劣化する大学~国民総家畜化を進める安倍政権 | HublessHUB皆がTop of the world!

HublessHUB皆がTop of the world!

フィリピン妻と暮らして20有余年。身近な国際モンダイや日比
に関わる国際婚活応援を当事者として進めることがテーマです。
また「人間死んだらどうなるのか?」人類最大の疑問にヒント
(仮説)を得、関連の気付きや情報を遺書代りに残しています。


テーマ:

ここ暫く、SNS同窓会での話題から、前回紹介したブログ等で進めてきた内容が更に絞り込まれ、その争点が見えてきた。そしてその根拠としては目の前で繰り広げられる社会状況がある。これは前に申し上げた事だが、どうやら「考える人」ではなく「考えない人」が世の中では増殖の一途にある。企業でも劣化が著しく、大学も「気付き」の場から、多くが高校の延長である「学びの場」へとダウンサイジング。カタカナで控え目に書いたが、これはもう大学の名には値しないのでは、と思う爺ィである。

 

前回までのおさらいを少し。教育とは教えて育てる事が基本である。だから先生は生徒に情報という食物を与え、生徒はそれを食べて育つ。特に義務教育はそうだろう。更に高校ではそれが高度化した高等教育となる。では大学はどうかと言えば、確かに講義で教科の指導はあるが、学生に求められるのは自らが課題を見付け、その為に情報を集め、結果を追求する行為であろう。これは言い換えれば、高校までは魚を貰って食べるが、大学では魚の釣り方を学ぶのである。あるいは餌場に連れて行って貰うのが高校までなら、大学では餌場の探し方を学ぶのである。

 

ところが今は、その大学の劣化が見られるようだ。また少子化で多くの大学が定員に満たず、その穴埋めに「留学生」を受け入れている。これもまた「研修」と似たシステムで、更に悪いことに奨学制度があり、留学生には生活保護額を遥かに上回る補助金が交付され、それが一部大学の救済となっている事実が明らかになった。またこの種の大学は資格養成であるとか日本語学習であるとか、およそ大学とはかけ離れた職業訓練校と化していると思われてならないのである。またこれらも行き付くところは「永住」であろうか?折角日本で学んだのだから、それを留めるのが国益に繋がるとでも言うのだろうか?バカもいい加減にして欲しい。根っこの部分、補助金を出して留学生を受け入れる事がモンダイなのであり、学生が集まらない大学は整理・統合すればイイだけの事である。

 

また最近の教育では指導要領の改訂で、探求型の授業を進めるとある。だが教員は探求とは正反対の教育を受けた方々ばかりである。また個人談を言えば子供は探求に火が付けば、自分で勝手に向かうものである。誰の手も借りず、自分で調べて小5の段階でも、化学式から火薬の調合比の計算もできたのである(笑) だから私はコレは冷ややかに見ている。更に深刻なのは道徳。各所の情報を総合すれば「結果ありき」の授業内容みたいだ。道徳そのものの是非は論じないが、その場合でも結果ではなく重視すべきは「過程」であり、結果は問われるべきではない。このあたりの動きも極めて怪しいと思う。そして英語の教科化は、最終目的は思考の英語化だと聞いた。英語を英語で教えるそうだからである。日本語を喋る我々は、日本語で思考する。その思考の英語化は美しき日本のモノノアハレや侘び寂びも同時に消え失せ、虫の音(ね)も雑音と化する。美しき日本の擁護者は実は破壊者であった!

 

思うに、阿部信者に多い特徴は、自分で考える事を捨てた、全部おまかせ・・である(だから信者なんだけど)そして「考えない人」の増殖、大学・社会・組織の劣化。確かに主体的に考え、能動的に行動するのは「しんどい」行いであり、時には孤独も伴う。私は今までを振り返れば、失敗ばかりではあったが、そんなことの繰り返しだったと思うのである。昔の東大の学長の話で「太ったブタより痩せたソクラテス」というのがあったらしい。調べればどうも「満足した豚であるより、不満足な人間であるほうがよい。満足した馬鹿であるより、不満足なソクラテスであるほうがよい」が原文(英語)に近いようだ。ともあれ、各層各種の諸劣化、制度的な労働移民、同留学(移民)、受け身化の大学教育などなど、これらを総合すれば、安倍政権は考える行いを放棄した、国民の総家畜化を狙っているという結論に達しない訳には行かないのであった。

 

最後のトドメ。少子化は国民の人口動態から、そもそも20年以上も前から分かっていたこと。それが一向に有効な手立ても無く、今に至る。そして人不足を口実にした外国人の制度的な労働移民。大学の劣化。結果を押し付ける道徳教育。国民の総家畜化など。もうこれは社会現象を通り越した、我が国解体を狙った確信犯と断定する。

 

なお、留学生の話では、中国人が多いため、批判?が中国人に向かう傾向があるが、それは誤りである。法に基づく措置であり、結果的に多くなったものだ。寧ろ送り出しや受け入れという構造問題として捉えるべき。だから逆に中国批判は安倍派のネガティブキャンペーンである。ここは騙されてはいけない!

 

以下のサイトもご参照頂けると有難いです(^^)

式守にゃん太夫のゆるい裁き 

https://ameblo.jp/niimuu-26/entry-12364106347.html

 

しんどかった~(笑)

 

Asukal@キテレツ系「のび太」爺ィさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。