長野県の中央に修那羅峠と呼ばれる険しい峠道があります。

東筑摩郡筑北村と小県郡青木村を結ぶ険しい山道に、地元の方がショナラ様と呼ぶ「修那羅山安宮神社」があります。            

            

この神社は別名「オートバイ神社」と呼ばれています。            

 

            

            

杉の木立の間を歩いて神社に向かいます。

真冬だけどそんなに寒くない晴天の師走。

冬枯れの木立から日差しがこぼれてきます。     

 

            

あまりに静かすぎて熊でも出るんじゃねぇ?

落ち葉の上で足を早めると急な石段の上に神社が見えてきました。            

            

            

正面の鳥居は木造でした。鳥居の奥に社殿があります。            

 

 

            

社殿の軒下には、狛犬ならぬリアル狛猫が左右に2匹、冬の日差しの中、気持ちよさそうに横たわっていました。            

            

            

       

 

よく人になれた狛猫様で、頭をなでててご挨拶です。

「よくもこんな山の中まで来たニャ、ちゃんとお参りしてニャン、お賽銭忘れるなニャ!」なんて言いたげな顔でした。            

  

         

            

            

社殿の右側に腰をかがめて通れるぐらいの通路あります。            

 

その奥に並んでいるのが修那羅峠の石仏、石像群です。            

            

 

            

石像に統一性はまったくなく、石像を設置した人の思いを反映した姿になっています。

この像も何を表しているのか、(七福神の一人?)解りません。            

 

     

            

          

            

こちらは仏像のようです。千手観音でしょうか?

ちょうどお顔に日が差し込んでよく見えました。            

            

            

            

水牛の親子のようです。

今年は牛年でしたが、もうすぐ寅年を迎えます。ちょっと遅かったかぁ。            

          

            

          

いたずらを考えている少年のような石像です。

石像の殆どは、50cm位の小さな作りになっています。            

            

            

            

漫画チックの石像から本格的な石像、石仏まで色々です。

水子供養や安産祈願、子供成長を願うもの、長寿、健康を願うものなど人々の思いや願いが伝わってくる石像たちです。            

            

             

            

さて、筑北村の山中にある「修那羅山安宮神」は別名オートバイ神社と呼ばれています。            

            

            

            

            

なぜオートバイ神社なのか?バイク好きが行く神社、いやバイクで行くのに都合が良い神社なのでしょうか?

バイクが刻まれた碑には、「雨風に 打たれど止まぬ バイク旅」と刻まれていました。            

            

            

            

            

社殿の右側にはオートバイ専用の駐車場がありました。            

            

            

         

            

            

バイクは社殿まで乗り入れていいようです。

バイク用の鳥居は石造りです。

この鳥居までは、自動車専用の駐車場からずっと舗装されています。            

            

            

     

            

「バイクでお越しのお客様へ 境内駐車場まで勧めます」と看板が建てられていました。

自家用車、バスで来た人はこの駐車場へ止めて300mほど参道を徒歩で向かいます。

つまり、バイク神社はバイクでお参りしやすい神社ということでしょうか?            

            

            

            

この駐車場まで登ってくる山道は狭く急なカーブの連続でした。

バイクなら簡単に社殿まで行かれる、だからバイク神社と言われているような気がしました。            

            

            

         

帰りの急な坂道からは、雪を被った北アルプスが見え、車を止めて景色を楽しみました。

冬でも行かれるバイク神社、ツーリングの途中で一休みしてみてはどうでしょうか。     

       

            

            

            

            

**************************************************************

アスザック株式会社 インフラエンジニアリング事業部 海外石材チーム

 

 

●アスザック株式会社 海外石材チーム、インフラエンジニアリング事業部のメルマガのお申し込みはこちらから

製品、技術情報や、長野県内外の楽しい情報をお届けしています♪