今朝の4時頃、ラジオから緊急地震速報が流れ、一瞬身構えましたが北海道東根室地方と聞いて緊張感は少し和らぎました。

 

中標津で震度5弱、津波の心配なしと言うことで一安心、各地の震度を聞いてるうちに又一寝入りしました。

 

9日、月曜の午前1時半頃には島根県西部の大田市で震度5強の地震がありましたがこちらは速報も聞こえず朝になってから知りました。

 

家屋や道路など被害はあったと思いますが、怪我をされた方はいても

いずれも亡くなられた方はいないのが不幸中の幸いと思いますが。

 

 

大分県の耶馬溪では11日、未明に突然の山崩れで住宅3戸が埋まりお2人の方が亡くなられ未だに4名の方が行方不明となってます。

 

深夜の寝静まってる時間帯のことでなすすべもなかったと思います。

 

土砂で家が壊れてる映像は見ますが屋根まですっぽり埋まってるのは見たことありません。どれほど大量の土砂だったのでしょうか?

 

4名の方が一刻も早く救出されるようにお祈りするしかありません。

 

 

今日は260人以上の犠牲者が出たあの熊本地震から2年目ですが

被害の大きさから復興もまだまだ道半ばだと思います。

 

この2年間でもいろんな災害が全国各地で起こってます。

日本は災害列島だと改めて思い知らされます。

 

危険と隣り合わせで生きてることを自覚しながらなるべく災害に遭わないように小さな幸せを大切に生きていくことだと思います。

 

何があるかわからないからこそ結婚も絶対にした方がいいです。

 

 

 

相談無料☎0120-511-276