長野県のほぼ中央で、長和町と下諏訪町を結ぶ峠道は険しい坂道やつづら折りのカーブが続く山道です。

和田峠は、上田地方から諏訪方面に抜ける幹線道路として交通量が多い峠道です。

長野県の東側から諏訪湖方面へ向かうには、高速道路を使って長野方面に向かい大きく迂回するか、この峠を越えるかの選択になります。

距離的には圧倒的に峠を越えるほうが近いのですが、山道のため、所要時間は高速を使うのとほぼ同じです。 

 

この和田峠を走っていると「黒耀・黒耀石」といった文字を沢山見かけます。

長和町の国道152号線像にある道の駅の名前は「マルシェ黒耀」、黒耀の名前がつきます。                    

                    

先日、無料開放になった新和田トンネルに続く橋下には「星降る里の黒耀水」と名付けられた湧水が、この湧き水は黒耀水とも呼ばれています。                    

 

 

広い駐車場の中央に湧き水が溢れ出ています。

水汲みをされる方がいらっしゃいました。         

           

                    

黒耀水は、なめらかな口触りで、黒耀石が乗せられた給水塔の四方から常に水が湧き出ています。

暑い日には冷たくて美味しい水が好きなだけ飲めますし、冬でも凍ることは有りません。   

                 

                    

小川に新緑の白樺、水車がある風景は絵になりそうです。

                    

黒耀水が湧き出る広場の横には、茅葺きのバス停がありました。

                    

「黒耀水」の水汲み広場の横に立てられている「日本遺産」のオブジェは、古代人が手に黒い石を持っています。

これが黒耀石です。   

                 

                                        

小さな増ですが、手に黒耀石を携えていました。                    

 

 

旧石器時代、和田峠周辺は日本でも有数の品質を誇る黒耀石の産地でした。

旧石器時代の人々は、動物の骨や石を使って狩猟生活をしてたといわれており、長野県の野尻湖周辺では動物の骨と一緒に石器が発見されています。

 

時代が進むと石より鋭利な道具を求めて黒耀石を使うようになります。

刃物や矢じりなどを作るため、当時の人々は黒耀石を求め和田峠周辺に集まってきて、黒耀石を持ち帰りました。

その範囲は四方に及び、240km離れた場所まで広がっていました。                    

                    

                    

そんな、和田峠の旧道(旧中山道)を登っていくと茅葺きの建物が現れます。

江戸時代に作られた旅人の休憩所です。

 

和田峠は五街道と呼ばれる街道の一つ、中山道です。

険しい山道は、中山道の道中で碓氷峠と並んで街道の難所と言われていました。                    

 

 

往時は、峠越えで疲れた旅人の休憩施設として「接待」とよばれていました。

建物の中にはかまどや暖を取るための囲炉裏があり、疲れた旅人が休憩できる施設になっていました。

 

案内板によると旅人には粥と焚き火を、牛や馬には煮麦が振る舞われ、峠越えをサポートしていたようです。

それだけ峠越えをする人馬には負担が大きかったということでしょうか。                    

                    

「接待」の反対側のは林の中にも湧き水が流れ出ていました。                    

                    

中山道の案内板には「江戸方・接待・和田宿」と表示されていました。                    

                    

山道を登りきると白樺湖から美ヶ原台上まで繋がるビーナスラインにでました。

霧ヶ峰高原の文字も見えます。

                    

ビーナスラインの手前の道路右側に、旧中山道にそって石張りが施されていました。                    

 

この道沿いで、土の表面をよく見ると、黒くて表面が光る、ガラスの破片のような小石をいくつか見つけることができます。

 

                    

鋭く割れて尖って表面が輝いている黒い小石、これが黒耀石です。

 

現在、採掘は禁止されていますが、古い時代から採掘された破片がいまでも残っています。

目を凝らして探せばいくつか見つけることが出来ますよ。

 

10分程探してみただけでこれだけ見つけることが出来ました。

大きさは1円玉と比べていただければ想像できるかと思いますが、小さなかけらです。

 

                                        

街道沿いの木立の中に小さな祠がありました。

苔むして歴史を感じます。

 

 

石器時代の昔から、黒耀石を求めたり、五街道の一つとしての役割あったりと大勢の人々が行き来した和田峠の道端に転がっている小石のお話でした。

 

 

 

                    

気候が暖かくなり、道路の雪もすっかり無くなった今日この頃、待ちに待ったツーリングシーズンの到来!ですが…

 

相変わらずコロナウイルスが蔓延しており、全国的な行動制限は解除されましたが、まだまだ自粛生活が必要な状況です。

 

そこで今回は、こちらもシーズンを迎えた農作業へバイクで向かい、強引にツーリング気分を味わうことにしました。

 

冬眠していたバイクを久々に日の下へ!

バッテリーは充電していましたが、エンジンがかかるか心配です…

 

 

はい、やっぱりかかりません。

試行錯誤してやっとかかった時には1時間ほど経過していました。

また機嫌が悪くなる前に出発です!

 

 

畑が山の中なので、少しオフロード感が出てます。

 

 

畑に到着しました。今日はじゃがいもの世話です。

 

翌朝に霜注意報が出ていたので、土を被せて守ります。

 

 

 

ついでにタラの芽を収穫。

 

こごみもありました。

 

 

続いて田んぼの確認。

休日農家にとって、この先田植えが完了するまで休みはありません…。

 

 

収穫した山菜はおいしくいただきました。

 

短いツーリングでしたが、天気もよく気温も丁度よかったため、清々しい気分になれました。

 

コロナが収束し、自由に動ける日が一日でも早く来るよう、地道にコロナ対策を続けていきます。

 

 

 

 

**************************************************************

アスザック株式会社 インフラエンジニアリング事業部 海外石材チーム

 

 

●アスザック株式会社 海外石材チーム、インフラエンジニアリング事業部のメルマガのお申し込みはこちらから

製品、技術情報や、長野県内外の楽しい情報をお届けしています♪

 

 

 

 

 

群馬県前橋市昭和町に岩神稲荷神社があります。                    

                    

社は緑に囲まれ、近くに群馬大学の医学部キャンパスもある閑静な住宅街に佇む神社です。                    

岩神神社と言われるのは、大きな石を神と崇めお祀りしているからだろうと思って巨石を探してみます。

                    

あった!社殿の横にちょっと大きめの石がありました。

これが岩神様なのかな?

それにしては、穴が開けられているけど、神様を削らないよね。

 

さらに神社を1周してみることにしました。                    

                    

えっ!!!!すごい巨石がある!

                    

社の裏側に回り込むと、なんと社より大きい巨石が鎮座していました!

社殿と比べるとその大きさが想像できるかと思います。

                    

見えているで高さは10mくらいはあります。

見ている範囲でもかなりの巨石ですが、なんとこの巨石は、地下にまだ10m埋まっており、外周70m程もある、途轍も無い大きさの石であることが判明しました。

平成25~27年に行われたボーリング調査を行って判明したそうですが、なぜこんな大きな石がこの場所にあるのでしょうか?                    

                    

この巨石は飛び石(岩?)と言われているようですが、空を飛んでこない限り、人力でここまで運ぶのは不可能では?などと思いながら案内板に目を向けます。

                    

                    

この巨石は、昭和13年に国の天然記念部に指定されており、かつ神様として崇められている存在のため一部を採取しての科学的な調査が出来ませんでした。

そのため、以前から近くの赤城山の噴火活動で飛んできたものではないか、とされていました。                    

                    

この謎を解明するため、地元関係者らの理解を得た上で、2013年(平成25年)から3ヵ年にわたり、岩塊の一部を採取して分析することとなりました。                    

                    

                    

その結果、なんと、長野県の東信にある「浅間山を供給源とする火山岩」であることが判明しました。

 

2万3千年前、浅間山が大噴火を起こし、土石流が発生しました。

土石流は吾妻川から利根川に流れ込み、前橋、高崎、伊勢崎の大地を形成しました。

その際、はるばる浅間山から流された来たのがこの岩神様です。

群馬県から長野県と群馬県にまたがる浅間山からやってきた謎の巨石の話でした。                

 

 

 

    

                    

                    

**************************************************************

アスザック株式会社 インフラエンジニアリング事業部 海外石材チーム

 

 

●アスザック株式会社 海外石材チーム、インフラエンジニアリング事業部のメルマガのお申し込みはこちらから

製品、技術情報や、長野県内外の楽しい情報をお届けしています♪

 

 

 

 

 

今月の現場は、『山ノ内町 やまびこ広場 鉄平石飛び石』 です。

 

鉄平石の大きな特長として、板状節理(ばんじょうせつり)が発達しております。
その板状節理を活かして、建築材や敷石、舗装材として用いております。

厚みがあって野面が平坦な材料を、造園修景などでは飛石として利用します。
今回はそんな鉄平石 飛石を、「せせらぎ」部分のリニューアルに伴い、設置させて頂きました。

 

 

 

今回は、緑地部分からせせらぎ部分へ降りられるように、飛石と共に階段としての役目も担っております。
その為、多少厚みも有り、小口が見える事を想定した材料を選定頂きました。

 

 

 

 

 

 

高低差を利用して設置されている為、腰掛ける事も可能です。
花崗岩の様な硬いイメージでは無く、鉄平石特有のやわらかい雰囲気を演出し、様々な空間にマッチする石種かと思います。

親水公園の飛石や、立ち止まって欲しい箇所、一息ついて欲しい箇所に、是非、ご検討頂ければと思います。

こんな製品、『石』でつくれますか?など、思い描いていらっしゃいますものがございましたら、何なりとお申し付けください。
皆様の思いを形に出来ればと思っています。

今月は、長野県を飛び出しまして、
『新潟県五泉市 南公園改修工事 鉄平石』  をご紹介させて頂きます。
 
五泉市は、新潟県下越地方にあり、阿賀野川と早出川が流れ、市の名前にもある通り、湧水が豊富な地域です。
私が大好きな日本酒の一つ、“菅名岳”の酒蔵、近藤酒造さんがある街でもあります。

 

 

今回、担当させて頂いた『南公園』は、五泉駅の南側にあり、噴水や水のカーテンがある大きな公園です。

 

 

こちらの公園は新しく道路が出来たため、新しい入り口が設けられ、そちらの入り口部分に諏訪産鉄平石の『乱形』、『笠石』、『小端積』を採用頂きました。

 

 

 

公園の入口空間ということで、乱形貼りにした事で方向性を出さず広い空間を演出する事が出来ています。

 

 

 

階段とスロープが交わる一段高い部分も、人がホッと一息つける空間となっております。

 

 

 

階段の両袖は、鉄平石:小端積と、笠石(方形)材を利用することで、乱形とは真逆の水平と直線を意識するものとなっており、美しい景観を演出しております。

 

長野県産の鉄平石が、遠い街でも利用され、地域の方々のお役に立っている事を感じる事ができて嬉しく思いました。

ところで、『乱形』と言うと、『鉄平石』や、『クオーツ系』、『砂岩』等の石材を利用される方も多いと思いますが、『花崗岩』でも対応可能です。


花崗岩のスラブ材を現場で一枚一枚加工し、職人の技が光るとても綺麗な乱張りとなります。


こちらは、サビ御影石の乱張りとなります。

 

 

 

 

 

こちらは、色が豊富な花崗岩の特長を生かした乱張りとなります。

 

 

 

方向性を無くしたい場所や、人がゆっくり進んで欲しい、立ち止まって欲しい空間には、乱張りは適した張り方だと思います。
そんな空間がございましたら、是非一度、乱張りをご検討頂ければと思います。

こんな製品、『石』でつくれますか?など、思い描いていらっしゃいますものがございましたら、何なりとお申し付けください。

皆様の想いを形に出来ればと思っています。

 

**************************************************************

 

アスザック株式会社 インフラエンジニアリング事業部 海外石材チーム

 

 

 

 

 

●アスザック株式会社 海外石材チーム、インフラエンジニアリング事業部のメルマガのお申し込みはこちらから

製品、技術情報や、長野県内外の楽しい情報をお届けしています♪

 

 

 

 

 

先日、福島県の会津若松市に行ってきました。

現地で初めて知ったのですが、ソースカツ丼が有名とのことで堪能してきました。

 

偶然入った店が元祖煮込みソースカツ丼の『なかじま』という名店でした。

ソースが濃厚で香ばしく、豚肉もさっぱりしていてとても美味しかったです。

 

 

ソースカツ丼といえば、長野県の駒ヶ根市であったり、群馬県の桐生市であったり、全国でご当地グルメになっています。

 

ソースカツ丼の起源は、様々な説があり、どこが発祥の地かはわからないそうです。

※『なかじま』の店主にお聞きしたら、東京の洋食店から暖簾分けで全国に広まった説が有力だと思うとのことでした。

実際は不明だそうです。

 

お土産にソースカツ丼のソースを買ってきました。

これでいつでも家でソースカツ丼です。

 

全国のソースカツ丼を食べ比べしてみたいですね。

 

 

最後に私が何度も行っている駒ヶ根市の『ガロ』のソースカツ丼です。

 

ソースの違いはあまりわかりませんでした。笑

 

どこのソースカツ丼も絶品です。

 

 

 

 

**************************************************************

アスザック株式会社 インフラエンジニアリング事業部 海外石材チーム

 

 

●アスザック株式会社 海外石材チーム、インフラエンジニアリング事業部のメルマガのお申し込みはこちらから

製品、技術情報や、長野県内外の楽しい情報をお届けしています♪

 

 

 

 

 

山梨県の中央に位置する笛吹市は、富士山がを望む風光明媚な街です。

 

特産の桃とぶどうは、自治体の生産量が共に日本一を誇り、2013年には「日本一桃源郷」を宣言しています。

まもなく桃の花の季節を迎えます。

 

市内には富士山の絶景ポイントであるFUJIYAMAツインテラスや石和温泉があり、観光地としても栄えています。                

                

そんな笛吹市の竹居地区の室部(むろべ)公民館前に石碑がたくさん置かれています。

 

                

様々な石碑が置かれており、それぞれに歴史を感じますね。

                

その中に、40~50cm角、長さ1m弱の不思議な石が屋根付き台座に透明なケースに入れられ、大切に保管されていました。

 

前面に丸い星のような大小の点が刻まれています。

 

                

石の表面に刻まれた点は、月と星、彗星のようで星石と呼ばれる石碑です。

星石のいわれ と書かれた碑文がありましたので、文章をそのまま書き移してみました。 

 

 

 

 

星石のいわれ

この石碑は日本に一つしかない珍しいもので ハレー彗星物語 甲斐路 四三号 に研究発表されている

文化の発達していない昔は 人々の日常生活も農作業も 天体の運行に基づいて行われており 一道禅道 八百萬神と刻まれた石碑の前に立つと 神仏に助けを求めて生きて来た先人達の心にふれることができる

碑面に見える二箇の彗星は 1607年のハレー彗星といわれ その出現と消滅をあらわし  悪星退散を祝ってこの星石を作り 山伏が立ち会って一種の星祭りをしたらしい

彗星の詩に「あな恐ろしの極みかな」と詠われるなど 昔の人々は天変地妖をことごとく 神仏の祟りと信じていたから 星祭りは八代郡竹居村土俗の修法がとられたと思われるが 明らかでない

この石碑は高度の天文学・暦学・宗教学によって刻まれ 二七〇メートル上手の分水地点に祀られていたという

花鳥山遺跡の麓にひろがる室部組の文化遺産として 日本の星石として いまでも後世に伝えていきたい

 

撰文  中村良一

御坂町 竹居

一九八四年三月 室 部 組                 

                

刻まれている星は「北斗七星」や「ハレー彗星」「三日月」とされ、1607年のハレー彗星の出現と消滅を表しているようです。

1607年とは、1600年の関ケ原の戦いで戦国時代が終わり江戸時代が始まったばかりです。

あの大阪夏の陣は1615年の出来事ですから8年前の出来事になりますね。               

 

                

古くから、彗星の出現は、天変地異の前触れとして神仏に無事を願い、祈りを捧げたとされています。

大きな彗星に驚いた当時の人々がに悪星退散をこの星石を作り祀って、山伏が祈祷を行っていたと伝えられています。

 

                

刻まれた星を絵にしてみました。

大きな○がハレー彗星、三日月と小さな○は星を表しているようです。

 

山梨県から日本に一つの珍しい星石をご紹介しました。

 

 

 

 

**************************************************************

アスザック株式会社 インフラエンジニアリング事業部 海外石材チーム

 

 

●アスザック株式会社 海外石材チーム、インフラエンジニアリング事業部のメルマガのお申し込みはこちらから

製品、技術情報や、長野県内外の楽しい情報をお届けしています♪

 

 

 

 

 

知り合いの誘いと、最近は空前の筋トレブーム?と言うこともあり、筋トレを始めました。

今回は休日の食生活や摂っているサプリメントについて、ご紹介致します。

 

①起床

空腹による筋肉の分解を防ぐため、EAAというタンパク質を水に溶かして飲みます。

代謝を上げるため、EAAを飲みながら15分程、部屋で足踏み(有酸素運動)します。

 

②朝食

白米+玄米+もち麦のカレーライス、鶏ハム(低温調理器で作った鶏むね肉)、ブロッコリー、味噌汁。

体脂肪が落ちるのを期待して特茶。

筋トレを始めてから食生活がガラッと変わりました。

1日の半分以上は苦手な自炊をしています。

食事後にビタミン等のサプリを摂ります。

 

 

③間食

マイプロテインのプロテインマグケーキ。

シフォンケーキを硬くした感じ。

チョコレート味で普通のお菓子よりカロリーや脂質、糖質が少ないので良く食べます。

 

 

④昼食

白米+玄米、鶏ハム(低温調理器で作った鶏むね肉)、ブロッコリー、味噌汁。

体脂肪が落ちるのを期待して特茶。

筋トレ初めてから食生活がガラッと変わりました。1日の半分以上は苦手な自炊をしています。

食事後にビタミン等のサプリを摂ります。

 

 

⑤筋トレ前

筋トレ60~75分前にプロテインを飲みます。

プロテイン=タンパク質で、40歳の中年は若者より吸収が悪いでの多く取ります。

 

    

⑥筋トレ前

筋トレ30分前にアルギニン、カルニチン、カフェインを摂ります。

血管の拡張と代謝UP、脂肪燃焼を期待して。

敬愛するVALXの山本先生の受け売りw

 

 

⑦筋トレ中

ワークアウトドリンク。EAA+クレアチン+マルトデキストリン+ナトリウム(アジシオ)。

腕、胸、肩、背中、腹筋、脚等、いくつかの部位を組み合わせて、週3回程度ジムで筋トレします。

筋トレは約1時間です。それ以上は体力が持ちません。

 

 

⑧筋トレ後

グルタミンとクエン酸を摂ります。

グルタミンは筋肉が分解するのを防いでくれるそう。

 

 

⑨晩御飯。

韃靼そば+糖質0麺の温そば。

糖質0麺は食物繊維を取りたいがためです。

納豆はごはんと食べたいのですが・・。

特茶は体脂肪を落としたいので毎食飲みます。

 

 

いかがだったでしょうか。

You Tubeで筋トレの動画が多数あります。

大好きなYou Tuberの動画を見て、参考にしながら筋トレ方法や食事のメニュー、栄養、サプリメントの摂取を見様見真似で楽しみながら行っています。

今では筋トレは一番の趣味です。

 

 

 

 

**************************************************************

アスザック株式会社 インフラエンジニアリング事業部 海外石材チーム

 

 

●アスザック株式会社 海外石材チーム、インフラエンジニアリング事業部のメルマガのお申し込みはこちらから

製品、技術情報や、長野県内外の楽しい情報をお届けしています♪

 

 

 

 

 

今年の冬は寒さが厳しいですね。

例年になく雪も多く春まだ遠い信州です。

 

そんな信州にHOTな話題です。

長野県木曽郡上松町出身の御嶽海関が初場所で3回目の優勝を果たし、

待ちに待った大関昇進となりました。

おめでとうございます。

 

 

長野県出身力士が大関に昇進するのは、なんと227年ぶりといわれています。

227年前の大関は誰?

その力士は伝説の天下無双力士『雷電為右エ門』、銅像の人物です。

 

 

現役生活21年で江戸本場所在籍36場所(大関在位27場所)で、

通算254勝10負2分、勝率.962の大相撲史上未曾有の最強力士でした。

 

体格にも恵まれて、身長190cm以上、体重170kg程で、大相撲の元大関、把瑠都とほぼ同じ体格といわれ、巨体・怪力伝説が生まれたのも納得です。 

 

 

 

雷電は明和4年(1767年)、浅間山の麓、信州小県郡大石村(現東御市)で生まれました。

本名は関 太郎吉(せき たろうきち)、東御市には生家が保存されています。

市役所前には実物大の銅像が於かれています。

 

 

江戸大相撲で出世した雷電が立て直したと言われる生家には土俵があり、二階席もあって土俵を見下ろせます。  

 

 

 

