ゲレロvsサーマン試合予想 | sweet science laboratory

sweet science laboratory

ボクシングの試合などについて主観的に書いてます(´゚д゚`)
みなさんと意見が交わせればと思っているのでご自由にコメントなさってください!
好きなボクサーは、メイウェザー、ダニーガルシア、ドネア、カネロ
主に海外ボクシングを中心に観てます。

忙しい時期もすぎてちょっとホットしている最近(´゚д゚`)

まあ本格的に忙しくなるのはこれからなんですけどね・・・(笑)

さてさて、メイvsパックがいよいよ実現しそうな見通しですね!

早ければスーパーボウルに発表されるなんて話も・・・

それにしてもFight Mayweatherとあれだけ騒いでいた人たちはどこにいったのやら・・・

まあなんにせよ非常に楽しみです!早く決まってほしいですね!!!

今回はツイッターで書いてほしいと言ってもらった記事第一弾!

2月は試合分析の記事が減るので募集したところ色々なご意見をもらいました!

感謝してます(笑)

さてさて第一弾はサーマンvsゲレロですね!

これまた中々に難しい予想ですが、それだけやりがいがありますね!(笑)

(注1:私情は挟んでおりません)

(注2:両者の試合はW級で行われると仮定する。)

(注3:数値での評価は事前に決定しているわけではなく、書いてる瞬間に判断しています。なのであらかじめ合計の数値を知っているということはないです。最後の最後で管理人も合計の数値を知ります。)

(注4:このブログを書く前に両者の直近5試合を見直してから判断しています。ただし、数値自体は適当にだしているわけではなく、試合を見ながらとったメモを参考にして数値をだしています。)

(注5:試合予想とは別にKEY TO VICTORYという管理人の超主観的な意見を入れてます。)






パンチ  (サーマン9 ゲレロ8

サーマンが若干有利だと思われる。

両者純粋なパンチ力、目立った決めパンチなどはないように思われる。
(悪い意味では決してなく、総合的にパンチの種類が豊富であり、上手い)

強いて言うなら両者ストレートが決め手か。

ではなぜパンチ力に差がでるのか。

それは両者の踏み込みのスピードの差。

パンチ力は純粋な力、体のばね、姿勢、握りの強さ等々で決まってくる。

そして何よりも踏み込みの力は偉大である。

パッキャオがなぜあれだけ下の階級からあげてきて数々のKOを量産してきたのか。

それは、単純なビルドアップもあるだろう。

しかし何よりも踏み込みの力が大きいのである。

サーマンとゲレロでは、ここに差があると管理人は感じている。

無論ONE TIMEのあだ名通り、サーマンの方が純粋にパンチ力があると思われる方もいると思う。

それでも、管理人はサーマンにはパンチの脅威がすごいかと言われたら答えはNOである。

それは今まで戦ってきた対戦相手の質も少なからず影響している。

一方ゲレロは数々の質の高い選手と戦ってきた。

また亀海選手との激闘も記憶に新しい。それでもゲレロはKOをできなかった。

ならば互いにパンチ力が純粋にあるかと言われると、管理人の答えはNOなのである。







スピード  (サーマン9 ゲレロ8

ここでもやはりサーマンの方が有利であろう。

パンチ力の項目で述べたように、踏み込みスピードはサーマンの方が速い。

そして、ハンドスピード・フットワーク・ボディーワーク然りどれもサーマンの方が一歩リードしていると思われる。

当日のコンディションにもよるであろうが、ここはサーマンが一歩リードか。





タフネス  (サーマン8 ゲレロ10

タフネスではゲレロ有利。

これは、ゲレロが数々の激闘を繰り広げてきたから。

vs亀海、vsベルト然り。

インファイトでの我慢強さ、そしてタフさはゲレロは非常にある。

一方でサーマンはどうか。

当たり前の話ではあるのだが、あごにパンチをもらうと脳が揺れてダウンの状態に陥る。

サーマンは元々ガードが高い選手ではなく、目で避けるタイプの選手である。

目で避けるタイプの選手は総じてパンチをもらわない傾向にある。

それは、メイウェザー然り、ブローナー然り、リゴンドー然り。

そんな彼らがパンチをまともに喰ったらどうなるのか。

目で避ける=パンチをあまり喰ったことがない=パンチに対する耐性がない

これはサーマンにも当てはまる。

そしてそんな彼らは、一部の例外はいるが、耐久力をあげるためのトレーニングをあまりやらないことが多い(主に首のトレーニング)

耐久力を高めるよりも、反射神経をとがらせるそんなトレーニングの方を重視する傾向がある。

サーマンはまともにパンチを食ってKO負けに近いダウンは経験したことがない。

しかしながら、ダウンを喫しそうになった経験はある。

そんなシーンを見ると彼はタフネスがある!とは言えないであろう。




戦術  (サーマン9 ゲレロ8

ここでは評価が割れるのではないだろうか。

しかし、それでもこの数値を出したのは管理人には次の自論があるからだ。

それは、ボクシングの幅=戦術。

ボクシングの幅が大きければ大きいほど、戦術の質・戦術数は増えていく。

そしてサーマンにはスイッチングがあるというのも大きい。

スイッチングはとてもスムーズであり、前回の試合でもサウスポーのスイッチングしてダウンを取っていた。

ゲレロはどうか。

彼はインファイトもアウトボックスもできる器用なファイターだろう。

しかし、サーマンもまた器用なボクサーであり、それはゲレロより上と言ってもいいのではないだろうか。





フィジカル  (サーマン9 ゲレロ9

フィジカルは両者対等なのではないだろうか。

両者減量が辛いなどの話は聞いたことがない。

そして両者ともにW級がベストウェイトではないであろうか。



メンタル  (サーマン9 ゲレロ10

大舞台を経験しているのは間違いなくゲレロであろう。

特にvsメイウェザーを経験しているのはかなり有利に働くだろう。

サーマンからしたら、これが初めての大舞台といったところか。

大舞台では少なからずとも、経験がものを言う。

もちろん彼は一流のプロであり、緊張などは緩和できるであろう。

しかし、以前の予想記事でも書いた通り、やはりメンタル=トラブルに陥った際の対処。

サーマンは対処できるのか。

もしかしたら抜群の対処力を見せるかも知れないし、そうでないかもしれない。

正直言って未知数である。

だがそれはゲレロにも言えることである。

よって差をつけるならば大舞台の経験数。


コンビネーション  (サーマン9 ゲレロ8

両者コンビネーションは比較的得意のように思われる。

そして互いに得意なパターンは確立しているであろう。

ではなぜ差がつくか。

コンビネーションのパターン数である。



連打  (サーマン9 ゲレロ8

連打では両者どうか。

ゲレロはインファイトでの連打が得意である。

サーマンはアウトボックスでの連打が得意である。

ならば両者が得意な距離で戦う場合はどうか。

当日の試合では、両者ともに距離をとって戦うように思われる。

となると、サーマンの方が有利ではないだろうか。





ディフェンス (サーマン9  ゲレロ7

両者ディフェンスの質が違う。

サーマンは先ほども書いた通り目で避けるタイプの選手。

スウェー然り、ダッキング然り、フットワーク然り。

ゲレロは、目で避けきるのに限界を知っている選手。

総じてパリング、ブロッキングが多い選手である。

ではどちらが真に優れているのか。

どちらのディフェンスにも限界がある。

前者のデメリットは、スタミナ浪費が激しいということ。

後者のデメリットは、ダメージが蓄積しやすいということ。

ディフェンスという点にだけ絞った際、ダメージをいかに受けないかが重要である。

ならば後者の方が劣るのか。



フットワーク  (サーマン9 ゲレロ8

追い足然り、逃げ足然り。

両者ともに得意である。

そして他の所でもフットワークには少し述べた。

差がつくのはなぜ?

アウトボックスの上手さであろう。

いわばバックステップの上手さであり、ロープを背負わない上手さ。



今回は私見の追加項目はなし。



まとめ


89-84でサーマン




「KEY TO VICTORY」

サーマンの場合

アウトボックスをしつつ、所々で連打


ゲレロの場合

あえて距離を詰めてインファイト。



(注6:いつもながら各項目での比較なので数値が上の選手が必ずしも有利とは限らない。)


試合展開を考えた際、距離を詰めればゲレロ、距離をとればサーマンが有利だと思われる。

いかにして両者が距離をどう設定してくるか。

それが今回の試合のキーポイントになってくるのではないだろうか。




とまあ今回はここまでですかね(´゚д゚`)

しかしこの試合、どちらを応援しようか非常に悩む・・・(笑)

サーマンは間違いなく正念場だし、ゲレロはまたトップ戦線に返り咲くには落とせない試合。

難しいですな~(笑)

みなさんはどちらを応援するんですかね(´゚д゚`)?


次回もまた試合予想ですかね?

2月は試合予想とあとは、メイ信者が語るメイウェザーのテクニック分析をやっていこうかなと考えています!

メイのテクニック分析はかなりコア~なやつにするつもりです(需要あんのかな・・・笑)

ということで今回はここまで!

まったね~(´゚д゚`)



P.S いつもながらコメント欄はご自由にどうぞ~

ボクシングに関係することであれば何でも構わないです!

(注:それ以外のコメントは即刻消去します。主にブログの宣伝等)

記事対するコメントやら管理人に対しての質問でもなんでもかまわないですよ~(´゚д゚`)