”後を絶たないフィリピン人との偽装結婚とその相場” | HublessHUB皆がTop of the world!

HublessHUB皆がTop of the world!

EVITA妻と暮らし20有余年、奇天烈語学鬼の凡ゆる壁や檻を打ち破る我が闘争の物語。身近な国際モンダイから日比~途上国関係者の
地位向上イメージアップへの支援と国際連携。魂とココロの開放と宇宙的~ミクロまでの調和と皆が主役の真ミレニアムが(Miriam)女神の願い


テーマ:

ダンディーだん様、はじめまして。

弊ブログとプロフィールへのご訪問、有難うございました。お越し頂いたことには感謝ですが、本来コメントで申し上げたかったのですが、生憎コメが不可設定ですので、リブログという形式を取らせて頂きます。ご存知のように、この世界には様々なタイプの当事者や関係者が居ます。私もその1人で妻はフィリピン人で、結婚後23年を経過し、今でも仲良く(喧嘩)している次第です。また関係者や「お友達」も幸い類が友を呼ぶ形での「アメーバ村」の共同体のような関係にあります。また私のプロフィールをご覧頂いたようですが、以前はNPOの当事者団体の関係者でもありました。この団体は日比友好と当事者・関係者の情報交流、悩み相談、アドバイスほか、両国のイメージアップを図る目的で運営を行いました。ただ暫く活動が休止し、現在再びその「準備室」をアメーバ村に設置し、私が(名目)代表です。名目という意味ですが、それはネットという特性から本来は必要ないからです。ただ同団体との過去からの関わりが深かったため、そうしているに過ぎません。


前置きが長くなりましたが、記事を拝見し、少しですが違和感がありました。もちろん書かれている記事の内容は有るし、あった話なのは百も承知です。ただアメーバ村の当事者も聞くまでもなくそのように思うと私は確信します。まあ、お詳しい方なのは判りますので、簡潔に言って、今の共和国は中間層も拡大、我が国の実質マイナス成長とは異なり、年率8%程度の同国としては高い成長にあります。また昔ならカレッジ出た女性でも働く場所もなくOCWというパターンが多かったですが、今は普通の女性がフツーの職に就くケースも多いものです。ちなみに私の姪はコネ無しでも現役の国際線CAと外資系のサブマネで、この姪も今は社員旅行で前はHKG今は台湾となっています(笑)それもあり、御記事の全体の違和感が拭えないでいます。

 

また、前世紀の90年代以降ですが、上記の団体では配偶者ビザの「正直申請」を推奨し、一部で見られた不正ともなりかねない裏技には注意喚起を行っていました。その後の法改正では「過去に遡って資格剥奪」も施行され、その考えの正しかったことが証明されたと考えています。偽装結婚は大変遺憾であり、その撲滅には当局にも協力は惜しまない立場です。

 

長々と、失礼しました。両国のイメージアップという観点で見れば、同国への悪しき先入観(特に行ったことのない素人さん)へ繋がりはしないか?という心配からのご指摘とご理解いただければ幸いです。どうぞ宜しくお願い申し仕上げます。

 

最後に付け加えますが、ダンディーだん様にとってはフィリピンは他国の中の一国に過ぎないでしょうが、わたくし共にとっては1国の中の1国である点もご理解くださいね。 

 

>後に永住権を申請するまでの最低期間として3年という期間が必要だからです。

Philippinesの場合は最低10年です。(入管ガイドライン)

 

PS,ほかの方もこちらのコメに感想を書かれるかもしれないです。

Asukal@奇天烈天才駄犬さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス