正宇宙と反宇宙~「正負でゼロ」の大法則? | HublessHUB皆がTop of the world!

HublessHUB皆がTop of the world!

EVITA妻と暮らし20有余年、奇天烈語学鬼の凡ゆる壁や檻を打ち破る我が闘争の物語。身近な国際モンダイから日比~途上国関係者の
地位向上イメージアップへの支援と国際連携。魂とココロの開放と宇宙的~ミクロまでの調和と皆が主役の真ミレニアムが(Miriam)女神の願い


テーマ:

当事者の法則に続き、次は有名な?大法螺宇宙論かも知れません。それが表題の万物や森羅万象の「基本法則」である、全ての始まりはゼロである・・という法則でしょう。物質には通常の物質に対し、荷電が逆になる「反物質」は物理的にもその存在は確認されていますね。なので、原子単位ではこれは証明済みの事実だと言えます。では、地球や宇宙ではどうでしょう。結論から先に言えば「成り立つ」のではないかと思います。これは陰陽の二律背反とも似た話、あるはない、ないはある、といった相対的な禅問答です。

 

さらに細かく考えてみますが、物質は質量をb持ち、質量はb波動なのは「相対性理論」です。なので負の宇宙は波動とも考えられます。(大雑把だ)しかし正負やあるないは相対的なものにすぎず、不確定性原理という位置の定まった粒子と、定まらない波動は同時に存在します。量子力学の発展を築き上げたシュレジンガーの方程式が知られていますね。この同時制ですが、なんとなく?(とまた話が大座おお阿仁?大雑把) 携帯電話の回線なので常用されるパケット通信の技術である「多重通信」と似ているように思います。一本の回線に多くの宛先(位置情報)を載せた通信手段と言えますかね? だとしたら、宇宙という波動と粒子の同時性も可能で、それは実在と考えられ、また後述の「スケールパターンの法則」から、物質宇宙に対した波動反宇宙の存在も成り立ちえると思われます。(というかアリマス)優愛印なんだこりゃ?あたりかw

 

凄い、当た多tの法則だ!!

当たりだわっしょい!!

やったぁ万~~~~~~~万も出ました。(笑)

 

結局はMAD SCIENTISTのたわごとだね(笑)

 

 

まあ、ここで終わりでは詰まらないのが科学の子で、続きが有るの法則です。?? 粒子と波動ですが、これを正負の相対性と重ね合わせて考えますね。正の物質y宇宙は粒子で認識される我々人類など、負の波動y宇宙は・・(賛同の法則)強気に続ける。・・波動で認識される多重通信と同じ(ような)何かが居そうに思われます?。また粒子は波動で、波動は粒子です。ただ認識の問題みたいに思います。ここで次元ですが、次元は3方向の座標軸(ベクトル)なので、時々見る少数は疑問です。三次元の次は四次元でしょう。?? ただ波動ならこれは周波数なので、連続性があるのでしょうね。

 

なので、波動世界は多重通信の多重世界ではないかというのが方程式?の、結論です。m(__)m

たぶん、誤魔化しはないのだと、付加鵜定性的に?もとい不確定性的に思います(笑) 鵜?

 

どこかの誰かが「難しいことを簡単に言う」のが天才だとキキましたが、実際はどうなんだろう?(笑)

 

 

Asukal@奇天烈天才駄犬さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス