朝日新聞 社説「セクハラ 沈黙しているあなたへ」を読んで | 女社長☆渡邊あかねの“生涯現役”ブログ

テーマ:

美容家 渡邊あかねです。 


最近セクハラの話題が多いですね。


最近多い…のではなく、以前は泣き寝入りしていたのを

被害女性が声を上げる様になったから

増えた様に感じるのです。


地位や権力があれば何をしてもいい。

セクハラなんて目下の人間のわがままだ。


こんな文章が、朝日新聞の社説の中にありました。

そう思っている男性が、どれだけ多い事でしょう。


私も訴えたらキリがないくらい

セクハラに合ってきました。


思い出しても気持ち悪い!!

家に帰ってから、痴漢にあってしまった時と同じく

身体をゴシゴシ洗ってシャワーで流した事も。


言葉なんか、それこそ数え切れないくらい…。


少し前も、とある経営者の講演を聴いていたら

「自分は社員とコミュニケーションを取るために

月に1回店舗巡回をしている。

女子社員にも気軽に声掛けて『彼氏出来たか!?

って聞いてる。」と言うんです。


仕事で店舗巡回しているはずなのに

なぜそんなプライベートな事を聞くのかしらむっはてなマーク

それセクハラじゃないむかっ


…と、講演を聴いている最中に

カッカしてしまいました。


本人はそれでコミュニケーションとってるつもり

なんでしょうけど、こちらからしたらセクハラ以外の

何ものでもないんですけどプンプン


勘違いもいいところだわ


それをまた、セクハラの自覚なく、

いい事をしているつもりで、

自慢気に話してしまうところが、バカ


別の経営者は、講演の最中に

「女は『奥様』っていうくらいなんだから

社会に出て来ないで、奥に引っ込んでりゃいいんだ。」

なんて言ったので、私は耳を疑いました。

これも、セクハラ発言ですよプンプン

女性経営者も多く聴きに来ていたのに…。


会場中の女性を敵に回したな、と思いました。


議員も経営者も、セクハラ研修を

きっちり受けた方がいいですよ。


触ったとか、食事にしつこく誘ったとかは

明らかにセクハラ、って分かりやすいけれど

「太った?」とか、「彼氏出来た?」とか

身体的な事やプライベートな事を言ったりするのも

立派なセクハラですからビックリマーク


それがまるで分かってない



とにかく、職場における性差別的な要素を含む

一切の言動はセクハラで、

事業主はセクハラへの対策を法律で義務付けられているんです。


ところが実際は、事業主が従業員に対して

セクハラですから、呆れてモノが言えない。


無知は自分の首を締めますから

この機会に学ばれる事をお勧めします。

 

 

女性社長ランキングに参加しています。
こちらをクリック↓お願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

さっき見たら、1位でした。

いつもクリックして頂き、ありがとうございますラブラブ

女社長☆渡邊あかねの“生涯現役”ブログ border= 

Astana社長の渡邊あかねさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります