いつもの開演前のごあいさつです。

お時間のある方はお読みください。

 


 

ブルースリー
(弟子と稽古をしている。)

通行人1
「あ、ブルースリーが弟子と稽古してる。」

通行人2
「これはあの名セリフが出るんじゃないか?」

通行人1
「名セリフ?」

通行人2
「ほら、弟子に向かって言い放つ
 『Don't think. Feel.』ってやつ。」

通行人1
「あぁ。『考えるな、感じろ』ね。
 カッコいいよね、アレ。」

ブルースリー
(弟子を吹っ飛ばす)

通行人2
「お、間も無く出るぞ。」

ブルースリー
「Don't feel...」

通行人1
「・・・。」

通行人2
「・・・。」

ブルースリー
「・・・。」

通行人1
「・・・何も言わない。
 どういうこと?」

通行人2
「多分、『Don't think. 』って言わないといけないところを
 『Don't feel.』って言っちゃったもんだから、次の言葉に困ってるんだ。」

通行人1
「なるほど。
 ブルースリー、すごい苦悩の顔をしてる!」

通行人2
「一番の見せ場だったのに・・・。」

通行人1
「これは痛恨のミス!」

通行人2
「早く次のセリフを言わないとハードルがどんどん上がって行きますよ。」

ブルースリー
(再び弟子と稽古を始める)

通行人1
「おっと、また戦い始めた。」

通行人2
「さっきのミスをなかったことにして、上書きしようとしてますね。
 弟子に『聞き違いかな』と思わせようとしてます。」

通行人1
「なるほど。」

ブルースリー
(弟子を吹っ飛ばす)

通行人1
「さぁ、決めゼリフです。」

ブルースリー
「Don't feel...」

通行人1
「あぁっ!
 また間違えた!」

通行人2
「さっきと同じミスですよ。
 これはいけません。」

ブルースリー
「Feel...」

通行人1
「間髪入れずにつなげた!」

通行人2
「ただ無理がありますね。
 『感じるな、感じろ。』
 これはただ理不尽なことを言っただけですから。」

ブルースリー
(再び弟子と稽古を始める)

通行人1
「おっと、また稽古に入りました。」

通行人2
「さっきの2つのミスを帳消しにしたいところです。
 次こそは決めて欲しいですね。」

ブルースリー
(弟子を吹っ飛ばす)

通行人1
「さぁ、今度こそ決まるか!」

ブルースリー
「Don't feel!」

通行人1
「また間違えた!
 またも同じ間違い!」

通行人2
「ある意味、彼が考えてない証拠ですね。」

ブルースリー
「Don't think!」

通行人1
「出ました!
 『考えるな、感じるな。』
 この軌道修正いかがですか?」

通行人2
「先ほどよりもマシな軌道修正だと思いますね。
 ただ、弟子にしてみれば、
 『じゃあどうすればいいんだ』と言いたいところではないでしょうか。」

ブルースリー
「Don't look me!!」

通行人1
「もう一言添えました。」

通行人2
「ただのだだっ子になりましたね。」

通行人1
「『感じるな!考えるな!俺のこと見るな!』と。」

通行人2
「そりゃ、弟子も見ますよね。
 『何を言ってるんだ、この男は』と。」

通行人1
「『めんどくさい師匠選んじゃった』と思ってるかもしれないですね。」

通行人2
「おっと、ブルースリー、
 弟子にしがみついて『もう一回!もう一回!』とせがんでいます。」

通行人1
「弟子も『もう最後だぞ』と了承しましたね。」

通行人2
「最後のチャンス、成功しますでしょうか。」

通行人1
「小声で何度も練習してますよ。」

ブルースリー
(再び弟子と稽古を始める)

通行人1
「さぁ、最後の試技です。」

通行人2
「これは成功してほしいですね。」

ブルースリー
(弟子を吹っ飛ばす)

通行人1
「さぁ、どうだ!」

ブルースリー
「Don't think!!」

通行人1
「言えた!」

通行人2
「あと一言ですよ!」

ブルースリー
「・・・。」

通行人1
「・・・。」

通行人2
「・・・。」

通行人1
「・・・次の言葉が出ません!」

通行人2
「ど忘れですね。」

通行人1
「ど忘れです!
 ブルースリー、次のセリフをど忘れしました!」

通行人2
「歳を重ねるとど忘れって増えますからね。」

ブルースリー
「・・・Don't think!!」

通行人1
「それ、さっき聞いたやつです!」

通行人2
「大事なことだから2回言ったのかもしれません。」

通行人1
「ブルースリー、すごく考えています。」

通行人2
「さっきから弟子が『師匠は?!師匠はいいの?!』とずっと言ってますよ。」

通行人1
「さぁ、長考に入りました。」

通行人2
「ブルースリー、隙だらけです。
 弟子にガシガシやられてますね。」

通行人1
「でも、ブルースリーはビクともしないですね。」

通行人2
「今、思い出す方に集中してますからね。
 痛みを感じてないんですね。」

通行人1
「『考えるな、感じろ』と言いたいのに、
 思いっきり考えて、全く感じてないんですね。」

 

 
 
 

 

【コント・セルフ・ライナーノーツ】

アイディア自体はずいぶん前から出ていたものの形にならず寝かせていました。

最近、歴史もの、シリーズものが続いていた気がするので、久々にちょっと方向の違うものが書けたかなぁと・・・。

 

今年もよろしくお願いします。

 

【上演メモ】

人数:4人

ブルースリー

通行人1

通行人2

ブルースリーの弟子(セリフなし)

 

所要時間:3分~4分
上演難易度:★★★☆☆
備考:会話のやり取り自体はむつかしくないものの、ちょっとしたアクションがあるので、ここをどう表現するかがポイントです。

セリフは少ないものの、ブルースリー役の人がセリフを間違えると成立しないコントなので、ご注意を。

 

【お題募集中】

お題コントのお題を募集しています。

採用の際には、ささやかながら、当ブログから採用者様のブログへのリンクを張らせていただきます。

・内容によっては、ご期待に沿えないこともございます。

・お題をいただいてから、公開までに数か月かかることがあります。

・公開までにアメブロを退会された場合、公開を見送る場合があります。

 

↓こちらでも面白いブログがきっと見つかる!はず。
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ
にほんブログ村


お笑い&ジョーク ブログランキングへ