徒然なるままに打っている | 飛鳥カナ配列 ☆未来の子供たちへの贈り物☆
2007-01-30 16:12:08

徒然なるままに打っている

テーマ:ブログ
今日は、まだ前の340の配列を修正したものの評価打鍵中で
特に発表するものもありません。

そこで、↓の飛鳥スレの761さんの発言を創作評価打鍵のネタにしようと
して打ち始めている今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか?

レスではなくあくまでネタなので、その辺のところ宜しく。

761
>ところで、かつては「RやTよりもBの方が打ちやすいですよ(^^;」
>なんて言ってたけど、Bに中黒とアンパサンドが来ちゃってますね。

ううん、何でアンパンとサンドイッチ、じゃなくて。。。アンパイア。。。
でもなくって!、ampersandなんて、、広辞苑にも出てなくて日本語に
なってないエーゴのカタカナ書き使うんだろ?(゚_。)?

中黒はこっちが前の記事で解説を書いたからいいことにしても。。

white color excemption とか、阿部さんじゃないけど、元の意味も綴りも
知りそうもないのをカタカナで使いたがる、政治家やお役人みたいだ。。

だいたい、書き言葉のやり取りなんだから、&で皆んな分かる。
だったらそれでいいのに。。読みもほとんどの人はアンドだし、
英語だって普通 and って読むんだし。。

761さんはローマ字で打ってるんだろうから。。ampersandはanpasando
っと9打鍵、シフト+6の一打鍵で済むところをご苦労様!

舶来崇拝の昭和でもあるまい。いや、明治かな??
「僕は彼女をラヴしているんだ。」とか、
明治の書生文学を読むとよく書いてある。。

とにかく、今はカタカナ語を使う人がエライとは誰も思う
はずもない、「和」が復権した平成の御代なのだ!

音節で済むのにモーラとか。。

だいたい、英語を話す人が増えて、そういう人は違和感があって
カタカナ語は日本語の時はなるべく使わないという法則がある。

だから、日本語化していないカタカナ語を使いたがるのは英語が
喋れないと宣言してるのと同じなんだけど、分っかんないのかな。。

それに普通、知らない人が多そうな言葉だけど、それでも自分は使い
たいときは、アンパサンド(&のこと)のように書くのが礼儀だし。。

まっ、それは置いておいてっと。。。レスが見えなくなるから再録!

>ところで、かつては「RやTよりもBの方が打ちやすいですよ(^^;」
>なんて言ってたけど、Bに中黒とアンパサンドが来ちゃってますね。

まず「BがRより打ち易い」というより「指に優しい」という意味の私の
発言は「(がQにあった、RBに「カナを置くしかなかった」時の話です。

前後の文脈を無視して、一文だけをそれも自分の言葉で抜き出しても議論
にはなりません。Tなんて遠いキーのことを私は話題にもしていませんし。

しかし、こう書いてもきっと何を言ってるのか分からないからこそ、
ああいう疑問を、よせばいいのに書いてしまう生徒?らしいですから、
解説を試みましょう。

で、カナは言葉のパートになるので、高速打鍵にどうしてもなります。
そして、人差し指や小指を伸ばして打つ位置のキーを含む高速打鍵は
指を痛める原因になります。

飛鳥に慣れてくれば数千~数万?の連接の運指を、名詞の時は助詞
付きで、動詞なら活用付きで指が覚えるものです。

数万は大袈裟ではありません。

私程度でも数千の英語の綴りを指が勝手に打ちます。ですから、今は
もう英語の何十倍も打っている飛鳥の日本語でそうなるのは当然です。

こうなると、打ち易い打ちにくいとは別に、指を痛める危険性をホーム
を外した人差し指や弱い小指領域では考えることが重要になってきます。

いくら始めのうちは速く打てても、指を痛める配列は最悪だからです。

そこで、Rは速く打てるがカナを乗せると指を伸ばして高速打鍵する
ことで腱鞘炎の危険性が高まることを、私は皆さんの代わりに色々な
カナを乗せて人体実験してきたのです。

へoがR逆にあるのは、そういう悪い打ち方でも0.03%のへoなら
三千回に一回の打鍵なので、大丈夫だからです。

Bの表は遠いので、指を伸ばすだけでは届きません。手首を回転させて
打つのが習慣になります。しかし、遠い分、恐らくRに比べて3割とか
余計にキーを打ちに行くのと戻るのに時間が掛かります。

