HublessHUB皆がTop of the world!

フィリピン妻と暮らして20有余年。身近な国際モンダイや日比
に関わる国際婚活応援を当事者として進めることがテーマです。
また「人間死んだらどうなるのか?」人類最大の疑問にヒント
(仮説)を得、関連の気付きや情報を遺書代りに残しています。



セブパシもプロモより安いことがあるみたいですょ!

フィリピン国際結婚情報局

出会いから成婚~日本入国まで懇切サポート。管理人イチ押しです。

日比+Peru婚活応援掲示板

鍵付きです。参加希望者は管理人へメールかメッセージをください。

ボランティア日本語教室リスト
にっぽんごがくしゅう

Japanese online free study program.See English site.

500に及ぶあの世からの現地報告





PRECAUTION for Asawan Pilipina




テーマ:

かなり前の昔の話だが、割と時間の決まったオフィスワークをしていた頃、そのアフター5から翌朝に掛けて、葬儀屋でアルバイトに励んでいた時期があった。勿論、これは何かと掛かる活動資金を捻出する為であった(笑)最近はソナエをテーマにして記事を書いていて、こういった内幕情報は古い内容だけど、皆さんに僅かでも役に立つかも知れないね~

 

葬祭営業は病院から

今どきは人が亡くなるのはその殆どが我が国の場合病院と相場は決まっている。知ってる方も多いとは思うが、病院で亡くなれば大体地下にある霊安室へ運ばれる。そこで遺族は搬送を待つのであるが大抵は病院が葬儀業者を回してくる。この業者は白衣を着て、一見すると病院関係者に見える場合が多い。また「突然の事」で特に何も用意が無ければ、その成り行きからその葬儀業者に家または葬儀会館への搬送を依頼する場合が多い。そしてその搬送の途中、このたびは・・という挨拶から始まり、その営業トークが開始される。そのため、葬儀業者にとっては病院に出入りするのは最も手っ取り早く、また成約率の高い手法なのである。だから病院へのリベートも大きな総合病院であれば年間で数千万円にも及ぶのであった。またバックリベートはこの業界の常で、病院がダントツで頂点に君臨し、病院>葬儀屋>僧侶?・花屋・仕出し屋・・といった序列が確立されていたのである。但し僧侶はケースバイケースなので?とした。

 

ご注意

ところで営業の仕方は大抵、遺族の方は予め特に決まった業者が無ければ9割方は成約した。そしてそうではない場合はあっさり引き下がるのが業界のマナーであった。なので、決まった業者があれば、最初に病院へはそう伝えた方が良い。病院から廻された業者に搬送された場合、別途に費用が発生してしまう。予め決めていた業者ならコミコミで掛からないのが普通である。

 

アシスタント=足持ち

私は葬儀屋営業のアシスタント、所謂「足持ち」だった。通常、夕方に詰め所へ行くと、そこには営業社員の方がいて、手作りの晩御飯を頂くことも多かった。また営業社員は多くの場合、その請け負った式の司会進行役となった。ところでご飯を頂くとビデオやTVを見て過ごし、仮眠してそのまま朝・・というケースもあった(笑)ただし、忙しいときは休みなしにコールがあって、病院へ何度も出掛けた。

 

最近の傾向

式もやはりコンパクト化が進んでいる。特に最近は「家族葬」が増えている。私自身はだけど、そういったコンパクトな葬儀で充分だ。大きなホールを使わず、葬儀会館の霊安室で済ませたり、直接火葬場で済ます「直葬」というのもある。そういうのも含めれば、チラシを見れば14万円~といったものもある。また死亡届を出し、埋葬許可証を得るのは通常、葬儀社が行うが(サービス一式に含まれる場合が多い)斎場から49日、納骨となる。この場合の墓碑銘なども考えてしまう。どうもあの戒名というのは頂けない。ひとまず、ワタシの場合の話だと断っておきたい。

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

日比国際結婚の特徴として、年の差婚が多くみられるようである。それには色々な要因があると思うけど、それは関係者各位はご存知な事ばかりなので述べない。ただ今述べたいのは一般的に最も多く考えられるケースは、アサワを一人置いて他界する可能性が最も高い・・という一般的事実である。我々としてはこのことに対する何らかのソナエは必要になってくる、少なくともそういう時期は近いのではないだろうか?

 

もう数年ほど前になってしまうけど、関係者仲間のサークルでの話である。当時こちらでの重鎮であったS氏が闘病の末他界された。そしてクリスチャンであった彼の葬儀は市内の教会で執り行われた。彼の奥様はそれ程年は離れていないのだけど、いづれにしてもひとり残されたのである。お子様はいなかった模様だ。永住資格を既に得ていた彼女はその後市内の公団住宅に移り住んだようだけど、サークルのOFMなどにも参加された。私が直に接した最初のケースである。

 

これと同じような話が、読者の方の最近の記事にも見られる。

 

それで思うのは、先立つ可能性の高い我々(日本人男性)として何か出来ることはないのか?ということである。最近の事例から思うに、アサワ当事者そのものが例えば相続であるとか、遺言であるとか、そういう情報も持たず、悲しみに暮れて手をこまねいているウチに他の親族に寄ってたかって丸裸にされてしまわないか?という心配である。例えば民法の相続は私の記憶違いでなければ配偶者が半分、また子供がいれば残りの半分を分け合う。それ以外は法律上は他人であり、誰かが旦那のクルマや預金通帳を持って行ったりすれば、それは立派な泥棒行為となるのである。

 

これらの問題に、現時点で思う対策は「遺言状」であろうか?この遺言状には公正証書を付けるのである。公正証書は公証人役場である。また内容は財産の分与や、またそれを取り仕切る代理人を任命すれば確かかも知れない。今言えるのはその程度だけど、こういった当事者はこれから益々増加するのは間違いないことであろう。今後考えていきたいテーマである。

 

For Philipina who got merry with Japanese in Japan.

Considering inclesing nomber of death of Japanese husband,you will better to talk about this matter with your love one in precaution. 

 

Kay asawan Pilipina sa Hapon,

Alam kayon pagkatapos ng patay ang asawa mo? Ako ay asawan pinay pero nagrerecomend kayo tawag eto sa husband mo. 

 

関係者各位へ、全ての内容を外国語で並記するのはしんどいのである。だから是非、この記事を題材(ネタ)にして奥様と話し合って欲しいのである~

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、色々と見直す機会があり過去記事を開いてみたら、出るワ出るワ(笑)・・以下は10年ほども前の記事のリブログです。ちょっと目敏い方なら資料が古いね?だろうけど、「今書いた」と言っても、多分誰も疑わないだろう・・(笑)

今日書いた記事の後、過去記事でそんなの無かったかなぁ~?と探してみました。今日書いたことと10年前のそれと、全然違うこと書いていたらヤバス~と思いました。なので、この記事を見付けたときは自分への通知表を貰ったような気分になりました。

 

それにしても思い出したょ・・。

 

逃げたアサワとの離婚相談と、旦那から別居したPナとケコーンしたいっていう相談。

 

幸い、同一ババエ(女性)*ではありませんでした。

 

*脚注

この日比に関わる世界はスモールワールドなのです。だから上の件だけでなくフツーに、関わった2つの出来事が利害相反する・・という事態に陥る場合が多々ありますので、これもまたカントリーリスクのひとつだと考えます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本人と外国人とのカップル、国際結婚は日本人のカップルである国内組と比べ、どうしても離婚率は上昇を避けられないものである。それは両者の共通点と相違点をみれば大体容易に分かる事だろう。そのことを今一度、ある方のブログへのコメントをきっかけに考えてみました。

 

やはり第一に挙げられるのはコトバのモンダイ。月並みな話かも知れないが、双方のコミュニケーション障壁が往々にして国内組と比較して大きくならざるを得ない点であるな。お互いの共通語が日本語か相手の母国語か、第三国か?このモンダイへの最良の解決策は、何と言っても双方が互いにその母語を、その程度は二の次だとしても習得することに尽きるだろう。ところがこと日本人男性諸氏に関してだが、それが苦手である場合も多々あるみたいだ。勿論、相手がこちらに合わせてくれるなら結構なことで、実際に奥さんが日本の地域社会に溶け込み、PTAの会長になったり、緑のおばさんとして地域の子供たちの見守り役を果たしてくれている場合もある。語学の習得は得手不得手もあるものだ。であるならば、望ましくは初期の時点で相手をおよそ見極めたいものだ。

 

この個人の見極めは相手個人だけでなく、その両親、家族親戚等も含まれる。フィリピンといった大家族制の国であればなお更だ。ただそこでも、相手の話す母語の片言だけでも理解できないのは大きなハンディにはなるだろう。将を射んとすれば馬を射ろという言葉があるが、まづ家族を身近に引き寄せる・・というのも有効なのである。その際は現地語は大きな助けになるのである。但し使い方には注意がいる。ベテランとして警戒されるケースも無きにしも非ずだ。ただ自分自身で振り返れば、最初から見極めるのは難しいかも?私だって今の妻は初めてプライベートでデートした時に直感的に閃いたことだったのである(笑)

 

またこの現地語或いは共通語の習得は、それを拡大解釈して一般化すれば能動的に相手に近づく努力をするということだろう。何事も一方通行ではなり難しなのである。この能動的に・・という件は何もコトバだけに留まらないのである。相手への子細な気遣いだってそうだろう。言葉の点で歩み寄れなくても、気遣いで補うのも可能だろうし、相手の国を好きになるということもあるだろう。ただ好き嫌いは個人のことだし、まず相手が好きだという感情が優先されるのは言うまでもない。また自立した個人としての自分磨きもある。まあこれは結婚全般でもそうだろうが、国際結婚ではそれが更に先鋭化するかも知れないね。それと海外離婚組の特徴として、それを度々繰り返すリピーターの存在もある。一回でも離婚すれば、二回目は続いていてもその個人確率は50%に低下し、これが4回であれば20%に押し下げてしまうのである(笑)ちなみにこの二回目というのは私自身のことである(爆)・・・だから今チャンと暮らしている当事者の皆さんには自信を持って欲しいのである。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

関係者の皆様こんばんわ。最近の諸々の事情や成り行きから?

Asukalの天の邪鬼ブログ改め、

      

HublessHUB皆がTop of the world!

 

と改名することと致しました。そのイメージとしては丸い地球があるとして、

あちこちに情報をシェアできる仲間がいて・・

 

皆がその中心

 

HUBはないけれど、皆がHUBなんだよ~といったイメージです。

 

目指したいビジョンは、出来るだけ質の高い情報を相互にシェアし、それを必要とする関係者に提供。ひいては関係国や関係者各位および全体のイメージアップにも繋げていきたい・・という願いからです。20世紀は規約や定款、役員がいるピラミッド型の組織でしたが、今はもう緩やかな横の連携によるHubless(中心が無い)それでいて皆がHUB(中心)それが今の私たちのいるネット世界なのだと。もちろん、ネットは現実の延長、現実生活のツールって考えです。念のため。

 

まあ、そんなコンセプトで・・(笑)

 

皆様方のご指導、ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

次男が私立の高等学校から、通信制の高等学校(普通科)へ転校・・という進路を選択した際、彼が約束したのは「絶対残り2年で進級、卒業する」ということであった。当時の私としては高校の1年でリタイア、それでも通信制なら卒業できるなんてアリかなぁ~?と半信半疑な気持ちが拭えなかった。またその選択が安易な選択にも思えたものである。

 

次男の選択した通信制の高校は、本部は東京の郊外、田舎の廃校になった小学校のようであった。それは昔よくあった木造の校舎で、映画「学校の怪談」に出てくるような校舎だ。但し、次男が年間数日のスクーリングに出掛けた校舎は名古屋市内のビル、そして3年に上がってからは大阪市内に新しくできた同じ名前の○○大阪高校だった。通信制の場合、例えば生徒が2000名いるとしても、スクーリングは例えば一回100名で済み、要求される校舎や施設は100人分で済むみたいだ。私見ではあるが、だから通常の高校よりもその維持・運営コストは安く済み、その分学費も比較的安いのだろう。また幸い、普通科の「高等学校」であるので、公的な学費のサポート殊に大阪府在住の場合は一部を除き、それは全て免除して頂けた。ありがたい事であった。

 

また普段の勉強には一通りの教科書とCDが一式送られてきた。これらを学習してサイト上で見極めの試験を受ければ良い。当然、個人や保護者にはマイページがあり、そこから逐次進捗の確認ができたし、それが通常のペース通りでなければ書面だけでなく、担任の先生から親や本人に電話やメール他で連絡が入った。また教科書やCDの内容はサイト上にも設けられており、働きながらでも合間にタブレットやモバイルで学習するのも可能だった。で、リアルの学校へ登校したのは夏休みのスクーリングと、年度末にある進級テストと卒業テストの数日だけだった。テストは支給されたタブレットを使い受けるようであった。ペーパーレスである。

 

学生の中には当然、次男のようなリタイヤ組だけでなく、大検なら必要な教科をパスして、志望大学の入試教科に特化して選択し、能率良く高校卒業と大学受験の資格を得た強者もいたようである。或いは美容師や看護師・モデルの卵など、働きながら各自の夢を追求する学生もいた。ただウチの息子たちは多数派の「とにかく卒業したい組」だったのだが、それは人それぞれであろう・・(苦笑)

 

改めて末っ子の3男だが、彼は次男が3年に上がったとき同じ高校へ入学した。だから中学を通して願書と内申書を学校へ出した。なお次男の時は在籍していた高校から、進級と成績証明を出した。またこの高校へ進学する前、近くの通信制の別の高校へも進路相談へ行った。そこは電車でひと駅と専用バスを使い、通信制・単位制とはいえ普通の高校とほぼ変わらない生活を求められた。次男の進学を見た末っ子にとっては、その選択結果は明白だったようである。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

約10年前に遡る情報ですが、ご参考にアップします。当時の入管法改正での当事者各位への注意喚起です。それは初入国時の指紋押捺から始まり、入国ビザ申請時の提出書類の便宜的ものも含む「虚偽記載」への在住資格の取り消しを含む審査の厳格化や罰則の強化を含みます。

今回聞き及んだ夫と死別したフィリピン人配偶者の場合でも、今までは夫のサポートが有形または無形にあったところ、それを失う訳であり、また法規の厳正適用がその法改正の趣旨である以上、在留する資格を失ったと看做された場合は国外退去へと向かわされる可能性が否が応でも増大します。そのため関係者各位および今後日比や他国籍のパートナーを本邦へ招聘されようとする皆さんへ、この古い情報ではありますが、改めて周知して頂きたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

国際結婚の場合、国内と比較すると年の差婚も多い。その結果往々にして起こるのが外国人配偶者が日本人配偶者に先立たれるケースだ。以下はMalさんの投稿だけど、ここには当事者に起こり得る一般的な問題が多く含まれている。Malさん、リブログの承認、有難うございました。

この場合、結婚来日からたったの半年なのが気になる。結婚後初めて得る在住資格は「日本人等の配偶者」だけど、期間は恐らく6カ月なのである。つまりその在住資格の更新(変更)は緊急の要件となる。今までの知る得るケースから、もし子供(実子)がいるのなら子供の養育のための滞在延長・・これは割と聞く話だ。しかし子供がいないとなれば、これは法律の有資格者と良く相談して動いた方が良いだろう。特に来日半年では、その手続きは少し手に余るのではないかと心配である。最悪、オーバーステイとなれば国外退去となる恐れが高いだろう。まだ夫の親がいて、その親も同居を望んでいれば可能性は高い。

 

さらに配偶者との死別では相続もある。以前に聞いた話では、フィリピーナ配偶者(実子あり)がその無知をイイことに、夫の親族から除け者にされたらしい。相続はその発生から3カ月以内なら相続の放棄が可能である。これは負債が資産を上回る場合だが、それを怠ると「単純承認」となりその負債まで背負うことになるからである。


このように、特に有期の在住資格の場合、配偶者に先立たれた外国人には待ったなしにクリアしなければならないモンダイが多くある。以下は法務省のリンクである。

 

外国人のための人権相談(法務省)

http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken21.html

相続放棄や限定承認にための参考サイト(弁護士事務所、任意抽出です)

http://souzokuhouki-with.com/sozokuhoki/

 

また京阪神、中部周辺なら手弁当で話を聞いてくれる専門の先生もいる。公開情報なので、先生の断りなく記載しますが、ご容赦ください~

行政書士 岩  崎  博  明 です。
連絡先 abogadoiwasaki@gmail.com
相談用電話番号=090-3708-8027(ソフトバンク)(電話による相談は通常は無料です、フィリピン関係でお困りのかたは、いつでもお電話ください、年中無休です

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

まだまだ寒い日が続きます。

 

今夜はチキンとバボイ(豚肉)を使った寄せ鍋にしました。いつも薄味加減なので、今夜もまた小皿にトヨ(醤油)を所望されました。トヨやスープをご飯にかけて、食べ方は頑固にフィリピンスタイルです(笑)

 

ビガス(お米)も昨年からはカリフォルニア米です。これやや長粒気味でフィリピン米に近いのです。それでもカリフォルニアでは日本向けに栽培されたそうです。妻のお気に入りです。でも昨年後半から今年に掛けて、数百円ほど高くなりました。でもまだ値段も一番安いです(笑)

 

そいやフィリピンでも高地で栽培された日本人向けのお米があったと思います。向こうでは値段といい、魚沼コシヒカリ並みのステータス米でしょう。 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

先に上げた「英語が3ヶ月で話せるようになる」本はEQ英会話という本らしい。これは今、アメーバでヘビーローテーションで稼働していて、よく来てくれている多くの皆さんのページへ行くと度々表示されるようだ。ただ私もこの英語=外国語=ツール(手段)であり、この手段が目的化することこそ英語、英会話業界の永久鴨と化した多くの日本人の姿に見られると日頃から危惧していたのである。だから読みもしないEQ英会話なのだけど、それを応援したい気持ちになったのだ。

 

このEQ英会話だけど、目次が紹介されていたので抜粋したい。

 

第4章 あなたの英語が通じるようになるコツ・・より

英語が通じないのは、日本語力に問題があった…82

他の下りとも関係するが、日本語が充分に話せなければ英語はそれ以上に話せないのは当然である。例えば実用英語にしても、日本語でのプレゼンが出来なくて、英語のそれが出来るとは思えないのである。同じく、日本でババエ(女性)を口説けなくて、外国で普通の女性を口説くのはもっと難しいだろう?

曖昧な日本語のままでは通じない…85

日本語は如何様にも解釈できる曖昧さが特徴のひとつだが、英語はその点厳密である。だから曖昧な日本語を英語にする際は、日本語の持つ(言外の)本質まで表に出した、突き詰めた表現を要求される事も少なくないであろう。だが普段、日本語を突き詰めて読む機会は少なく、その際には随分戸惑うものである。主語などがその最たる例で、タガログ語は英語と日本語の中間のようなイメージだね(^^;)

知識のないことは英語にもならない…86

日本語力の問題とカブるけど、知識が無くては英語の仕様が無い。そういう意味では義務教育や高等教育も有難いのである。また学校英語だって使い方次第で役に立つようにはなるものだ。反面、今進められている小学校の英語教科化だけど、そんな知識や国語能力も浅い時期に英語を新たな教科とするのは如何なものであろうか?寧ろ国語力や歴史、文化、算数(数学)科学技術など、先に教えることが幾らでもあるだろうに・・と思ってしまうのだ。

英語で考えて英語を話すのはあきらめなさい…94

次章では反対のこと?を言っているので私にはイマイチ分り難い部分だ。少なくとも吹き替えなし、字幕なしの映画や、妻との会話であればいちいち和訳して考えたりはしない。多分、もっと複雑なシチュエーションの話だろうね。

 

第5章 英語を聞きとれるようになるコツ・・より

「英語脳」をつくれば、すらすら聞き取れるようになる!…116

でしょ?私の英語やタガログ語は、精々家庭内会話や友人・親戚身内の世界であり、ビジネスとしてお金を頂くようなレベルでは決して無い(笑)まあそういう範囲の英語脳で良ければ、ある方が話は早いだろう。

ネイティブも全部の英語を聞きとれているわけではない…128

私だって、日本人の同僚の話など、全然聞いていない場合が多々ある(笑)多分、大抵は2割くらい聞いていないし、日本語が日本語に聞こえないで音のように流れる場合だってあるものだ。またその場合は前後からテキトーに判断して、相槌を打ったり、話を続けて大抵誤魔化して事のなきを得るのである。立場を変えれば同じこと・・なのである。

 

読まないで 読んだ気になる 英会話

おそまつさまでした~m(__)m

 

基礎英単語をネイティブレベルで使いこなす学習とトレーニングで、あなたの英語を圧倒的に違うレベルに大改造【Nativebuster Pro】
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。