奈良市のスポーツ障害専門のフィジカルトレーナー野島竜一のブログ

奈良市のスポーツ障害専門のフィジカルトレーナー野島竜一のブログ

スポーツ障害から現場復帰へのリハビリトレーニング、競技力向上のトレーニングをパーソナルにておこなっております。

トレーニングに関連する話題や身体の事について記載します。
NEW !
テーマ:

奈良市のあすか鍼灸整骨院、

ジュニアトレーニングスタジオの

asukaジュニアトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。

 


 

今日も朝からジュニアトレーニングの勉強会。

ジュニアトレーニングでは競技の前に、運動機能を

いかに高める為の感覚を覚えて頂く必要があります。

当クラブではトレーナーがまず子供の心理を掴む所から練習していくことが

重要だと考えております。大人の感覚ではなく、子供の感覚にいかに近づけれるかが

大切だと。

 

 


 

今日の投稿は

テニス、バトミントンでの肘の痛みについてです。

 

肘の痛みには大きく内側と外側に痛みがおこります。

両方痛むケースはほとんど無く、どちらかに痛みが出現するケースが少なく

ありません。

.

肘の痛みはほとんどが手首のリストを使い過ぎた原因にあります。

肘の場合、その上下の関節の手首、肩に問題があるケースがあります。

しかし、テニス、バトミントンではいわゆる手打ちと言われる

肘から下の部分でショットを打つ選手が少なくありません。

機能的には、肩の関節を上手く使う必要があります。

肘の痛みはいかに肩関節を機能的に使えるかが鍵になります。

肘を回旋することは現実的には出来ない為に、動き方を改善することが

早期に肘の痛みを解消することに繋がります。

 

 


肘の痛みをとる為にも脱力運動をお薦めします。

 

肘関節は基本的には先ほども述べましたが、回旋することは出来ません。

その為この関節は脱力してあまり力を入れないで置く事が望ましいと思われます。

img_0360

写真①のように、腕を振りかぶる時に、肘から下の部分を脱力することで、

腕は軽く前方に振ることが可能です。

pixta_25766047_m

水泳での自由形でも同じことが言えます。水上では肘から下が脱力して

泳いでいることがわかります。

このように競技全般を通じて、肘に力を入れる時は肘を伸ばして何かを

支える時が最も重要な動作だと思われます。

これはテニス、バトミントンでも同じことが言えます。

野球肘、テニス肘と言われる整形疾患の肘の外傷は、

肘の脱力運動を普段の動作から行うことで痛みは改善出来ます

是非、脱力運動をお薦めします。

 


 

肘の痛み、肘の違和感がなかなか改善出来ない選手、親御様、

気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaジュニアトレーニングクラブ

トレーナー野島

 

 

 


テーマ:

奈良市のスポーツ障害専門の

あすか鍼灸整骨院、

ダイエット専門スタジオの

ボディメイキングスタジオasukaの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。

 


 

12月も中盤に差し掛かりました、

奈良では17日におん祭りがあります。

これで奈良の今年の行事も終わりですね。

今年はクロスフィットスタジオを開始し、

クライントの方にも喜んでトレーニングを行ってもらっております。

来年に向けて更なるトレーニング計画を現在計画中です。

正式に決定しましたら、ブログでお伝えしたいと思います。

 


今日の投稿は

小学生のオスグッド病は股関節の機能を向上することで改善出来ます。

 

小学生の高学年の5年生~中学生にかけて多いオスグッド病は

膝のお皿の下あたりに痛みがある膝の整形疾患です。

初期症状としましては、膝のお皿の下部が痛い、しゃがむと痛い、

などがあります。

その後、膝の下の脛骨部分が盛り上がり腫れてきます。

痛みは歩行ではありませんが、しゃがむ、走るなどの動作では現れます。

重症化すると、片足だけでなく、両足に痛みが現れます。

また膝下の脛骨部分が腫れる為に、見た目にも腫れているのがわかるように

なります。

 

オスグッド病は一度発症すると痛みは引いたり、現れたりを繰り返し

なかなか完治に至るまでに時間がかかります。オスグッドのサポーターもありますが、

根本的な解決には至らず、高校生くらいまで痛みを引きずるケースもあります。

 

この大きな原因は特に陸上などの競技で硬いタータンやコンクリートでの練習で

股関節ではなく、膝を使った走り方に問題があります。

バレーボールやバスケットボールのような硬い床でもジャンプ後の着地で膝中心に

行うことで負担が膝のお皿にある膝蓋靭帯に過度なストレスをかけることで

おこります。

 


 

股関節を使うことで痛みは無くなります。

 

関節の痛みは基本直接的な外傷以外は、その関節の前後に問題があると

言われています。(joint by joint) という考え方があります。

関節の痛みはその前後に問題がある為に本来、動かすべき関節ではない関節を

使うことで様々な整形疾患になります。

 

膝の場合には前後となりますと、股関節と足関節になります。

足関節の可動範囲が狭いと膝を前に出して着地をすることになります。

また、股関節を使わないと、これも同様で膝が前方に飛び出す動作になります。

この動作が毎日何十回も何百回も続くことで関節は悲鳴をあげ痛みや腫れに

なるのです。

正しい動作での動きでは痛みが出たりすることはありません。

オスグッド病は子供さんの現代病といっても過言ではありません。

しゃがむという動作が日常的に椅子の為に股関節周辺の筋を活動的になることが

すくなくなっています。その為に股関節を使えないお子様が増えている傾向にあります。

 

完全にしゃがむ動作がなくなることで足首を曲げることも減少しています。

幼い幼少期にはしゃがんで立つことを出来ていたのに、

椅子での生活が長く続く事で完全にしゃがむことが出来ないようになります。

スクワットと言われる動作を再度行うことが重要になります。

image1-10

写真①

上記のような完全にしゃがむ動作を膝ではなく、股関節の可動性と足首の可動性を使い行う

練習が必要になります。この動作は股関節を優位に動かすとオスぐッドのお子様でも膝の痛みがなく

行うことが出来ます。

 

スクワット動作を習得することで膝ではなく、股関節優位な動作を習得することが完全に

オスグッド病を無くすには不可欠だと思われます。

痛み止めや、サポーターは一過性の効果はあると思われますが、完治に至ることは難しいのが

現状です。欧米では痛みの除去の為の投薬ではなく、動作改善にあてることが主流になっています。

副作用もない動作改善でオスグッド病は治ります。

 


 

小学生でのオスグッド病でお悩みの親御様、気軽にお問い合わせください

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaジュニアトレーニングクラブ

トレーナー野島

 


テーマ:

奈良市のスポーツ障害専門の

あすか鍼灸整骨院、

パーソナルトレーニングスタジオの

asukaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。

 


 

当院ではスポーツ障害、腰椎のヘルニア、分離症、すべり症、

股関節、膝関節の変形による痛み、肩脱臼、骨折の予後などの

専門リハビリと動作改善、筋膜治療を行っております。

治療とリハビリを同時に開始することで、日常生活への早期復帰、

競技への早期復帰を目指す、奈良県では初めての施設です。

専門トレーナー、施術家が在中しております。

気軽にご相談ください。

 

 


 

今日の投稿は

マラソンでのシンスプリントは走り方のフォームを改善すること解消します。

 

マラソンで足のシンスプリントという障害になるケースは少なくありません。

シンスプリントとは足の下腿部の内側にある筋(後脛骨筋等)の炎症を伴う痛みです。

初期症状は、走行での痛み、圧痛があります。その後歩行などでも痛みが現れ、

重症化すると歩行障害になるケースも少なくありません。

歩行障害になるとギブス固定を行ったりする可能性もあります。

シンスプリントはそれほど重症化する障害の一つでもあります。

マラソンでは長時間、アスファルトを走る為に足への負担は大きなものになります。

このシンプリントを予防するには、足裏の筋の強化も重要ですが、もともとの

走り方を改善することが必要です。

 


 

爪先を挙げて、地面を押す感覚で走ることが重要です。

 

マラソンで走る時に見られるのが、爪先が下がり、踵から着地している

走り方が多くみられます。踵から着地すると、足の真ん中では地面を捉えることが

出来ずに、踵周辺の筋肉を痛める大きな原因になります。

シンスプリントも足の踵周辺から膝の内側に向かった走る筋肉です。

走り方を修正する大きなポイントは、地面を足裏が設置する時に、

足の真ん中で踏むことが重要です。真ん中で踏むことでより、足首周辺への

ストレスは大きく軽減します。マラソンの日本記録を出している大迫選手も

その走り方に近いです。

 

足の真ん中で地面を踏むことで前方への大きな推進力になります。

踵からの設置はどちらかというと、歩行のようなスピードを減速して動く動作の時に

用います。

また爪先が下がることで足の真ん中で踏むことが随時行うことが難しくなります。

爪先を挙げて股関節のお尻の筋で地面を捉える感覚が必要になります。

 


 

走り方を変えることでシンプリントは改善されタイム向上にも。

 

走り方を変えることで、シンプリントを改善することが可能です。

また、地面を足裏の真ん中で捉えることで前方への推進力も向上しタイムの記録を

向上する結果にも繋がります。

動作を改善するには専門の練習と筋力トレーニングも不可欠ですが、

今後の事を考えていくなら足の真ん中で走ることをお薦めします。

シンスプリントは一度発症すると、なかなか痛みが引きにくいのが現状です。

その原因に普段から生活でも足首を使う為に日常生活でも後脛骨筋を使うことを

余儀なくされるためです。ですので重症化した場合、完全にギブス固定を行うケースも

あります。走り方を改善することで痛みはなくなります。

 


 

マラソンでシンスプリントでお悩みの親御様、気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaトレーニングクラブ

トレーナー野島

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス