今年初種まき、温床 | Natural farm ATABO

Natural farm ATABO

富士山の麓・静岡県富士宮で2011年3月より有機農業を始めました。『人を幸せにする農業』をめざして頑張っています!


テーマ:

木曜日が雨予報だったので、人参の種を播くことにしました。

トラクターでマルチを張り

9515の黒マルチ(幅95センチ穴の間隔15cmの5列穴)

玉ねぎ用のが残っていたのでこれを使って。

ちょっと曲がってしまいましたが・・・・
Natural farm ATABO




種は試しに買った『ドクターカロテン5』

中まで濃紅のカロテンの多い品種のようで春夏作にも対応していたので。

春夏作で気を付けたいのはトウ立ち。

春夏作は主にトウ立ちの遅い品種を選ぶといいです。

トウが立つと芯が固くなって食べれなくなります。


冬作は、春が来るまでトウが立たないから心配ありません。
Natural farm ATABO


ペレット種子といわれる、人工的に種を石灰などでコーティングして玉にしてあります。

人参は種が細かく播きづらくて、水が不足すると発芽が悪くなります。

そのために、コーティングして、播きやすく、給水性をよくしたものが開発されたようです。

別にペレット種子でなくともよかったのですが、この品種はこれしかないようなので、試してみました。

ただ、種が加工してある分高くなります。

700粒で定価525円

普通の一般新種、新黒田五寸などは2600粒で315円とかなので7倍ぐらい高い。

その分の効果はあるのか?
Natural farm ATABO




今日は香代子も助っ人。

種まきを手伝ってもらいました。
Natural farm ATABO



次男、トアちゃんは箱入り息子状態。
Natural farm ATABO



種を播いていきました。
Natural farm ATABO




最後に不織布のべた掛け。

保温と保湿を兼ねて。

人参の発芽温度は15℃~25℃

まだ寒いのでマルチと不織布で温めてやります。

ほんとはビニルトンネルするともっと温かいのですが、資材がないのでこれでやってみました。
Natural farm ATABO






その後はハウスに行って温床の仕込み。

落ち葉と米ぬかを混ぜた発酵熱を利用して寒い時期に苗を育てる方法。


枠の中に落ち葉に米ぬかまいて
Natural farm ATABO




踏んで混ぜて
Natural farm ATABO




水をかけて
Natural farm ATABO



また踏んで・・・

Natural farm ATABO



これを何回も繰り返して暑さが30センチぐらいになるまでやりました。

だいたい8回ぐらい繰り返したかな?

途中で少しあきます。。。。




こんぐらいで完成。

2・3日後には温度が上がってくるはず・・・・はずです。


実は本格的にやるのは初めて。うまくいくのかわかりません。
Natural farm ATABO




温度よ上がれぇ~発酵しろぉ~!!
Natural farm ATABO







obaちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス