”太陽光発電のコスト” | HublessHUB皆がTop of the world!

HublessHUB皆がTop of the world!

EVITA妻と暮らし20有余年、奇天烈語学鬼の凡ゆる壁や檻を打ち破る我が闘争の物語。身近な国際モンダイから日比~途上国関係者の
地位向上イメージアップへの支援と国際連携。魂とココロの開放と宇宙的~ミクロまでの調和と皆が主役の真ミレニアムが(Miriam)女神の願い


テーマ:

以前・・と言ってももう10年近く前の記事である。ちょうど我が家に太陽光発電システムを入れた直後の話である。まあ時系列で10年前の記事をご紹介するが、恐らく言ってることは余り変わらないのである。なお、以下のリブログ記事にあるサイトは今はデッドリンクのようだ。継続は力・・なのである。

特にここでリブログしたのは、パネルの耐久性に関して、それから10年が経過した今でも当時とほぼ同じであることを強調したかった為である。当時と比べ、パネルの価格は半分以下だ。また発電効率は恐らく2割程度は向上しているだろう。また今では中国製パネルが世界市場のトップの座にあり、それらは国内よりも更に三割程度は安そうだ。またこれら中国産パネルも、その製造装置は日本メーカー製であることが多そうである。

 

なお、今は10年前よりも増えたとはいえ、その普及率は10%も無いのではないだろうか?収益用の大型システムがここ数年一気に増えたのだけど・・・。また原発の新設コストも大幅に上昇し、それはもはや割に合わないレベルだ。但し、エネルギー選択の多様性、核技術の保存、発展もまた望ましいとは思うので、これもある程度は残って欲しいとは思います。もんじゅの廃炉も悲しすぎます。

 

それから、10年前、原発数基分と書いたテラソーラだが、今では原発一基分(英国で一兆円以上!)でもお釣りがくる。時代はそれだけ変化している。

2015年8月3日 ... 総務省は、「平成26年全国消費実態調査」のうち、主要耐久消費財の保有状況 について取りまとめた結果を公表した。 太陽光発電・高効率給湯器の普及率が上昇. 2 人以上の世帯の普及率(以下「普及率」)をみると、太陽光発電システムは6.6%で、 前回の平成21年調査(1.6%)より5ポイント上昇した。(参考)

 

 

老後資金を稼ぐために「ひなた発電所」を購入する人が増えていることを
ご存知ですか?詳しくはこちら

Asukal@奇天烈天才駄犬さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス