コップの嵐~少しの居心地の悪さ | HublessHUB皆がTop of the world!

HublessHUB皆がTop of the world!

EVITA妻と暮らし20有余年、奇天烈語学鬼の凡ゆる壁や檻を打ち破る我が闘争の物語。身近な国際モンダイから日比~途上国関係者の
地位向上イメージアップへの支援と国際連携。魂とココロの開放と宇宙的~ミクロまでの調和と皆が主役の真ミレニアムが(Miriam)女神の願い


テーマ:

拙プロフィールにあるように、私はもう昨年に還暦迎えたクソ爺ぃである。気が付けばその人生の半分である30年以上に渡って、一時休止はあったがネットに関わって来た。この期間にその環境はソフト面、ハード面、ユーザー面など、凡ゆるものが激変したのは諸賢の皆さんの知るところである。特にネット通信という環境が立ち上がった時、当然ながら紙媒体しか知らないユーザー達は、試行錯誤で「見えない相手と双方向通信」を始めたのだ。以下はその知られざる?黎明期のエピソードである。

 

初めて買ったPC

初めてPCというものを買ったのは、デスクトップ全盛期の90年代少し前だったと思う。私はある調査法人へ入った直後であったが、そこには情報収集のための当時としては最新機器があった。それらに慣れ、使いこなすためにも、自分でもその真似事くらいはしないマズイと思ったのだ。そこで大阪の電気街、ニホンバシへ向かった。当時はそこで怪しいナリをしたマハポーシャの店員がDOS/Vという、今に繋がる機器を売っていた。彼らがあのオウムだと知ったのはその後だったが、彼らは市場の行く末を見通していた。まあ無難にN社のシステムを選んだ(笑)。当時のクロックは、大衆マシンでは最強の20Mhzであった。アポロ月着陸船の制御が、今ではスマホ一台で足りるのも頷ける。

 

パソ通の開始

当時チラチラ聞いていた「パソコン通信」なるものを始めた。当時の大手はF系のニフティーとN系のPC-VANだった。どちらにも加入して、当時あったフィリピンフォーラムやアジア大好き人間を迷わず選んだのであった(笑) 接続はダイアルアップで、モデムは最新の2400bps.であった。ぴぷパポ・・ツーという奴だ。サッと上がりLOGを落として落ないと電話代が大変なので気を使った。常時接続はまだ10年近く先の話だった。ただ当時は親切なマニアも多く、エアクラフトなど優れたフリーソフトがあった。皆さん名声だけで欲が無かった。

 

で、どちらにもフィーラムでイキナリ自分のフィリピン歴を紹介した。それは簡略に、会社のコンパで行ったスナックで「偽スパニッシュ」のOSPに騙されて、単身でPまで初めて行ったストーリーであった。バカウケした(笑) そして仲間が集まり既に書いたPISというネット団体になった。当時のフォーラムだが、今にも増して、皆フィリピンの些細な知識や経験談を競うような側面も見られた。或いは会話を成立させ、それを発展的にどのようにすれば良いのか?といったネチケットの研究やコンセンサスの形成も進められた。

 

当時を振り返れば、何事も「黎明期」に参加するのは面白かった。ただ当時の争いごとは「コップの嵐」が殆どだった。直ぐに「言った・言わない」という水掛け論や不毛な議論も噴出した。なだめ役、攻め役、守り役などのチームプレイも編み出された時期であった。また水掛け論では超・マニアが最大でも1.4MBしか入らないフロッピーに分けて、全てのLOGを保管した中から手作業で見つけ出してくれたりもした。彼は公務員だったが徹夜作業だったと思う(笑) LAM1名にROM20名というゴキブリホイホイのような格言が囁かれ始めたのも、そんな時分からだった。書いてる人1名に、見てるだけの人20名、もし3名が揉めていたら60名は見物している・・という意味であった。だから何事も無言の聴衆、ギャラリーの存在があった。この無言のギャリーの共感を得んが為の、演出や脚色(サービス)もあった。ただコレも行き過ぎると、キツい御仕置きが待ってたりもした・・(笑) 皆、今よりもズッと真剣で真面目だったと思いますね。新しいメディアに参加してるって意識がありました。明治期の言文一致運動みたく。

 

建設的議論の環境と秘訣

また今と異なり、運営会社からはSYSOPという「行事」や交通整理を行う方が派遣・常駐されていた。揉め事では常にその仲裁や裁定を、公平な立場から行う方であった。また特に初対面では書いたことが全てである。そこから推し量るしか術は無い。大多数を占める揉め事の大半を占めるコップの嵐だが、その予防策は「対面で言えないことは書かない」と、最後に〆となったのは「居心地の悪さを、皆で少しづつ分け合おう」であった。この結論に達したのは、幾多のバトルを経て、フォーラムに参加してから約3年もの後のことだった。居心地の悪さを他人に全部押し付けるような殺伐さを見るに付け、今に繋がる名言であったと思います。

 

 

 

 

老後資金を稼ぐために「ひなた発電所」を購入する人が増えていることを
ご存知ですか?詳しくはこちら

 

 

Asukal@奇天烈天才駄犬さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス