言えないことは、負けですか? | 元局アナが教える、人生をかえる話し方☆一言で聴衆をファンにする『アクトレス・スピーチ』

元局アナが教える、人生をかえる話し方☆一言で聴衆をファンにする『アクトレス・スピーチ』

話し方を変えれば、日常に起こることが変化し、
日常に起こることが変化すれば、人生が変わる。

『アクトレス・スピーチ」は、
あなたの未来を変えてくれるのです。

言えたら勝ち、

言えなかったら負け、

という思考から
早く抜け出したら楽なのに、

と本当に思う。






なんでそんな風に言っちゃうかな??
って場面をよく見かける。


あまのじゃくなわけじゃなくて

ただの伝え下手ね。



うまく
お願いしたらやってくれるのに、
 
「なんでやってくれないの?」

っていってしまったり、


別案を提示しながら断れば
次に繋がるかもしれないのに


「これは、できません!!」

っていったり。


もったいない人って多すぎる。




冷静になったらきっとわかるのに
なんでそうなっちゃうのか


って考えた時に
おそらく2つで。



言う、言わないが、
ゴールになっているからか、
(今すぐ言いたい的なね)


感情が言葉となって先に出てしまうから


なのかな、と思うのです。



でも、言葉って
 
あくまで手段で


言ったら勝ちだし
我慢すると私が損する、と言うものではなく



得たい結果を得るための
アイテムみたいなものなんです。







しかも、
気持ちよくやってもらうこともできるし

お願いの仕方次第で
感謝されることもある。


応援されちゃうことだってある。




うまく使えれば
ドラえもんのアイテム以上ばりに

いや、きっとそれ以上に

周りに起こる出来事を
変えられるんですよね。





だから、


なにを伝えるか、ではなく
どう伝えるか。


思いのままに発することが
かならずしも、
いい結果になるとはかぎらない。



言えなかったから悔しい、と
悶々とするんじゃなくて


結果を得るために、

言わない選択をした、と思ったら
楽になれるんじゃないのかな、と思うんです。