いつもの開演前のごあいさつです。

お時間のある方はお読みください。

 


#2のコントですが、独立しているので、

#1を読んでいなくても楽しめます。

 

ちなみに、#1はこちら


 

【ケルベロス】
ギリシャ神話に登場する3つの頭を持つ犬の怪物。


真ん中の頭
(眠っている)

左の頭
「おい!おい!大変だ!」

真ん中の頭
「んー・・・。
 もうちょっと寝かせて・・・。」

左の頭
「寝てる場合じゃないって!
 アイツが出てっちゃったんだよ!」

真ん中の頭
「・・・んー・・・。
 ・・・アイツ?」

左の頭
「右の頭!」

真ん中の頭
「・・・。」

左の頭
「・・・。」

真ん中の頭
「・・・(飛び起きる)はぁ?!
 どういうこと?!」

左の頭
「そっち見てみろよ。」

真ん中の頭
「ホントだ!右の頭がない!
 ケルベロスなのに、2つしか首がない!!
 どうしたの、これ?!」

左の頭
「朝、起きたらこの置き手紙が・・・。」

真ん中の頭
「(手紙を見る)左の頭さん、真ん中の頭さん、ボクはここを出て行きます。
 好きなメスができたので、彼女と駆け落ちします。
 探さないでください。」

左の頭
「・・・。」

真ん中の頭
「・・・いや、探すよ、必死で!!
 1つ首がなくなってるんだから!!」

左の頭
「あいつ、彼女できたのかよ!!」

真ん中の頭
「怒るべきはそこじゃねぇよ!」

左の頭
「あいつに・・・彼女が・・・。」

真ん中の頭
「とにかく急いで探さないと。
 会う人会う人に言われるから。
 『今日、右の方どうされたんですか?』って。」

左の頭
「説明がめんどくさいな。」

真ん中の頭
「そもそも、アイツ今どういう状態なんだよ。
 俺たち、自由に着脱可能なのかよ。」

左の頭
「あ、もしかしたら、この辺りで一人で飲んでるのかも。
 ほら、今日は一人になりたいってとき、あるじゃん。」

真ん中の頭
「一人で飲みたいときはあるけど、
 それができないのがケルベロスなんだよ。」

左の頭
「とりあえず、俺、探しに行ってくる。」

真ん中の頭
「お前もいくなら俺もいくよ。」

左の頭
「いや、一人で大丈夫だ。」

真ん中の頭
「違う違う。協力するよって意味じゃない。
 行かざるを得ないんだって。」

左の頭
「じゃあ行ってくる。」

真ん中の頭
「うん。
 だから、お前が行くなら、俺も行かないと・・・。」

左の頭
「左の頭、行きまーす!」

真ん中の頭
「うん。話を進めないで。」

左の頭
「ドーーーン!(勢いよく首だけ飛んでいく)」

真ん中の頭
「飛んでったーーっ!!
 やっぱり着脱可能なの?
 今のケルベロスってパーツごとに分かれるの?!」

バイブ音
「ウィーンウィーンウィーン。」

真ん中の頭
「もしもし?」

左の頭
「あ、今、出発したとこ。」

真ん中の頭
「うん。見てた。
 出発するとこ見てた。
 『ドーーーン!』って言ってたね。
 ・・・ところで今、どうやってスマホかけてるの?」

左の頭
「こういうときのためにSiriと顔認証とハンズフリー通話がある。」

真ん中の頭
「こういうときのためではないと思うよ。」

左の頭
「ちなみにそっちは大丈夫?
 地獄の番犬の役割果たせてる?」

真ん中の頭
「地獄の番犬っていうか、首2つなくなっちゃってるから、もはやただの犬なんだけど。
 威圧感もへったくれもないんだけど。」

左の頭
「あるでしょ、威圧感。
 ケルベロスなんだから。」

真ん中の頭
「いや、ケルベロスって顔が3つあるから威圧感があるわけで、
 今3つ中2つ外出中だからね。
 今だったら、首の周り撫でられたら一発で気持ちよくなっちゃうよ。」

左の頭
「その時は、撫でてる相手のみぞおちの辺りに首を『ドーン』ってやれば・・・。」

真ん中の頭
「俺、できないんだよ!
 『ドーン』て!!」

左の頭
「あ!」

真ん中の頭
「どうした?」

左の頭
「右の頭の首輪についた発信器の情報が入った!」

真ん中の頭
「アイツ、首だけの状態なのに、首輪はしてるんだ。」

左の頭
「ヤツは今、空港にいるみたい。」

真ん中の頭
「空港?」

左の頭
「海外に高飛びする気だ、アイツ!」

真ん中の頭
「いや、出国検査で引っかかるでしょ。」

左の頭
「回避する方法はいろいろある。
 例えば、楽器箱の中に隠れて出国するとか。」

真ん中の頭
「アイツ、どこいく気?
 レバノン?」

左の頭
「もうダメだ。間に合わない。
 一旦、そっちに戻る。」

真ん中の頭
「了解。」


(左の頭が帰ってきた)


左の頭
「はぁ・・・。疲れた。」

真ん中の頭
「お疲れ様。
 ・・・これからどうする?」

左の頭
「どうしよう。
 ・・・アイツはもう見限った方がいいのかな。」

真ん中の頭
「見限る?」

左の頭
「アイツは見限って、新しい顔をオーディションで探そう。」

真ん中の頭
「新しい顔のオーディションって何?
 奇妙な画しか想像できないんだけど。」

左の頭
「よし!アイツはクビで!」

真ん中の頭
「確かにアイツは今、首だな。
 首が飛んだな。」

 

 

 

 

【コント・セルフ・ライナーノーツ】

「探さないでください」という手紙を残していなくなる、というのをケルベロスと組み合わせてみました。

「いや、探すよ」というツッコミから広げていった感じです。

 

 

【上演メモ】

人数:2人

左の頭

真ん中の頭

 

所要時間:4分~5分
上演難易度:★★★★★
備考:前作同様に実演は難しいです。

ぬいぐるみを置いて演じる手はありますが、首が1つ飛んでいくシーンがあるのでやはり難しいかと。

やるとしたら、アニメーションか朗読劇かなと思います。

 

【過去コントを5本チョイスしました。こちらもどうぞ。】

【コント】整形手術#2
【お題コント】誕生日
【コント】ウィリアム・テル ~エピソード0~
【コント】大名行列
【コント】崖

 

 

 

【お題募集中】

お題コントのお題を募集しています。

採用の際には、ささやかながら、当ブログから採用者様のブログへのリンクを張らせていただきます。

・内容によっては、ご期待に沿えないこともございます。

・お題をいただいてから、公開までに数か月かかることがあります。

・公開までにアメブロを退会された場合、公開を見送る場合があります。

 

↓こちらでも面白いブログがきっと見つかる!はず。
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ
にほんブログ村


お笑い&ジョーク ブログランキングへ