未曾有の東日本大震災発生から7年になります。

追悼式の様子を聞きながら2時46分に合わせて黙祷しました。

 

岩手、宮城、福島県の遺族代表の追悼の言葉を聞きました。

大切なご家族を亡くされてる方の言葉は胸に迫るものがありました。

 

 

私は幸いにも家族や親戚で犠牲になった者はなく、事務所は物が散乱するなど大変でしたが自宅も被害を免れました。

 

電気と水道は2~3日で復旧しましたがガスは1ヶ月以上止まったままで不便だったことを思い出します。

 

食料品やガソリン、ライフラインなどあって当たり前の事がなくなってみて始めて気付かされます。

 

電気やエネルギーだけでなく物を大切にしなければと・・・・。

 

 

地震がなければ、地震はしょうがないけど津波がなければ、地震と津波は自然の事で仕方ないけど福島の原発がなければ良かったのにと思ってしまいます。

 

今後は南海トラフや首都直下型地震などいつ起きてもおかしくはないと言われてます。

 

ハード面の対策はすぐには難しいかもしれませんが、地震が起きたらすぐに避難するなど3,11は教訓になるのでないでしょうか?

 

 

のど元過ぎて熱さを忘れてしまいがちですが、7年経って物だけでなく家族や親戚、友人などの大切さ有り難さを改めて思います。

 

何かの時に頼れる安心できるのはやっぱり家族です。

結婚相手を探すのも大事なことだと思います。

 

 

 

お問合せ・資料請求は今すぐどうぞ。

相談無料☎0120-511-276