母系拡大家族~オトコは種馬? | HublessHUB皆がTop of the world!

HublessHUB皆がTop of the world!

EVITA妻と暮らし20有余年、奇天烈語学鬼の凡ゆる壁や檻を打ち破る我が闘争の物語。身近な国際モンダイから日比~途上国関係者の
地位向上イメージアップへの支援と国際連携。魂とココロの開放と宇宙的~ミクロまでの調和と皆が主役の真ミレニアムが(Miriam)女神の願い


テーマ:

フィリピンの家族制度で良く言われるのは、我が国のような男子血統主義(傾向)ではなく、母系社会の影が濃いということである。ただ我が国の男系だが、これも鎌倉時代の武家社会からであり、それ以前は母系社会だったと聞いたことがある。それにしてもフィリピンでは女性が家の大黒柱である事も多く、また社会の一線でも活躍が目立つのである。社会もそれに抵抗が無く、シングルマザーに由来する不利や、ジェンダーギャップの少ない点はフィリピンの良い面のひとつであろう。ただオトコの立場から極論?を申せば・・

 

現地の家族に関しては、まだなら昨年11月の記事をご覧頂きたい。私から見て義母~姪の3代に関してのあらましを紹介した。https://ameblo.jp/asukal9204/entry-12327458416.html これである。また古い写真で敢えて不鮮明なのではあるが、義母(故人)とその5人姉妹の画像を紹介したい。

 

多分、彼女たちはフィリピンでは極フツーの家族である。なお上段中央がウチのヨメ(バブイ)である(笑) こうして見れば、父親は違えど、皆母親の影響を受けた顔立ちをしている。先の記事に書いたように、5人姉妹には父親は3名(うち2名は他界)いる。また5名中3名が来日経験がある。全て以前あったOCWというやつだ。家には他に、甥姪など多数。1名除く皆シングルマザーだった時期もあり、今でもそうである者もいる。これは後に続く姪たちの一部も同様である。そういう家族が周りにもいくらでもあり、中には来日してブンテスになり、その娘を育てている母親もいた。

 

我が国でも、若年女性の妊娠という問題が社会問題と化しつつある。特に我が国では、その風当たりは厳しいものがある。多くの女性が、通っていた高校を中退を余儀なくさせられている。フィリピンにおいては在学中の女性がどの様になっているのかは知見が無く、分からないのではあるが、同じような境遇の女性や子供たちも大勢いて、社会もそれを暖かく受け入れているように思われるのである。

 

ウチの姪でもそうだ。先の記事にも紹介したが、私の知る限り、身の回りでは飛び切りの美人である。やはりシングルマザーになった。ただ彼女の、我が国の世間一般の価値観に基づく、ステロタイプな評価を排するため申せば、我が国の女性と比べ特段「緩い」訳ではない。同じ例は我が国でも多くある。ただ現地のオトコは美人がいればケーキに群がるアリのように言い寄ってくる。確率の問題として、その母数が圧倒的に多くなるのである((笑))。そういう中でも姪はその資質と能力を活かし、今は国際線のCAとして、子供たちを留守中はメイドに任せ、その子供たちも同じ境遇な子供たち多数と無邪気に遊んでいる。フィリピンでは一般に、女性の管理職割合は我が国よりも高いと聞いた。その資質や能力に応じた居場所が、女性にも等しく開放された社会であると思われる。

 

私は彼女が昨年暮れ、我が家に滞在中に聞いたのだが、セパレートしたらしかった。理由は「優しくなかった」であった。このココロは、稼ぎが無い、または少なく、ヒモのような存在になった・・からであろう。

 

この姪っ子の、今は伴侶がいるが彼女の母親も、その母親である義母も同様である。シングルマザーの連鎖がある。でも、だからと言ってそれが原因で困窮生活を送ったかといえば、そうではない。姪っ子同様、義母もイロイロと知恵を巡らせ、家族の持てる資産を活かして家族が結束し、その生計を盛り立てて来たのであった。またこの女系家族には、多くバクラ達が引き寄せられ、彼らが何かと世話を焼いてくれたようだ。私が訪問したときも、常に1名や2名はいた。このように、我が家の実家はオンナ達がその主人公だ。オトコはそのタイムラインにおいて、単に時々訪れる種馬*のような存在にしか過ぎないのかも知れない・・と思うのである。

 

オトコなんってさ~♫ 所詮・・種馬さ~ かな?

 

なお、全てがそうだとは限らないのは言うまでもない。特に財閥系とかの富裕層では、ソリア~ノ家など、スパニッシュ男系を頑固に守り続けている家もある。

 

*私はこのフィリピンのあるあるな事実を目にして、図らずも映画「スピーシーズ」❶を連想し、あの哀れな青年と自身とを重ね合わせてみないわけには行かなかった(笑),

 

老後資金を稼ぐために「ひなた発電所」を購入する人が増えていることを
ご存知ですか?詳しくはこちら

 

 

Asukal@奇天烈天才駄犬さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス