2017 GPツーリング全日本選手権

テーマ:

ことしも行ってきました、

 

GPツーリング全日本選手権!!!!!!

 

残念なことに、全エントリー数は昨年より

 

減少していました・・・・汗

 

それでも、サーパントユーザーの名前が

 

エントリーリスト上でもあちこちに見られるという

 

嬉しい状況。

 

ただ、3人の方が様々な事情で欠席されてしまいました・・・

 

そんな状況でしたが、今年のGPツーリング全日本選手権は

 

開催されました!!!!

ワークス勢がひしめくオープンクラスは11名。

 

一般選手が参加のスポーククラスは19名。

 

開催会場は昨年に引き続き長野県の

 

ホビーショップとみおかさんが運営する

 

2 in 1サーキットビックリマークビックリマークビックリマーク

 
 

 

この選手権にサーパントを駆るドライバーとして参加した

 

選手を紹介します。

 

まずは、関西のPGTCでお馴染みの原田選手。

 

そして、地元を中心に活躍する本房選手

 

同じく、地元で活躍の木下選手

木下選手は実車のレーシングドライバーです。

 

ウィキペディアをみると、GT300クラス優勝など

 

ものすごい経歴の持ち主ということ判ります。 

 

その木下選手が選択したマシンがサーパント748WCです!

 

レーシングドライバーの目からしても、748の性能、耐久性は

 

抜群とのことです!

 

ボディには木下選手プロヂュースの実車チューニングパーツブランドの

 

G-Maxロゴをカッコよく配していました!

 

そして、関東からは2名のサーパントドライバーが参加です。

 

スポーツクラスに参加の阪井選手

 

スポーツクラス予選ではサーパントユーザーの中で

 

最上位の5番手をマークしました。

 

そして、最後はマシンを新しくサーパントへスイッチし、

 

プライベーターながらもオープンクラスに参加の

 

溝脇拓真選手です!

 

 

以上、5名がサーパントマシンで今年の選手権を

 

戦いました!

 

アスカクリエートとしては、パーツサポートとして

 

ブースを出展し、参加選手をバックアップ!

 

 

レース結果はすでにJMRCAのサイトで発表されているように

 

スポーツクラスグランドファイナルに

 

阪井選手、 原田選手 本房選手が進出しました!

 

 

そして阪井選手が5位、 原田選手が6位、

 

本房選手が7位でゴールしました!

 

そして、注目のオープンクラス決勝は

 

高畑選手がレースをリードする形で始まり、5番グリッドスタートの

 

溝脇選手も早々に4番手に順位をあげ、トップ集団を追走。

 

その後、3位に順位を上げレース時間も残り10分を切るあたりで

 

エンジンに不調の兆しが・・・・

 

なんとか3番手を死守するものの、ゴールタイム直前に後続の選手に

 

抜かれて4位となり、ゴール。

 

マシンも、ドライブも絶好調で、表彰台も目前だっただけに、

 

非常に悔やまれる結果となってしました。

 

 

しかし、ワークス勢相手に、完全プライベータ―で

 

あそこまで戦えることはかなりすごい選手です!!!!

 

 

 

最後はみんなでいつもの記念撮影をパチリビックリマーク

 

 

 

 

こちらは参加選手のマシン。

 

参加された選手のみなさん、お疲れ様でした!

 

来年もよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD