シルバーフィルドで作るブレスレット | 【atelier shop ema*ema 公式ブログ】パールデザインのアトリエから

【atelier shop ema*ema 公式ブログ】パールデザインのアトリエから

k18 ・ K14GF ・ SV999 ・ 淡水パール ・ルビー ・ ダイヤモンドなど

日常で使える 大人カワイイ 上質アクセサリーをお手ごろ価格で販売

プロから学べる アクセサリー教室 大阪

キッズレッスン ・ アトリエレッスン のレッスン風景もご紹介します


テーマ:

 

 

 

 

シルバーフィルド素材について

 

 

 

大阪アベノの小さな隠れ家 atelier shop ema*ema のブログへようこそ。

ブログを休んでいた間に山積みとなっているレッスン風景エピソードの紹介を毎日更新できたとしても、もうどうしたって今年中には追いつかないので、これまでにまだご紹介していない回のレッスンを中心にUPしていこうと思います。

 

そして白羽の矢が立ったレッスンが、『シルバーフィルドブレス』です。

お話は今からかれこれ14年前に遡ります。

長文になりますので、気が向かれたとき、お時間のある時にの~んびりとご覧になってくださいませ。

 

元々ema*emaはシルバーアクセサリー専門のショップとして2004年にオープンしました。ところが、2年ほど経ったある日のこと。毎日シルバーを触っているうちに突然シルバーアレルギーを発症してしまったのです。純銀やSV925など色々な種類のシルバー素材を試してみましたが駄目でした。シルバーを触る両手はグローブのように腫れ上がり、物を掴むことさえ出来ないほど。これはもう仕事を続けることができないかもしれないと半分諦めかけていたところ、馴染みの問屋さんから当時新素材として出回り始めた“k14gf”ワイヤーを紹介してもらったのでした。100%では無いものの、金属アレルギーが出にくい素材ということでしたので、どのみちシルバーはもう触れないのだからと、試しに自分の体でk14gfを使って実験してみることにしました。四季を通じて1年間実験してみたところ、風邪ひきや花粉症など体調が悪い時にはほんの少し肌が赤くなりましたが、それ以外の体調が普段通りの時にはシルバーアレルギーの時のような金属アレルギー反応も出ず、仕事に使用する素材として概ねOKだと判断できました。それからema*emaでは、シルバーワイヤーの使用を取りやめ、k14gfワイヤーを使用することに決めたのです。

 

 

 

 

 

 

 

シルバーフィルドとの出会い

 

 

 

 

ちょっと待って、シルバーブレスを作るエピソードの紹介じゃないの?と思われると思います。そうなんです、そんなシルバーアレルギーな私がk14gfワイヤーに出会ってからかれこれ12年の月日が経ち、またある日、k14gfワイヤーを紹介してくれた馴染みの問屋さんから今度は“シルバーフィルド”ワイヤーを紹介されたのでした。“シルバー”と聞いたとき、シルバーアレルギー持ちなので扱えないことを伝えると、k14gfのように金属アレルギーが出にくいらしいと説明を受けたのでした。本当に?半信半疑でしたが、k14gfワイヤーを試してみたときと同じように、また自分の体で実験してみることにしました。

 

 

 

 

 

シルバーフィルドの性質

 

 

 

 

まず一つ目の驚きは、以前はシルバーワイヤーを触っただけで指が腫れてきたのですが、シルバーフィルドワイヤーを使って作業している手がなんともないこと。

この時点で少し感動しました。「いける。使えるかもしれない。」と淡い期待を胸に抱きつつ、上の写真のように、ピアス、ブレス、ネックレス、と制作していきました。幾つかの作品が仕上がっても以前のシルバーアレルギーの症状が出ませんでした。とは言え、かれこれ10年以上シルバーを遠ざけていたのでその間にシルバーアレルギーの症状が薄れているだけかも知れません。そう考えつつ経過を慎重に観察していくことにしました。

 

 

