私は死刑制度廃止論者です。

 

根本的な理由として、「刑罰はなぜ必要か」の考え方が変わっているからです。

 

国にはもちろん刑罰がありますが、全ての集団には「懲戒」があります。

会社ならば、刑罰の死刑に相当する懲戒免職以下の懲戒があります。

高校以上の学校にも退学処分以下の懲戒があります。

 

では、なぜ集団には懲戒処分が必要なのでしょうか?

 

単純です。

懲戒処分無くして、集団の秩序維持はできません。

国家の刑罰も社会秩序維持のため必要なんです。

 

難しいのは、被害者本人、被害者関係者の復讐心の問題が絡むからです。

 

レェ・ティ・ニャット・リンさん強姦殺人事件を例として、考えていきましょう。

被害者の父親は死刑を求めて署名活動をしています。

レェ・アイン・ハオさんの主張です。

リンクを貼っておきました。

 

ポイントを見てみましょう。

今まで、日本の法律範囲で自分は何でもできない状態でとってもついらいです。

ここには復讐感情が表れています。

もちろん、それを批判することは絶対にできません。

人間として当たり前の感情だからです。

 

ただし、過去の事例を調べても、復讐心から脱却できないうちは、ハオさんは救われません。

長く苦しい道のりです。

はっきり言えることは、被告人が死刑になっても、それで心が救われるということは絶対に無いということだけです。

 

リンちゃんを殺害した残虐な犯人が懲役刑になるとすれば、刑務所を出所する日が来ます。残虐な犯人の近くに住む人々の子供たちが、リンちゃんと同じような目に合うかもしれません。

ここに社会秩序維持の考え方が表れています。

 

非常に残酷な書き方ですが、既に殺された方を救う方法はありません。

でもまだ生きている方を救う方法はあります。

この真犯人が社会に出れば、再度の被害者がでる可能性が圧倒的に高いのです。

それだけは何としても防がなくてはなりません。

 

残虐な犯人が二度と同じことをしないように食い止める方法

現在の日本では、その方法は死刑しかありません。

死刑制度廃止論者の私でも、「この事件の真犯人には、現行制度では死刑以外の選択は無い」の結論しかありません。

 

ここで考えて欲しいんです。

 

これまた罰当たりな内容ですが、死刑と終身刑ではどちらがコストが安いかです。

 

アメリカは良い意味でも悪い意味でも、プラグマティックな国なんで、死刑制度を廃止した州(蛇足ですが、県ではなく国に近い存在です)ではオープンな議論がされています。

日本よりも遥かに民主主義先進国です。

ニュージャージー州が死刑廃止を決めた報告書がWEB上にありました。

 

当委員会としては、死刑廃止による費用削減効果には見積もれない部分が相当あるけれども、費用削減効果は確実に存在する

WEB上で色々見たんですが、終身刑の方がコストが安いという情報は多々ありましたが、逆はありませんでした。

ただし、「死刑廃止による費用削減効果には見積もれない部分が相当ある」、これが難しさでしょうねえ(◞‸◟)

 

このサイトが素晴らしいのは、以下の部分です。

当委員会は、死刑の費用を評価するにあたって、こうした目に見えない感情面、心理学面のコストも考慮に入れるべきであると考えます。

 

理屈から言えば、「死刑廃止、終身刑導入」の方が圧倒的に合理的です。

ただし、人は理屈だけじゃ動かないからねえ(=`.´=)

もの凄く難しい問題ですρ(´-_-`●)

 

 

 

 

 

 

ニュースの概要です。

 

日本や中国、台湾など8カ国・地域がサンマの資源管理を話し合う北太平洋漁業委員会(NPFC)の年次会合が5日、閉幕した。

深刻な不漁に見舞われ乱獲による資源減少を懸念する日本は、前年に続いて漁獲枠の設定を提案したが、中国とバヌアツの2カ国が反対し、協議は決裂した。

 

バヌアツ Why?

 

中国の反対は当たり前です。

中国の乱獲で、今後サンマの漁獲は激減し、近い将来壊滅的な打撃を受けるでしょう。

サンマが高級魚になる日も近い???

 

昔、日本も世界中の海でさんざんやってきたことです。

あまり大きなことは言えないのですが…

 

資源量の少ない魚種で、日本の漁業で資源が枯渇した例はけっこうあります。

今はあまり聞きませんが…

単純に日本の漁業が衰退したからです。

 

日本に代わって世界中の海を荒らしまわっているのが中国です。

サンマも単なる一例です。

手遅れになる前に国際的な漁獲規制を加えるのは理にかなっています。

 

なんせ、公式統計でも日本の13倍の人口と言われています。

日本の人口はほぼ正確ですが…

実際には中国の人口はもっと多いと言われています。

中国の根こそぎ漁業はかつての日本の比じゃないでしょう・・・( ̄  ̄;)

 

再度、なぜバヌアツが反対???

