ブログは時代遅れ~インスタブーム? | HublessHUB皆がTop of the world!

HublessHUB皆がTop of the world!

EVITA妻と暮らし20有余年、奇天烈語学鬼の凡ゆる壁や檻を打ち破る我が闘争の物語。身近な国際モンダイから日比~途上国関係者の
地位向上イメージアップへの支援と国際連携。魂とココロの開放と宇宙的~ミクロまでの調和と皆が主役の真ミレニアムが(Miriam)女神の願い


テーマ:

今日は夕方から出勤である。コレ間に合うかなぁ~?やはり前回記事から湧き出てきた「お題」である。オーバーペースである。それは読者様の訪問や「お褒めのコトバ」が分散し、勿体ない気がするケチな爺ィの性分による(笑) また今日の朝刊の記事にも「インスタ栄え」が書かれていた。最近では・・かなり以前から、スマホゲームが流行り、他のレジャーや趣味の時間が減少しているようだ。またSNSもある。このアメーバにしても、それらとの連携を打ち出している。この連携は一般論だが両刃の剣である。ブログからSNSへの顧客流出のリスクが大きい。そしてブログは時代遅れとの書き込みも出始めた。どする?アメーバ事務局さん?

 

今回は結論から始めよう。このブログだが、私は個人に開放されたメディアと考えている。午前中の話だが、久しぶりに新聞(紙)の売り込みが来た。それは「朝日新聞」だった。実はここの所の数年は「産経」の購読者だ。両極端なのであるが、辻元さんの鞍替えで、産経に鞍がえた。・・というのは嘘で、面白そうだったから変えてみた。確かに産経はネタの宝庫なのが暫くして理解できた。また産経の記事ならそっち系の書き込みにも、産経を盾にして攻める・・という戦術も程なく開発できた(笑)

 

この前も「ウラジオストク」で一席ぶった(笑)紙面に「東(日本)に攻める」といった内容が書いてあったので、これはロシア極東の「東地区の守り」が正しい意訳だと言ってやったのであった。例えば「ウラジミール・サハロフ」はロシア水爆の父だが、晩年にはアインシュタイン博士らと共に平和活動にも従事された。ウラジミールのミールは「平和」である。なので「ウラジ」は守るである。まさか平和を攻めるとは、誰も言わない(笑)なんでも我が国の脅威とし、それを煽る産経にイチャモンを付けたのであった。

(でも、ウラジミール・プーチンは正直、分からない(爆))

この紙の新聞も危機的である。朝日の販売員は驚くべきオファーをしてきた。内容は書けない!折しも高校野球があり、8月が同社の正念場であった。まあ清美ちゃんもあの民主党から離脱し、再び在るべきところに有るようだし?(最近流動的なので、情勢判断が出来てません、でも民主には戻らないでしょ?)産経はキリの良いところで断り、再び朝日に頼むことにした。

 

それでSNSだが、私はタブレットしか使わないが、それでも使ってるのは「同窓会」と「家族」のみである。どちらも相手の分かった、短文のやり取りである。これがブログだと、不特定の中には身元不明の記事もあり、なんだか分からなくなる気がする。短文記事が積み重なれば、それをワザワザ掘り起こして読む気にもならないだろう。また実際に、あの小さな操作エリアで記事書きは御免なのである。ただ今は「軽薄短小」で短文がトレンドなのだろうか?何かメディア界も劣化しているのかな?寂しいを通り越して危機感が募るのである。

 

私が理想とするのは、新聞メディアに匹敵するようなブログメディアである。更に上には「直接民主制」もある。まあ今~近未来のPC環境なら無理な話では無いと思うのだ。皆がジャーナリストになれば面白くはないだろうか?それとも、時代に取り残された下流老人の呟きに過ぎないのだろうか?

 

未だあった!今は若者中心に「Uチューバー」という市場があるらしい。ウチの息子たちも大好きだ。それかなり当たれば儲かるようで、その誘導のためのブログもある。また当たればデカいので、アクセスを狙った違法な記事も後を絶たない。例えば二輪を立って乗ったり、回る寿司にカメラを載せたり・・まあ捕まってはいるが氷山の一角だろう。人間の総数や財布の紐は限られ、どこかの市場が拡大すれば、縮小する市場も出るのは必然な、今日この頃である。

 

なんか、書けちゃいましたワ~

Asukal@奇天烈天才駄犬さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス