チャンスの神様、前髪しかないってよ。 | 元局アナが教える、人生をかえる話し方☆一言で聴衆をファンにする『アクトレス・スピーチ』

元局アナが教える、人生をかえる話し方☆一言で聴衆をファンにする『アクトレス・スピーチ』

話し方を変えれば、日常に起こることが変化し、
日常に起こることが変化すれば、人生が変わる。

『アクトレス・スピーチ」は、
あなたの未来を変えてくれるのです。

返事(レス)のスピードが速いと
仕事ができる、って言う噂。

よく聞くと思います。




 

仕事ができるかは
わからないけれど

(アピールポイントとしては抜群だと思うけれど)

 返信が速いだけで
明らかにチャンスは増えると思う。



わたしのいた
アナウンサーの世界は特殊で、


枠が一つしかないところを
みんな取り合ってた。


番組のキャスターに選ばれるの一人、
司会に選ばれるのも、一人。



たった1人に選ばれないと、

どれだけ競っていても
2番手だと意味がないんです。



しかも、優秀な人も
恐ろしいくらい、たくさんいる。

それだけじゃなくて、

その仕事に人生かけている人も、
たくさんいたんです。



だから、


「ここ空いてる?」
「この仕事できる?」に対して


早く返事を返さないと

次の人に行ったら
一環の終わり、だったんです。





待っててくれるほど、
のんびりな世界じゃなかったし。


「あ、それね、
もう決まっちゃった!」



そんなふうに一度決まると
次のチャンスはその仕事では
なかなかやってこない、、、



チャンスを掴むこと自体、
難しい世界ですしね😭



だから、

そのチャンスが来た時のために
準備しておくしか、
ないんです。





その危機感が
当たり前でいるからなのか、



最近、

スケジュール確認や
書類提出のメールに
なかなか返していないのを知ると


自信があるなぁ、と思う一方、

仕事をお願いするときには、
なんとなく不安を感じてしまうのです。



そうなると、


レスが速い人に
仕事が集まるのは当然の話なのだろうと、
思うのですよね、、、




チャンスが集まる人って
才能がある、ないの手前で
こう言うことの積み重ね、なんだろうな、と。



いつまでに返して間に合いますか?
と聞くくらいはできる気がするし、ね。



実力があれば、

チャンスの神様は、
たくさん目の前を
通り過ぎてくれるかもしれないし、


すごい人だ!ってわかったら、

神様だって、二度見して、
戻ってきてくれる可能性もあるかもしれない、



でも、

もし、それがないのなら、
できることを一つずつ、
やっていくしかないんじゃないかな、と。




わたし自身もここをもう一度、
大切に。


image