経過を観察していくと、二つ目の驚きがありました。

以前使用していた純銀やSV925素材で作った作品はどれもしっかりと密封していないと空気中の窒素と反応して硫化の黒ずみが顕著に表れていたのですが、シルバーフィルド製の作品は3か月間も密封していない状態にもかかわらず明らかに硫化反応が遅いということでした。よくよく観察して肉眼で確認できるのは本当にわずかな薄い黄味程度の硫化反応だったのです。その点ではシルバー素材の物よりもお手入れが楽だと言えます。

 

 

シルバーフィルド製のアクセサリーを自ら着用してみて感じたことは、k14gf製の時と同じく、私の場合体調の優れないときにほんの少し肌が赤くなりました。私は特に首回りのアレルギー反応が出やすいので、ネックレスの場合だと長時間は避けておこうかなと思いました。ピアス、ブレスレットに関しては1日中着けていても違和感無く過ごすことができたことで、シルバーフィルドワイヤーの取り扱いを決定し、こうして、元はシルバーアクセサリー専門店だったema*emaに、10年振りにシルバー素材のシルバーフィルドアクセサリーが復活するに至ったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

シルバーフィルドブレスのレッスン登場

 

 

 

 

 

さて、以上のようなお話をレッスンでは受講生の皆さんにシルバーフィルドの説明としてご紹介しています。金属アレルギーは個人差がありますので100%ということがありません。体調やお肌のコンディションが思わしくないときは普段使っているお化粧品でもダメな時がありますよね。そんなときは無理に着用せず元気な時に楽しんで下さい。

 

「私金属アレルギーと無縁です♪」

 

ニッコリと笑顔で新作レッスンに登場したシルバーフィルドブレスに挑戦されたのはリピーター受講生のOさん。

 

 

「シンプルで会社にも使えるから次のレッスンで同シリーズのコズミックピアスと併せて着けたいなと思います♪」

 

スポーティなデザインで抜群の強度でテニスなどの激しいスポーツの時にもお使い頂けますよ。実証テスト済みです★

 

 

 

 

 

 

 

これまでアトリエレッスンでご紹介していたワイヤーの中でも線幅が一番太く、それに伴いペンチでの加工にかなりの力が必要になっていますが、Oさん一つずつ順調にパーツを作っていかれます。

 

「なるほど、ほんとに硬いです。」

 

そう、そして加工の際の傷が付きやすいので、強く握り過ぎないよう慎重に作業を進めていって下さいね。

 

「ハイ!緊張しますねー★」

 

 

 

 

 

 

9ピン曲げや、丸カン作りのベーシックテクニックの応用を駆使して、見事時間内に完成されました。

 

「やったー♪物凄くかっこいいですーーー♪」

 

新素材でしかも硬いワイヤーを見事に制覇されたOさん。手の平が凝ったと思いますので温めてゆっくりとマッサージでほぐして下さいね。お疲れさまでした★

 

 

 

今回Oさんが作られたシルバーフィルドのブレスレットレッスンはこちら

 

 

 

  • lesson113 silverfilled / cosmic bracelet (120分)…4000yen

 


 

 
 atelier lesson
 


●道 具 ※工具類アトリエにて無料レンタル
●開催日 水曜日 / 木曜日 / 土曜日
※下記のご予約オーダーフォームから
【1】レッスン番号
【2】第1ご希望日~第3ご希望日
【3】【午前の部】もしくは【午後の部】

この3点をご明記の上お申込下さい。
●時 間 (午前の部) 10:00
●時 間 (午後の部) 13:00
●場 所 大阪 ・ アベノ [ 北畠駅 ]より徒歩5分
※参加者の方に詳細地図をご連絡します

 

 


 

 

 

●3月…木、若干空きあります。

●4月…水・木・土、ご予約可能です。

 

ご希望日はお早めにおさえて下さい。

レッスンご予約お申込お問い合わせはこちらから。

 

 

▼▲▼アトリエレッスン規約をご確認の上お申し込み下さい▼▲▼

 

 

 

最後まで読んで下さってありがとうございました

 

 

 

 

写真より実物のほうがカッコイイ、らしい★

 

ema*ema

 

 

 

 

 

 

 

atelier shop ema*emaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス