いつもの開演前のごあいさつです。

お時間のある方はお読みください。

 


#3のコントですが、独立しているので、

#1、#2を読んでいなくても楽しめます。

 

過去のクリスマスコントです。

2018年:【コント】今日はクリスマス#2

2017年:【お題コント】宅配サービス

2016年:【コント】ワタシの大切な人

2015年:【コント再演】今日はクリスマス

2014年:【コント】正しいサンタの捕まえ方

2013年:【コント】今日はクリスマス


 


「(サンタの格好で帰ってくる)ただいまー。」


「おかえり。
 お、サンタ!」


「サンタ!」


「気合入ってる?」


「職場でこの格好をする機会があって、
 せっかくだからこのまま帰ってきた。」


「いいわね。」


「蓮は?」


「もう寝てる。」


「よし。
 (プレゼントを取り出す)行ってくる!」


「行ってらっしゃい、サンタさん!」


「おうっ!(そっと息子の部屋に入っていく)」


「蓮、喜んでくれるかしら・・・。」


(首を傾げながら出てくる)


「・・・どうしたの?」


「・・・もう置いた?」


「何を?」


「プレゼント。」


「置いてないけど・・・。」


(机の上に箱を置く)


「・・・これは?」


「蓮の枕元に置いてあった。」


「え、誰が?」


「誰か蓮の部屋に入った?」


「んー・・・。あ。」


「何か思い当たる?」


「さっき、私がトイレから出てきたら、
 リビングにお隣の五十嵐さんらしき人がいた。」


「いや、もう絶対怪しいじゃん!」


「サンタの格好してて、私が『どうされました?』って聞いたら、
 目を伏せて部屋を出て行ったんだけど・・・。」


「いやいやいや、もう五十嵐さん確定じゃん!」


「箱の中は?」


「(箱を開ける)すずりだ。」


「すずり?」


「書道に使うやつ。」


「・・・えー、いらないんだけど。
 それだけ?」


「まだある。
 ・・・単二電池。」


「いらない。」


「使用済みビンゴカード。」


「いらない。」


「ビリーズブートキャンプのDVD。」


「いらない。」


「えー、クリスマスの皮を被った嫌がらせ?」


「どうする、これ?」


「五十嵐さんのところに返してくる。」


「受け取ってくれるかしら。」


「五十嵐さん、子供いたっけ?」


「いる。
 蓮くらいの子が。」


「よし。
 五十嵐さんのお子さんの枕元に置いてくる。」


「大丈夫?」


「サンタの格好してるから、
 見つかってもある程度ごまかせる。」


「了解。気をつけて。」


「あぁ(五十嵐家に向かう)。」


「あ、トイレの窓開けっ放しだったかも・・・。(トイレに向かう)」


(誰もいなくなるリビング)


サンタの格好の男
(プレゼントの箱を抱えてそっと部屋に入ってくる。
 周りを見回し、無言で息子の部屋に入って行く)


「(戻ってくる)外、寒っ!!
 今日、雪が降るかもしれないわね。」

サンタの格好の男
(ゆっくり息子の部屋から出てくる)


「五十嵐さん?!」

サンタの格好の男(五十嵐)
「っ!!(走って部屋を出る)」


「ちょっと!!蓮の部屋で何したの?!
 蓮大丈夫かしら(息子の部屋に入って行く)。」


「(戻ってくる)ただいまー。
 五十嵐さんのお子さんの枕元に戻しておいた。」


「(蓮の部屋から出てくる)やられたわ。」


「やられた?」


(机の上に箱を置く)


「これは?」


「五十嵐さん。
 ちょっと目を離してる隙に、サンタの格好をした五十嵐さんが蓮の枕元にそれを・・・。」


「またか・・・。(中を見る)」


「何が入ってる?」


「マギー審司が持ってる大きい耳。」


「いらない。」


「辰年の年賀状素材集。」


「いらない。」


「ビリーズブートキャンプのDVD。」


「それは絶対に手放したいのね。」


「(箱を持って)もう一度返してくる!
 ディフェンスは任せた!」


「気をつけてね!」


(五十嵐家に向かう)


「また、来るかしら、五十嵐さん。
 隠れて様子を見ましょう。(陰に隠れる)」

五十嵐
(箱を持って、そっと部屋に入ってくる)


「(物陰から飛び出し)五十嵐さん!!」

五十嵐
「っ!!」


「えいっ!!(五十嵐を捕まえようとする)」

五十嵐
「(軽快なステップでかわす)ヘーイ!」


「(再度、捕まえようとする)えいっ!」

五十嵐
「(時折牽制しながら、蓮の部屋を狙う)ヘーイ!ヘイヘーイ!!」


「なんて軽快な動き!」

サンタの格好をした別の男
「(軽快なステップで部屋に飛び込んでくる)ヘイヘーイ!」


「うわっ!新手?!」

五十嵐
(隙を見て蓮の部屋に飛び込む)


「うわっ!やられた!!」

サンタの格好をした別の男
(隙を見て蓮の部屋に飛び込む)


「こっちもやられた!(蓮の部屋に入る)」

2人のサンタ
(全速力で蓮の部屋から外に飛び出して行く)


「(サンタたちを追いかけて外に出る)こらっ!!待ちなさい!!」


(リビング、空になる)



「(戻ってくる)ただいまー。
 向こうも鉄壁のディフェンスだったけど、なんとか枕元にトライを決めたよ。
 あれ?おーい!
 ・・・どこ行った?」


「(戻ってくる)やられたわ・・・。」


「やられた?」


「サンタ2人にやられた。
 五十嵐さんともう一人。
 多分、お向かいの堀さんね。」


「さっき五十嵐さんの家に向かう途中、
 町中のご近所さんがサンタの格好で『ヘイヘーイ』っていいながら走り回ってたから
 なんだろうって思ったけど・・・。」


「町中の人がいらないものを渡し合ってるのね。
 なに、この街!」

五十嵐
「(箱を持って部屋に飛び込んでくる)ヘイヘーイ!」


「来た!!」


「(箱を持って部屋に飛び込んでくる)ヘイヘーイ!」


「堀さんも来たわ!」


「俺が箱を奪う!
 お前は蓮の部屋を守れ!」


「わかった!」

五十嵐
「(軽快なステップで走り回る)ヘーイ!ヘイヘーイ!」


「(軽快なステップで走り回る)ヘーイ!ヘイヘーイ!」


「くそっ!なんて素早い動きだ!」


「ゴールの守りは固めたわ!
 相手の動きに集中して!!」



(2時間後)


たくさんのサンタたち
「(軽快なステップで走り回る)ヘイヘーイ!」


「(蓮の部屋を守りながら)くそぉ・・・。
 守っても守っても出てきやがる!」


「また1人、蓮の部屋にサンタの侵入を許したわ!」


「これ以上、サンタにプレゼントをもらってたまるか!!」

ホイッスル
「ピッ!ピッ!ピーーーーーーッ!!」


「あー、ホイッスル鳴った。」

たくさんのサンタたち
「ヘイヘーイ!!ヘイヘーイ!!(それぞれ帰って行く)」


「イヴが終わった・・・。」


「日付はもうクリスマスね。」


「結果は?」


「17トライ決めたけど、
 他のご近所さんからもたくさんトライを決められてるから、
 今蓮の枕元には大量のプレゼント箱があるわ。」


「(蓮の部屋を覗き)どのプレゼント箱もボロボロだ・・・。」


「あれだけ動き回ったからね。」


「(蓮の部屋を覗きながら)・・・ん?」


「・・・どうしたの?」


「1つだけキレイな箱がある。(蓮の部屋に入る)」


「あの激戦の中、よく無事だったわね。」


「(蓮の部屋からキレイにラッピングされたプレゼントを持ち出し)これ、お前?」


「いえ。あなたでもないの?」


「違う。」


「誰だろう・・・。」


(空から鈴の音。空を飛ぶソリと老人の影。)

 

 

 

【コント・セルフ・ライナーノーツ】

要らないプレゼントを渡し合う街という設定がまずできあがり、徐々に全貌を見せていくという構成で作っていきました。

かなり、読む人の想像力に訴えるコントです。

 

【上演メモ】

人数:4人以上

五十嵐

 

所要時間:5分~6分
上演難易度:★★☆☆☆
備考:サンタとの争いの部分は動きで魅せる部分なので、読み物コントよりも実際に演じる向けのコントかもしれません。

動きで魅せる部分で時間の調整ができるので、長くも短くもできると思います。

『プレゼントに入っているいらないもの』のくだりはいくらでもアレンジ可能です。

 

【過去コントを5本チョイスしました。こちらもどうぞ。】

【コント】ランプの魔人#2
【コント】断捨離
【コント】あちらのお客さまからです
【お題コント】スイートスマイル
【コント】喫茶店

 

 

 

【お題募集中】

お題コントのお題を募集しています。

採用の際には、ささやかながら、当ブログから採用者様のブログへのリンクを張らせていただきます。

・内容によっては、ご期待に沿えないこともございます。

・お題をいただいてから、公開までに数か月かかることがあります。

・公開までにアメブロを退会された場合、公開を見送る場合があります。

 

↓こちらでも面白いブログがきっと見つかる!はず。
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ
にほんブログ村


お笑い&ジョーク ブログランキングへ