ミャンマーの「移民問題」~土地と水の抗争 | HublessHUB皆がTop of the world!

HublessHUB皆がTop of the world!

EVITA妻と暮らし20有余年、奇天烈語学鬼の凡ゆる壁や檻を打ち破る我が闘争の物語。身近な国際モンダイから日比~途上国関係者の
地位向上イメージアップへの支援と国際連携。魂とココロの開放と宇宙的~ミクロまでの調和と皆が主役の真ミレニアムが(Miriam)女神の願い


テーマ:

今日の「お題」(続編)です。前編では「核心」はアメーバ村には勿体無いと、故意にスルーでした(笑) でも肝心の朝日新聞社さま(何度も御厄介になり、囲み記事までその節はm(_)m)ですが購読予約は今年の11月からだったので、面倒なので村に書いてあげましょう。まあ分かるのは業界人だけかも知れませんが、仕方ないですね。精々お好きに綺麗事抜かしてればイイよ。原語のひとつ位はモノにして裏取って欲しいけどね。それが情報発信者のモラルだよ! お独逸のババアも同じだね。途上国は外野でしょ?立ってる場所が違うので、ご自身の(切り貼りパクリ)情報の取り扱いには格段の注意をお願いしたいね。

 

ババアに言いたいのは(コメ閉じでの一方通行なのでココでしか言えない)我が国でも同国人同士でも犯罪は多いし、一方的に「移民の犯罪ばかり」を抜き出すのはアンフェアだって事。黙ってたけど言ってあげるね。こちらでは猛毒殺人やら、そういうのも多いし、日本人の不正受給も多い。お独逸の定量的傾向は分析してるの?一方的記事で「日本民族」の団結でも呼びかけたいの?やってることはベルリンで自殺したチャップリン扮した独裁者と同じだね。呆れる。ババアを「お上品な貴婦人」だと庇う勢力も同罪!CHAVSでも読んだら?お宅の仲間も推薦してる。英国とドイツなら近いのでは?

 

さて、ミャンマー娘との取材場面にプレイバックだ。そこで切り出したのが「ロヒンギャ」ね。どう思う?って。ここで口ごもるミャンンマニアン。続けて追い打ちで「スーチーさんロヒンギャと、どっちが正しい?」と。まだ固まったままでしたが、段々顔が緩み、笑い出しました(笑)ここで背景説明。長く軍事政権下に有り、この手の発言には命の保証も無かった・・という歴史的経緯もあったかも知れません。まあ水が溜まってダムが決壊・・みたいな笑いに感じたね。

 

答えは(あくまでも先住民(ミャンマー人)の意見

「100%スーチーさん」「悪いのは全部ロヒンギャ」と言うことでした(笑) ついでに「前の軍事政権とスーチーさんとでは」も、これは即答でスーチーさんでした。(妥当)

 

以下は先の日記のコメからです。

難しいですが、同じ日本人でも当事者判断>外野判断が相当である件は多々。だから譲れないことも多くあり、それが廻り回って国民の利益って事です。すべては足元と目の前から・・と最近は特に痛感されます。今ではミャンマー人の話が顔色表情含め全て読めるので尚更です。

そもそも土地や水利問題だったとは、70年以上も前からある帝国軍人は手記に残しています。


バカは綺麗事から結論を述べ、結果全てをダメにします_| ̄|○

 

でしょ?ヤマトの諸君・・デスラー総統

・・とまあ、土地や水の争い、移民と宗教の問題もあっての話でした。

また、ノーベル賞(脳減る賞)のご都合主義的権威(特に平和賞)の使い手(黒幕)は誰?

 

真相は地元の方に聞くのが「一番」って話でした。m(_)m

内閣調査局さん、今「即戦力」が遊んでいますよ~(笑)

怪しいものではありませんゼ?

 

大サービスね。ここで労働移民のシステム。当事者 - 現地会社 - 日本の派遣会社(事業組合) - 派遣先の企業  当事者は契約を現地会社とだけ結びます。また我が国の企業は国内の派遣会社との契約ね。だから2段階のピンハネがあります。これ基本です。ご存知?まあ監督官庁には一元化して届けてるでしょうがね。まだあった。現地会社と派遣会社との契約(これは見た話w)も。ならば三段階かな?

 

ミャンマーの例では、現地が「ADC桜エージェンシー」国内が「桜エージェンシー」多分同じ経営下の会社ですね。(聞き取りによる) 

Asukal@奇天烈天才駄犬さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス