ツールとしての外国語 | HublessHUB皆がTop of the world!

HublessHUB皆がTop of the world!

EVITA妻と暮らし20有余年、奇天烈語学鬼の凡ゆる壁や檻を打ち破る我が闘争の物語。身近な国際モンダイから日比~途上国関係者の
地位向上イメージアップへの支援と国際連携。魂とココロの開放と宇宙的~ミクロまでの調和と皆が主役の真ミレニアムが(Miriam)女神の願い


テーマ:

あらゆる場所で言われ尽くした感はあるが、我々日本人ほど学校で長いあいだ英語を勉強した割にはそれがからっきし使えない国民も稀だろう。日本語が通じない外国人とのコミュニケーションの手段が相手の母語である外国語である。また現実問題として、外国語の中でもその汎用性は英語が最も高いと言って良いだろう。但しそれは当該日本人によりけりで、それはスペイン語だったり、タガログ語であったりと、人それぞれではあるが・・。

 

今に始まった話ではないが、英語の検定や資格も花ざかりだ。それは昔なら英検や、今ではTOEICなど、その高得点を上げることがキャリアアップに繋がるらしい。ん?繋がるらしい・・と他人事のように書いたのにはワケがある。最近、アメーバにアクセスすれば「英語が3ヶ月で話せるようになる」という本が送料だけで譲って貰えるそうだ。その本は読んではいないけど、その趣旨には大賛成だ。コトバは上手い下手に関わらず、使ってナンボである。

 

例えば実際のところ、私の勤務先の工場にも例によって外国からの「研修生」と称する外国人労働者が増えた。あるいは在住資格を持つフィリピン人の奥さんのグループもいる。で、中にはリサーチの意味も込めて話しかける場合もある。この場合、英語またはタガログ語が有効だ。研修生は事前に最低限の日本語は教えられて来日するのだか、その語彙は限られているので、日本語で話しかけるとそれがドレだけ理解されたは心細いものである。いっぽう、相手が英語をある程度でも理解できるなら、自分の拙い英語でも話した分は話しただけ、余程しっかり伝わるハズなのである。殊にタガログ語なんかはそうだろう。また英語も今もなおそうだけど、タガログ語であれば職場という公衆の場所においても、会話の関係者以外には同僚にせよ会社にせよ、その内容は分かりようがない・・というメリットもある(^^)

 

また研修生の主力は中国人である。これがミャンマー人なら英語を半数位は理解するが中国人は1割もいないだろう。だから実は中学生の頃に少し覚えた中国語を再びブラシアップさせて、今巷で言われてる彼らのイメージと本音とのギャップ?を知りたいし、出来ればだが、今の中国支配層というのは毛沢東時代から見れば修正主義そのものではないか、しかも毛沢東は今もなお崇拝の対象でさえあるみたいだし、林彪や劉少奇の評判も気になるし・・という中国の歴史問題への初歩的な疑問を投げかけてみたいという思いが募るのである。

基礎英単語をネイティブレベルで使いこなす学習とトレーニングで、あなたの英語を圧倒的に違うレベルに大改造【Nativebuster Pro】

Asukal@奇天烈天才駄犬さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス