右翼絶滅~力石亡き後のジョー | HublessHUB皆がTop of the world!

HublessHUB皆がTop of the world!

フィリピン妻と暮らして20有余年。身近な国際モンダイや日比
に関わる国際婚活応援を当事者として進めることがテーマです。
また「人間死んだらどうなるのか?」人類最大の疑問にヒント
(仮説)を得、関連の気付きや情報を遺書代りに残しています。


テーマ:

美しい日本の擁護者であったハズの安倍晋三内閣総理大臣。ところが実は、その破壊者であった。前回記事の論考において、それはどうしても避けがたい、衝撃的な回答なのであった。確信犯的に放置された少子化問題。それに伴った人手不足を口実としての移民政策では、少なくとも数世代は要するであろう、国際結婚による外国人の結婚(配偶者)移民に痺れを切らせたのか、それを時短で済まそうとする制度的労働移民の大挙導入。同じく少子化で廃校の危機にあった大学への留学生の補助金付きでの斡旋(比ゆ的表現)などなど・・晋三ちゃんの暴走は止まるところを知らない勢いである。

 

導入で申し上げた件であるが、常識的に考えて、これを阻止する勢力と言えば第一に、美しい日本を何よりも愛し、また国体護持を旗印に掲げる勢力に他ならない筈ではないか?だが昨今の情勢から、それはもう事実上絶滅したのだと宣言*しよう。力石は死んだ。どうするジョー?

 

なにかもう、左右から上下と、記事を書いていたのが随分昔の事のように思えてくる。確かに、今の世代で左右対立、順法闘争や労働争議などを一次情報(体験者)として知っている方は概ね団塊以上の皆さんだろう。これは還暦前後の私から更に10年近くも上の皆さんだ。私たちだって、その体験者ではない、ただ親の世代を生で見ていただけの1.5次情報の保有者である。まあ生で見ていただけ、後述の2次情報よりはマシである。いっぽうコアな有権者といえば40台位が中間値か?まあ40才とすれば、生まれは大体1980年なので、私が卒業前に始めて米国へ一人旅に出た頃である。またその数年後には我が国はバブル景気を迎えた。左右対立など、もう昔語りの世代で、知ってるのも精々2次か3次情報だろう。この人ずての情報ほど、当てにならない情報も無い。まあそれは皆、伝言ゲームで分かっているだろう(笑) まあ左右の話に戻るが、左右の蒸発(=ディスアピアー)と表現された友人が居られた。成る程、上手い表現だと感心した。

 

阿部信者の分析をしたい。思考が止まっている「考えない人」と言った。めんどくさい事は嫌である。また周りを低くして自分を高く見せたいようだ。自分自身を高めるのはシンドイ。まあ先述の「楽を好む」性格と一致する。周囲を低くする方法として一番安易なのは物言わぬ外国人相手だろう。だからヘイトが彼らに向かう。手っ取り早いのは何かの犯罪の類であろう。同様に児童手当の授受や生活保護なども以前読んだ本CHAVSにあった。これも一部には不正もあるが、合法的滞在であれば「法の下での平等」や「みなし国民」の権利でもあろう。皆、個々の生活者であることに変わりはない。もう少しCHAVSから引用すれば、これら不正の数十倍もの金額が、国際規模の多国籍企業による課税逃れで法の網をすり抜けている。こちらに有効な手を打たないとイケナイだろう。悪役レスラーを見逃すレフェリーであってはならない。

 

今は鎖国時代ではない。外国人も世間には多く、犯罪に関わる事は多いし、我々日本人も海外では同じである。そいや、そういう相対思考も彼らは苦手である(笑) 爺ィは浅学にして「特亜」という専門用語は知らない。なんとなく雰囲気のみだが、自称「明日のジョー」でもコノ用語を煩雑に使われて悦に入ってられる方がいる。是非、有識者に教えを請いたい。爺ィからの切なるお願いである。また、この種の人種には追随者である「スネ夫」をよく見る。中には私が命名?したのだが、リトマス試験紙のように寄り添ってる場合もある。

 

現状に満足であるバカは晋三ちゃんのファンなのはともかく、現状に不満足なバカも「ほかにない」という消極的な理由で結果的(消極的)支持に向いている堅い現実がある。恐らくこの層が有権者の多数を占めるのではないだろうか?ここは「ジョー」が志士として立ち、新たな選択肢を示す時期も近いのかも知れない。なお、志士は右翼が絶滅したとはいえ、その遺伝子を受け継ぐ者たちも加える度量の広さも求められるであろう。私はこれを「竜馬タイプ」と命名したい。最後に、私はつい、昨年半ばまでは安倍総理以外にいないと思っていたバカのひとりであった。それは総理が野党転落の時、自ら党首を引き受けた男気を買ったからである。また同時に、社民を辞めて昔なら自民の派閥のひとつに過ぎなかった民主に鞍替えした清美ちゃんに失望した反動もあった。その事も少し懺悔気味に告白する。ただ、幸いなのはこの時期、当事者としてバカの気持ちをシンクロで学ばせて頂いたことである(笑)

 

記事が記事を生む・・まだまだイケそうだ

 

実は爺ィは20数年も前だが、ネットという顔の見えない双方向通信が始まったばかりの頃、モノホンの右翼の皆さんには随分と鍛えて頂いたのである。だから絶滅と知って悲しいのがホンネである。だから拙プロフにおいては、時々、撒き餌をして待っているのである。日本カワウソのように、生き残りの来訪があれば丁重にお持て成ししたいと思っている。そして直接今の時勢についてご高見を伺いたいのである。どうだろう?但し、二次・三次情報の偽物は容赦しない(笑)

 

「特亜」ネトウヨと同時期の用語みたいですね。まあ思ってた通りでした。メルヘンとか、童話もそうでした。シナも近いかな?業界用語でお里が知れるみたい。使ってる方の意図や狙いが理解できません。潜水艦が海中から自分の位置を知らせてなんなんだろう?それとも仲間同士の相互確認? 子供の頃6歳以降?か新聞を隅々まで読んでいたころ、ワカラナイ箇所を飛ばして読み、前後から意味を予想して先に進むのが常でした。習い性って奴です。でもこの能力?英会話等では役に立ちました(笑)

 

*既に宣言済みだと、勝手に思っていました。書き改めました。悲しきアホウドリ、日本カワウソ、日本オオカミ!

 

 

Asukal@キテレツ系「のび太」爺ィさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。