走っている。あまり大穴を狙いすぎると効率が悪くなるので注意したい。どうせなら中穴の組み合わせで好配当を狙いたいレース。

■若者が有利
競馬全般に言えることだが若い馬を中心にする方が良さそうだ。ただ、最近は競走寿命が延びている点から完全無視は危険だろう。

■重賞レース実績が必須
夏のG1レースと言われるぐらいメンバーが集まるレース。それだけに重賞レースの好走経験は必須と言える。上がり馬であっても重賞レースで見所ない場合は軽視する方がいいかも知れない。


1年の集大成として行われるグランプリレース。狙って参戦してきた馬と燃え尽きそうな馬との思惑が交錯し激アツの配当が飛び出すこともある。終わりよければ全てよし。自分の知恵と考察力を生かし頭脳をフル回転させる。人生大逆転の一発を狙うか、つつましく正月を楽しくするために小銭を稼ぐか。はたまた資金を溶かし勝負に負けた敗残兵のように低いテンションで新年を迎えるのか。人生はギャンブルであり常に正しい選択をできるとは限らないように馬券もまた選択次第で今後の展望が変わるだけの強い力を秘めている。データを見つめ買うべき馬を定めて人生の転換点となるようなクソ重い一撃をものにしたい。まあ、自分が1番得意なのは桜花賞 予想なんだけど。

大変、大変返信が遅くなって申し訳ありません(TДT)
今後、このようなことがないようにしますので。

ありがとうございます^^
このグリーンベイの3着で10000円つくとは思いませんでした。
でも、SPATでは100えん買ってから現地に行ったものの、現地では弱気になってしまい勝負したのは馬複でかなり安くなってしまいました^^;

アスターバジルは戸塚記念かダービーグランプリか、いずれにせよ、ようやっと本物が南関3歳に現れた感があります。時計はともかく、楽勝でしたしね♪


最終の的中、お見事です!
ものすごい激戦の中で、まるで東京ダービーのような内抜け出し、町田騎手の凄みをまた見てしまいました。

僕は、大外追い込みの1番@富田厩舎の金子騎手が、もうハナだけ伸びてくれれば、大変な馬券を取っていたのですが(TДT)

こういう事があると、また連続して競馬場に行ってしまうんですよね~

今、大井から帰ってきました。

的中おめでとうございます。私も何とか3単的中でした。最終は町田クンから流して3複いただきました。あのズブい馬があんな切れ味見せるとは。やはり町田直希恐るべしです。

さてアスターバジル強かったですね。直線で一気に突き抜けたレースぶりは今後相手が格段に上がっても通用するのではと思わせる強さ。今後の統一G路線が楽しみになってきました。
ダイエットを頑張ってしようなんて考えると必ず失敗する。

ある日突然ダイエットを始めるようとするのは、今まで自堕落な生活をしてきた自覚があるからこそ、そう考えるわけ。そして、初めのうちはヤル気にあふれているから無謀なプランを起ち上げ短期間でやせるダイエットを試みてしまう。そんなダイエットが続くわけもなく、少し壁にぶち当たると「自分には効果がない!」と言い訳をし楽な生活に戻っていくのだ。

長い時間をかけて作られた生活習慣を短期間で乗り越えようとする無謀さに気付けないと失敗を繰り返すことになる。ダイエットがきつく感じる理由は、計画もなく一気に食事制限をしてしまい何かを失ったような感覚に襲われるからだ。その制限が激しいほど苦しみも比例して大きくなる。そうなるとストレスを感じるため、食事でストレスを発散する人は前より太ってしまうという最悪の結果を迎えてしまう。

頑張ろうなんてと思わずに身の丈にあったダイエットをするべきだ。


岩見沢開催もいよいよ大詰め、あと一ヶ月あまりですか。今日の岩見沢は雲間の中にも太陽が降り注いでいるマズマズ天気なようで、涼しそうでばん馬日和!という感じです。

岩見沢では、下の写真のような、調教師さんはじめ関係者さんがジンギスカンの提供を行っていたりします。

一人前600円だったかな?これで3人前で、しかも全部ではありません!ナカナカのボリュームで残ったタレで締めで焼く焼きうどんがまた絶品!北海道のさわやかな空気の下、ばん馬を見ながらジンギスカンを食べるのは応えられないものがあります。
この鉄板、蹄鉄屋さんが手作りしたものらしいんです。このくらいは楽に作れるのだとか。「匠」という感じですね^^


そんな岩見沢開催、これからはオーラスの岩見沢記念に向け、今日のクインカップ、そして17日のばんえい大賞典と重賞レースが続きます。是非是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。


まず今日は重賞、クインカップです4歳牝馬による一戦、発走は16:30なので、コスモバルクの日経オープンを見てからでもじっくり検討ができますよ^^

是非是非、GYAOのBANBA王などのライブ中継で挑戦してみてはいかがでしょうか。
今日は、川村ひかるさんもゲストで登場するんですね。
BANBA王、なんだか、馬券の星取表なんかも張ってあって、なんか馬券を含めた競馬を楽しんでる感じが伝わってきます。