カンピロバクター食中毒に注意! | HublessHUB皆がTop of the world!

HublessHUB皆がTop of the world!

EVITA妻と暮らし20有余年、奇天烈語学鬼の凡ゆる壁や檻を打ち破る我が闘争の物語。身近な国際モンダイから日比~途上国関係者の
地位向上イメージアップへの支援と国際連携。魂とココロの開放と宇宙的~ミクロまでの調和と皆が主役の真ミレニアムが(Miriam)女神の願い


テーマ:

食中毒と言えば病原性大腸菌O157だとか、ノロとかが度々発生している。これらは重症化したり、施設での集団感染で死者が発生することもあるからだ。そこまでの例は探した限りでは見られなかったが、その発生状況から気を付けたいのがカンピロバクターなる細菌による食中毒である。しかもこれは鶏に多いようだ。鶏はP人の大好物でもある。

 

私の夜勤での勤務先は自宅からチャリンコで5分以内にある某食品工場である。食品工場と言えば食中毒には企業生命も掛かっているのである。だからその情報の周知には余念がなく、従業員皆が通るメイン通路には各種食中毒の情報が常に掲示されてある。以前からO157やノロは各地での事例やその対策が出ていたが、最近気が付いたのがこのカンピロバクターなる細菌による食中毒だ。

 

実は昨年の暮れ前、婚約した次男が彼女と二人で、彼女の両親にそれを頼むため近くの王将に誘った。婚約のお願いが王将というのが彼らしい(笑)と思ったのだけど、実はその翌日から彼と彼女だけが酷い腹痛と下痢、38℃くらいの発熱に悩まされた。実はそこで2人だけが食べたメニューがあり、それがどうも怪しいのであった。二人には保健所へ通報して病院へ行くことを勧めたが、その後特に新聞沙汰にもならなかったので白だったのかも知れない?ただ食中毒の症状に限りなく近いのは、私が昔、ロハス通りの「ニュームサシ」で2人前も平らげた握り寿司で苦しんだ時と同じなので分かったのである。あの時も激しい下痢と吐き気、40℃近い高熱に苦しんだのである。なお握り寿司2人前は、他のP人メンバーが警戒して食べなかったので、それをひとりで食べたためである(笑)まあ、あの時の症状ほどでは無かったので、2,3日で回復するとは思ったが、これが高齢者や子供であれば危険には違いないのである。

 

前フリでほぼ終盤になってしまったが、このカンピロバクターはもう昨年夏あたりから増えているようだ。しかも200個ほどと少ない数でも感染し、主に鶏が保菌していることが多いようだ。その鶏を検査したところ、100%の検体から菌が見つかった事例も報告されている。鶏はフライや鍋など、大きくぶつ切りにして調理する場合が多い。この菌は熱に弱いらしいが、中まで火が通らずにいれば危険である。また鶏はウチのアサワも大好物なので、その調理の機会も多いのである。

 

厚生労働省 カンピロバクター食中毒予防

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000126281.html

 

 

Asukal@奇天烈天才駄犬さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス