もう一度遠くへ

昨年の紅白で一気に知名度が広がった、という感じの米津玄師さん。

「Lemon」のYOU TUBEの動画の再生回数も一気に加速度がついて3億越え!

 

長いこと、あまり音楽を聴いていなかったのですが

(正確にはたまに好きな曲もあるんだけど、昔好きだった曲を聴く事の方が多かった)

「Lemon」のメロディと歌詞にも惹かれてYOU TUBEで米津さんの他の曲も聴くようになりました。

 

いくつも好きな曲があるんだけど、最近、よく再生してるのが人気アニメの主題歌だそうですが

「ピースサイン」

 

歌詞の中の

”もう一度 遠くへ行け 遠くへ行けと 僕の中で誰かが歌う

 どうしようもないほど熱烈に”

というところが、ひどく心に響いて。

 

小さな田舎の町で産まれて育って、田舎にうんざりして、絶対にもっと大きな街で暮らすんだ!と

夢見ていたころもありましたが

自分が何者になりたいのかわからず

何者かになる努力もせず

結局手ぶら、いや、病気をして体も心も弱くなって戻ってきました。

 

こんなに疲れやすくてだるい体ではもう遠くへ行く事もないだろうな、と

半分あきらめています。

だからこそ、この部分の歌詞がほろ苦く感じるのかもしれません

 

パニック障害のせいか、大きな音などにも敏感になっているので

コンサートとか映画館とかそういう場所にも全く関心が無くなっていたけど

いつか米津さんのコンサート行きたいなと思えたのは、

まだ私の中に生きてる部分があったんだなと久しぶりにそんな事を思いながら聴いています

 

 

 

いつか僕らの上をスレスレに 通り過ぎていったあの飛行機を 

不思議なくらいに憶(おぼ)えてる 

意味もないのに なぜか 不甲斐(ふがい)なくて泣いた日の夜に 

ただ強くなりたいと願ってた そのために必要な勇気を 探し求めていた 

残酷な運命が定まってるとして それがいつの日か僕の前に現れるとして 

ただ一瞬 この一瞬 息ができるなら どうでもいいと思えた その心を 

もう一度 遠くへ行け遠くへ行けと 僕の中で誰かが歌う 

どうしようもないほど熱烈(ねつれつ)に 

いつだって目を腫らした君が二度と 悲しまないように笑える 

そんなヒーローになるための歌 

さらば掲(かか)げろピースサイン 転がっていくストーリーを 

 

守りたいだなんて言えるほど 君が弱くはないのわかってた 

それ以上に僕は弱くてさ 君が大事だったんだ 

「独りで生きていくんだ」なんてさ 口をついて叫んだあの日から 

変わっていく僕を笑えばいい 独りが怖い僕を 

蹴飛(けと)ばして噛み付いて息もできなくて 

騒ぐ頭と腹の奥がぐしゃぐしゃになったって

 衒(てら)いも外連(けれん)も消えてしまうくらいに 

今は触っていたいんだ 君の心に 

僕たちは きっといつか遠く離れた 太陽にすら手が届いて

 夜明け前を手に入れて笑おう 

そうやって青く燃える色に染まり おぼろげな街の向こうへ 

手をつないで走っていけるはずだ 

君と未来を盗み描く 捻(ひね)りのないストーリーを 

カサブタだらけ荒くれた日々が 削り削られ擦り切れた今が 

君の言葉で蘇る 鮮やかにも 現れていく 

蛹(さなぎ)のままで眠る魂を 食べかけのまま捨てたあの夢をもう一度取り戻せ 

 

もう一度 遠くへ行け遠くへ行けと 僕の中で誰かが歌う 

どうしようもないほど熱烈(ねつれつ)に 

いつだって目を腫らした君が二度と 悲しまないように笑える 

そんなヒーローになるための歌 さらば掲げろピースサイン

転がっていくストーリーを 

君と未来を盗み描く 捻りのないストーリーを

 

 

 

堀ちえみさんのニュースを見てなんともいえない気分になりました。

お子さんもたくさんいるし、治って長生きして欲しい!

 

自分が十代のころテレビでよく見ていたアイドルの人たちのこういうニュースを見るのは

重苦しい気分になります。

それにしてもずっと診察を受けていたのになんでもう少し早く見つけられなかったのか

素人の自分が口をはさむ事はひかえねばなりませんが

私が25歳のおわりごろ微小変化型ネフローゼを発症した時の事が思い出され

腹立たしくなりました。

 

あとで思えば年末が近づいた12月に入ってすぐのころから体調が悪く

だるくて疲れやすくなってました

胃がもたれたような感じで食欲も落ちる一方

 

当時は一人暮らしをしてました

年末年始はひたすら寝ていようと体調が悪いのを我慢してたけど大晦日に激しい嘔吐

もともと食欲がなくあまり食べていなかったせいか、黄色い液も吐いて

あまりの具合の悪さに自分で119番しました。

 

救急車で小さな私立病院に連れていかれ、先生にそのまま訴えました

先生ときたら「いいもの食べて当たっちゃったんでしょう」と脳天気な反応。

このところ食欲がなく少量のごはんつぶやリンゴ、おかゆを食べるのが精一杯で

当たるようなものはないとうったえても全く相手にしてもらえず。

 

あの時、尿検査してればとりあえず尿に異常がおきている事は簡単にわかったはずなのに。

 

点滴を打たれ、実家に電話して親に車で迎えに来てもらいました

 

年が明けてすぐ地元の国立病院へ行きましたが(今は統廃合により、無くなっています)

その時診てもらった先生がまたヤブでまたしても尿検査も採血もなく・・

「じゃあ胃の透視の予定入れときましょう」で終わりました

 

皮肉な事に「足がむくんでいる、おかしい」と騒いだのは若い時看護師だった私の母親でした

 

ようやく、尿検査や血液検査でネフローゼとわかり急遽、大学病院へ入院となりました

 

私の場合、尿検査や採血も大変な事ではないし、

堀さんのブログを読むと、痛みで夜もよく眠れなくなり、

自分でネットで検索してしこりが舌癌の画像とよく似ていると思った、とありました

肉眼で見える場所にあるのに、なんで、そこまで対応が遅れた?と腹立たしくなりました。

 

私の母親だって私が発病した時は看護師を辞めて20年以上経過してました

 

いくら元看護師とはいえ、ずっとまえに辞めた人間が見ても気がついたむくみも診ない

尿検査一つしない

 

ずっと診てもらっていたのに、素人の堀さんがネットで検索して癌と似ていると思ったって・・

 

一体、なんのための医者なん?と言いたくなる医師が居る事は確かです

 

でも、私の主治医はとても良い先生です。

腎臓内科も精神科も。

一生懸命やってくださる先生や看護師さんがたくさんいらっしゃいます。

そんな人達の評価が下がるようなニュースが残念で仕方がありません。

 

堀ちえみさんはこれから大きな手術、リハビリに励む事になるとの事。

お子さんたちのためにも治りますように、心からそう祈ります。

 

 

今日から三連休の方もいらっしゃると思います

 

天気予報では北海道や東北・北陸・関東・・

各地でかなりの冷え込みになるとの事

 

私はツィッターをなんとなく眺めるのですが雪が多い地方の方の写真はやはりすごいですね

場所と降雪量によっては夜間でも雪かきをする方もおられるようで

寒いのと暗くて危ないのとで全く知らない人たちなのに心配になります

 

雪は少量でも朝はすべって危険だし・・

 

みなさま気をつけて連休をお過ごしくださいませ

 

そんな私は今からちょっと近くのポケストップまで行ってきます・・

さむっ!

でもちょっとだけ外の空気吸うと少し胸の中の重い物がラクになるんですよね

あと、今日は行ってないから連日行ってたのが途切れてしまう←これが一番の理由

 

ではちょっとだけ行ってきます

みっちり着込んで

車なので暖房が効いてくればバッチリさ!