菅首相 精神状態は発狂寸前

テーマ:

菅首相 精神状態は発狂寸前

(日刊ゲンダイ2010/12/21)

◆安倍の末期とソックリ
「正月明け総辞職」説流れる
民主党議員が首相の言動に「エッ」と驚いたのは、臨時国会の閉会直後、公用車をタクシー代わりに使って赤坂、銀座とハシゴしたことだという。
総理が公用車で銀座のバーに乗りつけるのも異例だが、「いいから、まあ、乗って」と“飲み仲間”の江田五月参院議員と藤田一枝衆院議員を同乗させている。
最近は「話し合いの環境が整っていない」と引き留める仙谷長官を振り払って沖縄を訪問。「法人税の5%引き下げ」「諫早湾の開門」と、矢継ぎ早に「総理の決断」を連発。「疲れた」「疲れた」を口にしていた菅首相が、人が変わったように、ハイになっている。
「きのうの小沢一郎との1時間半の会談では、理屈もなく『政倫審に出てくれ』と感情的にまくし立てています。そもそも、会談したって小沢が『はい、わかりました』と答えるはずがないのに、『オレが直接会う』ときかなかった。岡田幹事長に任せていればいいのに、本人は『小沢問題をなんとかしなくては』と相当、思い詰めているようです」(民主党関係者)
菅首相がいきなり暴走しはじめたのは、このまま通常国会を迎えたら、ニッチもサッチも行かなくなると焦りまくっているからだ。
「菅首相は臨時国会でボコボコにされたことが、トラウマになっている。完全にマイってしまった。伸子夫人が『肉体的に限界で、笑顔をつくるのもひと苦労、というのが本当のところ』とマスコミのインタビューに答えたほど。国会会期中、ほとんど眠れなかったようです。だから、あの再現は絶対にイヤだと心底、思っている。ところが、公明党との連携も、自民党との大連立も実現しそうにない。しかも、問責を受けた仙谷長官をめぐって国会は冒頭から大荒れになりそう。そのため『このままでは悪夢の再現だ』と、なかばウツ状態になりかかっているようなのです。菅首相が『総理の決断』を連発する姿は、安倍首相が体調を壊して辞任する前『私の内閣』を連発したのとソックリです。来年の通常国会前、政権を投げ出すか、破れかぶれで解散する可能性も心配されています」(政界関係者)
年末年始、首相のスケジュールは空白になっている。
人間、許容量を超すといつプッツンしてもおかしくない。年明け、予想外の展開が起きるかもしれない。



※日刊ゲンダイはケータイで月315円で読める。
この貴重な媒体を応援しよう!
http://gendai.net/