座敷も広く相撲部屋のようです。

 

 

庭には雷電の鋤石(すきいし)が有りました。 

 

 

太郎吉は田畑の行き帰りに、この石を鋤の先に吊るして歩き、足腰を鍛えていたそうです。

 

太郎吉が14才の年、1783年(天明3年)浅間山が大噴火し天明の大飢饉が発生しました。

飢饉で相撲巡業ができなくなった浦風一行が、この地を訪れました。

 

力士に稽古をつけてもらっていた太郎吉に、浦風は力士転向を勧め、江戸へと向かいます。

 

稽古を重ね1795年(寛政7年)3月、28才の雷電は大関に昇進しました。

 

この年から227年後の2022年御嶽海が大関に昇進です。  

 

 

 

さて、ところ変わって長野市です。

 

善光寺は今年御開帳を迎えます。

本堂前に回向柱が建てられ、御本尊様と糸で結ばれます。

 

御開帳には全国から善男善女が大勢訪れて賑わいますが、今回の御開帳はコロナ禍で1年延期されました。

 

4月の御開帳には感染が沈静化することを願うばかりです。 

 

 

 

善光寺の近くに武井神社があり、妻科神社・湯福神社とともに善光寺三社と言われています。

 

 

武井神社の創立は持統5年(692年)頃と言われ、なんと1500年近く歴史ある神社です。

 

 

境内に『雷電の力石』と呼ばれる巨石が於かれています。

 

御嶽海が227年ぶりに大関昇進したことで、この石が注目されています。

 

幅2m、奥行き1m、厚さ0.5mほどの巨石で、重さは2tぐらいでしょうか。

 

この石は、神社の東側を流れる鐘鋳川にかかる橋として使われ、武井橋と呼ばれていました。

 

この橋をかけ替えるとき、古い橋は武井神社に奉納されることになったのですが、重くて運ぶことができません。

それを相撲の巡業で善光寺に来ていた雷電為右衛門が持ち上げ、神社まで運んだと言われる無双力士雷電の怪力伝説のひとつです。

 

 

例年に無い大雪に覆わていて全景がはっきり見えませんが、橋に使われていただけあって平らで細長い石です。

この石の上に立つと子供が丈夫に育つと言われています。

雷電にあやかって、将来横綱になるような大物が信州から生まれると良いですね。  

 

 

 

            

**************************************************************

アスザック株式会社 インフラエンジニアリング事業部 海外石材チーム

 

 

●アスザック株式会社 海外石材チーム、インフラエンジニアリング事業部のメルマガのお申し込みはこちらから

製品、技術情報や、長野県内外の楽しい情報をお届けしています♪

 

 

 

 

 

今冬はコロナ自粛に加え降雪も多く、おうち時間が増えているこの頃です。

皆さまはどのようにお過ごしでしょうか?

 

おうち時間を楽しく過ごすために、何かないかな・・・

「おうち時間 充実」→ 検索

 

 

えー!!!かわいい~♪

 

実はこれ・・・

クラフト紙で出来ているんです!!!

 

見つけたのは、「Canon Creative Park」

ペーパークラフトのサイトです。

 

よしっ!やろう!

私が選んだのは、「マリンバ(木琴)」

 

まずは購入したクラフト紙に印刷。

 

 

カッターやハサミを使い、切っていきます。

 

部分によっては、小指に乗るこの小ささ!!!

気が遠くなりそうです・・・あ。なりました!笑

 

切ったものを、のり付けし、組み立てをしていきます。

のり付けは爪楊枝で慎重に!!

 

パーツは一つとして同じものはありません。

番号を間違えないよう気をつけて・・・

 

 

そしてついに・・・完成!!!

  

キャスター部分もリアルに出来ました!

 

製作時間・・・

3週間くらいかかったような・・・(泣笑)

HP上の目安時間は10時間だそう!!!

 

興味とお時間のある方は是非!!

 

コロナが早く収束することを願いつつ、コロナ禍でも出来ることを見つけて今を楽しみたいと思います!

 

 

 

 

**************************************************************

アスザック株式会社 インフラエンジニアリング事業部 海外石材チーム

 

 

●アスザック株式会社 海外石材チーム、インフラエンジニアリング事業部のメルマガのお申し込みはこちらから

製品、技術情報や、長野県内外の楽しい情報をお届けしています♪