子育てと教育の最終目的は自立させること! | 古民家の雑貨屋 アート工房 風 ふうさんの手しごと日和

古民家の雑貨屋 アート工房 風 ふうさんの手しごと日和

古民家の雑貨屋さん『アート工房 風』です。
岡山県の和気町で雑貨屋&クラフト工房をしています。
古民家をリノべして、沢山の雑貨を展示販売できるSHOPにしました。
隠れ家的な工房の日々の暮らし、ちょこっとのぞいて見てくださいな。

おそらく・・・名のある『霊能者』の方も

さんざん言って来たことだとは思うが・・・

 

人生の目的は『自立すること!』

 

霊能関係者だけでなく、教育者も

おっしゃってることは同じで子育て目的は

『自立』なんですよ・・・。

 

 

そこを見誤るから、昨今の親子関係は

おかしくなるんだろうな。

 

いや、おかしくなったのは、戦争から以降・・・。

 

戦後世代、団塊世代あたりから、

子育てが『自立』ではなく、『投資』

なってきたのではないだろうか?

 

日本総人口『毒母世代』なんて、ショッキング

な記事をUPされていた人も居たが、あながち

間違いではない気がする。

 

核家族化、高度経済成長、一人きりで育児と

家事をこなすにはあまりにも未熟な新妻たち。

 

結婚さえすれば、幸せが待っている

思っていた『白馬の王子様症候群』

戦後世代たちは、『夢破れて山河あり…』

の心境だったことだろう。

 

高度成長で忙しかったお父さんたちは

企業戦士と呼ばれ、栄養ドリンクのCMのごとく

24時間戦ってきた。

 

育児、家事は妻の領域と、休日は接待ゴルフが

居間でゴロゴロ。

 

そんな夫に愛想をつかした母たちは、

息子や娘を囲い込んだ。

 

将来、自分を幸せにしてもらうために・・・。

 

夫によって幸せになれると思っていた夢を

打ち砕かれた妻たちは、子供へせっせと投資

を始めたのだ・・・。

 

『自立』なんてされたら、元手が回収できない。

 

こうして、囲い込まれた息子たちは

マザコンと呼ばれるようになった。

 

ドラマの中の役名をとって『冬彦さん』

とよばれる、母から独立できない息子たち

バブル時代娘たちは冷ややかだった。

 

「男はあてにならないから、手に職をつけなさい!」

娘の尻を叩いて、キャリアを目指させた娘を

持つ母親たち。

 

そこには、自分の人生が失敗だった!という

リベンジが含まれている。

(ステージママと同じ心理だな・・・)

 

こうしてバブル世代は作られたのだ。

 

そんな中高年が、自分をアダルトチルドレン

だったと言って、人生に迷走中である。

 

当然、子供にべっったり依存しているから

子供の『自立』とは程遠いところに居る。

 

就活説明会にまで同行し、子供よりも先に

質問を始める母親たち。

 

企業担当者は、これだけで、面接前から

落とすそうだ・・・。

 

歴代の母親たちの『リベンジ』を背負わされたあげく、

急速に変化した、人間関係に悩む現代の若者たち。

 

SNSの普及は、彼らの『自立』をさらに妨げる。

 

様々な『依存症』を抱えて、生きづらい子供たち。

 

人が『自立』を果たすためには、

『孤独な時間』が必要だという。

 

一人になって考えることで、初めて『内なる自分』

と向き合えるのだそうだ。

 

内なる自分・・・もう一人の自分との

矛盾を修復し、自己の軸を作るには、

そうした『孤独な時間』が必要になると・・・。

 

けれども今の子供たちを見たら、そんな時間

いったいいつ取れるんだい?

 

24時間、SNSはつながりっぽなし、

既読が付く付かないに一喜一憂し、

友人の単なるつぶやきにさえ、いちいち

コメントを返すことを暗に求められる・・・。

 

親は『お友達』のごとく、子供を囲い込み、

ショッピングに、外出にといちいちついてくる・・・。

 

『これじゃあ・・・息苦しいわ!』

 

案外と、そうした友達から外されて

静かに図書館にでも通っている

目立たない子の方が、しっかりと自立の道

を歩んでいたりして・・・。

 

親世代が、キラキラ起業女子だの、

スピリチュアルで企業だの、インフルエンサー

になりたいだの、トップブロガーだのを目指すだの・・・

 

ふわふわ浮かれてんだから、子供の『自立』

など考える余地もないだろう・・・。

 

そして思うように子供が『有名企業』

にでも入らなければ、この世の終わりの

ごとく嘆いて、引きこもりになる。

 

子供の引きこもりをきっかけに、引きこもり

になってしまう主婦も多いのだとか・・・。

 

絶賛、迷走中だ・・・。

 

こうした人たちの波形は安定性が

無いのでよくわかる。

 

何が必要なんでもない・・・

 

『孤独になって、

自分を見つめなおす時間が

必要なんですよ!』

 

キラキラ情報でも、スピリチュアルセミナーでも

SNSビジネスでもない!『孤独な時間!』

 

グラグラゆすぶられる人、

人生がうまくいかないと嘆く人、

感謝出来ずにいつも愚痴っぽい人、

何かに寄っかからないと不安な人・・・

 

ともかく、揺れに揺れている自分

見つめなおそうと思うのならば、『孤独』な

時間を作った方がいい。

 

もう一人の、内なる自分は、

今の自分をどう見るか?

 

子供の自立の前に、親が『自立』

していないんだよね・・・。

 

負の連鎖は、どこかで断ち切らないと・・・。

 

この世の目的は『自立』です!

 

そのために、人間はわざわざ

個々の肉体を持って生まれてくるんです。

 

個々のパフォーマンスが上がらなければ、

この世での学びに意味がなくなってしまうから・・・。

 

群れるのは死んだ後でもいくらでもできる!

(というか、同じ波長、同じ波形の群れに

吸収合併されちゃうんだから・・・)

 

せっかく個別の入れ物を与えられてるというのに、

『己』を楽しまないでどうする?

 

孤独を味うあうことで、『己』は磨かれる。

 

いかに、今のスピ系ビジネスが

その霊性の真から、遠いところに居るか

気づく人は気づいたはず!

 

群れを作りたがり、孤独をおそれ、

楽して金儲けしたくて、嫌なことは人に丸投げ、

横着者のペテン師たちの群れに入っていて、

なにか学ぶことはありますか?

 

この世に『魔法の杖はない!』

いい加減、幻想を追い求めるのをやめて

目の前の現実と向き合い、それを現実的に

解決することを学ぶべきだな・・・。

 

個人で活動されている、著名な霊能者

の著書をもう一度読み返してみることを

お勧めする。

 

生きていくうえで、

当たり前のことしか

書かれていないはず!

 

それを『厳しい!』と感じるのならば、

それはアナタが『自立』に向かっていない証拠!

 

この世で学ぶべき根本が見えていない!

 

拝金主義なスピ系が、日本の霊性への学び

の機会をことごとく奪ってしまった。

 

その背景には、人の『邪心』が大きく

影響している。

 

いくら低級霊を狩っても、次々と生まれる

『邪霊』たち・・・。

 

このまま2020を迎えるのならば、

あの時見た夢は現実になるのか・・・。

 

日本人のもともと持っている

神秘のDNAを信じたい。

 

生まれた意味を取り戻してくれる人も

幾人かはいるはず!