 

太平洋諸島センターのHPに答えがあります。

 

最近、バヌアツでの中国の投資や援助がものすごいんです。

経済規模の小さい国ですから、中国からしたら子どもの小遣いレベルですが…

 

なにせ「バヌアツは、南シナ海における中国の立場を認めた最初の国の1つであり、太平洋諸国では唯一の国である。」、「中国がバヌアツに恒久的な軍事拠点を構築する意向を打診し、そのような施設が建設される可能性について、すでにオーストラリアと米国の両政府高官が警戒感を募らせている」の記事がでるくらいの状況ですから(∥ ̄■ ̄∥)

 

ミャンマーなんか中国の毒まんじゅうを食らって、中国の言いなりです。

アジアやアフリカにも同じような国はいっぱいあります。

南太平洋の小国が全てそうなるのも時間の問題でしょう。

 

元々がフランス領だった国が多いし、イギリス領だった国も多いですが…

両国とも貧乏だからねえ(ó﹏ò。)

 

アメリカと関係の深い国は大丈夫でしょうが…

お金持ちには勝てないからねえ╮(╯_╰)╭

 

私のガラケーに突然Cメールが来ました。

 

01046785684

コンテンツの利用料の未納が発生しています。

本日ご連絡亡き場合、法的措置に移行します。

連絡窓口03-6635-0504

 

01046785684」の「010」は、国際フレックスと言って、海外からのメールを示すそうです。

調べたら、「0104678」は、「0104678で始まる電話番号は、詐欺や昇進の疑いのある嫌がらせの電話番号としてマークされておらず、0104678で始まる電話番号には、1つの会社または会社の電話番号が付けられています。」だそうです。

ちなみに、この注意書きは中国語のサイトにありました。

 

私のガラケーの番号は家族しか知りませんし、家族以外の電話やメールもありません。

03-6635-0504」を調べると、超有名な詐欺メールの電話番号ですなあ・・・( ̄  ̄;)

 

サイトを見ていると、純粋に注意を促すサイトが大半なんですが…

連絡をしてしまった場合は、ご相談ください」、うーん、これって二重詐欺じゃあないの。

まったく油断も隙もありません。

 


 

 

 

 

日本はギャンブル依存症大国である。

これは間違いないですね。

いろんな統計から明らかです。

 

私もIR法案には反対なんですが…

IRがギャンブル依存症を加速するから反対だの意見については???

 

一応一番信頼できるとされるデータでは

日本人の依存症の疾病率は4,8%で536万人

アメリカ1、6%、韓国0、8%比べ、著しく高い

依存症のうち約8割がパチンコやパチスロ

 

 

IRができたときに、どの人が行くんでしょう?

 

私はギャンブルは好きでないし、やりません。

周囲の同じような嗜好の方にお聞きしても、全く同じ意見です。

 

興味無いし、行かないと思う。

ただしラスベガスには興味があります。

もちろんギャンブルではなく、無料ショーの観覧などです。

 

あのレベルの無料ショーをやれば、観光客はものすごいことになるでしょうねえ。

ただし、ラスベガスでもギャンブルの収入が3分の1を越えています。

つまりギャンブルの収入があるから、無料ショーができるわけです。

 

マカオなんかギャンブルの収入が7割くらいになっています。

つまり純粋な観光客じゃ経営が成り立たない訳です。

 

日本でIRをやって収支が引き合うんでしょうか???

 

個人的に知っているパチンコやパチスロの依存症の方にお聞きすると、全員同じことを言います。

どの道を通っても、車で5分くらい走るとパチンコ屋があるんで、寄っちゃうんだよねえ・・・( ̄  ̄;)

 

うーん、8割を占めるパチ中の人はお客にならないでしょうねえ。

お手軽なのが理由だからです。

 

公営ギャンブルをやっている人は、かなり遠くまで行く人もいるようです。

関東の人なら、横浜にできれば行く人はいるでしょう。

でも北海道は絶対に行かないな。

 

昔、全国に箱ものリゾートが雨後のタケノコのようにできましたが、今でも儲かっているのは、ディズニーリゾート、USJ他ごく僅かです。

投資コストはけた違いでしょうからねえ。

ディズニーリゾートやUSJは、強力なコンテンツが既にあります。

ようするに神社に祀る強力なご神体はあるわけです。

IR、確実に赤字の廃墟になると思うんですけど。

 

 

 

 

片山晋呉さんの騒動にタケ小山さんが持論を展開していました。

 

「本来ならばスポーツイベントはギャラリーやチケットを買ってまで観に行きたいスポーツでなければプロスポーツイベントは成り立たない」とスポンサーよりも会場に足を運ぶファンを大切にするべきと訴えた。

 

ま、その通りなんですが…

お客さんが観に行くのはなぜでしょう?

 

ゴルフは詳しくないので、野球で書きます。

高校野球の地方予選の1回戦レベルとプロ野球を比べると全然違います。

 

スタンド最上段に届くようなHR、球速160kmの剛速球…

見るだけで「凄いなあ」!

 

玄人好みの渋いプレーも、本当に野球に詳しい人には「凄い」でしょうが…

私みたいな人は、大谷の剛速球や筒香のHRに魅せられます。

 

片山選手は確かに強いプレーヤーのようです。

でも野球の大谷や筒香のようなプレーヤーはいませんよね。

 

400ヤードの豪快ショット打てるプレーヤーいませんよね。

全英や全米で優勝できるプレーヤーもいませんよね。

 

失礼ですけど、プレーだけでお客をたくさん集めるプレーヤーがいなければ、日本ツアー機構の言い分の方が正しいと思いますが…

 

お金を払ってくれる人がいなければ、プロスポーツは成り立たないですから。