ここに、以前は0.17%の「び」を乗せていました。打鍵時間の
ロスは、0.17X0.3=0.051%になります。

では、一日中キーボードの前で何かを書いていて、遠いBの表に
「び」を乗せることで失われる時間はどのくらいでしょう。

一日中と言っても、内容を考えたり言い回しを考えたりの時間の方が
多いし、推敲で読み直したりどう修正するか考えたりする時間や、
それに実際に飲み食いやトイレで休むことも考える必要があります。

そうなると、高速で打っている細切れの時間をストップウォッチで計測し
たら、純粋に文字を打っている時間の総計は多くても五時間程度でしょう。


そうすると、一日中何かを打っていて遠いB表の「び」が原因で
失われる時間は、5X3600X0.051÷100=9.1秒 となります。

つまり、左人差し指の腱鞘炎を防ぐ為のコストとして、一日中何かを
打っていて「9秒」を、遠いB表の「び」のために費やしたわけです。

一日中の打鍵での腱鞘炎防止のコストとして、9秒は取るに足らない時間です。

これが、例えば出現率が6.26%の「う」をB表に置くと、
6.26X0.3X5X3600÷100=338秒となり、「う」絡みの運指が悪くなることで
生じる時間のロスを考えなくても、五分半以上が無駄に失われることになります。

(それ以前に、弱い左人差し指が悲鳴を上げるのは必至です。私は以前、ウをS表
 に動かしたことがあるのですが、その時は薬指が痛くなったのでやめました。)

一日五分半は結構な時間なので、部屋の掃除とか色々なことができます。
カップ麺を作って速攻で食べるのもできそうです。。(^^;;

しかし、「び」の9秒では何もできません。

(短距離走者には9秒は大変な時間だという、ああ言えば上祐(死語?)族
 は放っておくとして。。)

つまり、乗せるカナの出現率を無視して、ただ、余計に時間
が掛かるから良くないと言うのは、意味がないのです。

元々(ホームなどに比べたら)良くない場所だから、
出現率が一桁も二桁も下のカナを乗せるのですから。

それにより打鍵ができなくなる危険性を予防できる
ことの方が、こういう場合は重要なのです。


それでこの前の弧類の移動によって、左右の小指領域が4個空きました。
だから、もう無理に遠いB表にカナを置く必要が無くなったのです。

B表を使う必要があった、カナを乗せるのを前提にしたときの議論と、
そうでなくなったその後を一緒にして論じるのは無意味です。

遠いB表にあった「び」は、近いV裏に「出世」したのですから。
浮いた一日9秒で何をしよう?(^^;;

> 括弧と中黒のどっちが大事かは比較できないにしても、ゥよりも&が
>大事ってことはないと思うんだけど、どうなんだろ。

どうせ黒丸は括弧と同じでその前後に来るカナとの連接が決まりません。
つまり、速く打とうとしても打てないので、大きく手首を動かしてB表
を打つのになんら問題はありません。

また、黒丸はローマ字ではアンシフトの/、JISカナでも/の小指シフトです。
黒丸は日本語の大切な記号で出現率も結構高いのですからこれは悪くはありません。

ですから、飛鳥でも少し遠いですが、Bの表を与えられて良かったと思っています。

B表は打ち易いというより、指を伸ばしても打てないキーなので、手首が
勝手に動くので、打ちに行ったり戻したりの時間は少々余計に掛かっても
「指を痛めない」という意味で良い場所なのです。

私は、文字を置く位置としてはB表はR表より良い位置だとは書きました。
しかし、B表に括弧を乗せろと言われても、B表は一個しかありません。

四個の括弧をB表に乗せるワケにはいきません。まさか、「だけを
B表に置いて、後の三個は上段に今の通り並べておくのでしょうか?

それとも、今の上段同様、今度は括弧を下段のVBNMの表に並べて、
ギャッとばかり、「ぎゃっ」を禁断のTYUに乗せるのでしょうか。。

よくこちらの文章を読まないで疑問を書くのは簡単です。

下でも書きますが、私は言葉の問題で批判するときは、無意識に対案を
提出します。ですから、疑問を持ったら、対案を書いてみることです。
あそこでは、「括弧は~~にこうやって並べる」のような対案をです。

そうしないと、一つのキーの表に四つの括弧が乗ると言っているのと
等しいことを言ってしまうのです。

しかし、元々あんな読み違いをする人を相手にあの手この手で
説明する方は結構大変なんです。

でも、創作評価打鍵のネタなんだから、我慢我慢。。

もう一度言いますが、RBに何かカナを置かなくてはならないという条件下で
の「RよりBが打ち易い、いや、R表よりB表が」という文章だったんです。

つまり、私がB表のことを論じているときはBの「表」のことを
論じているのです。裏や逆を論じているのでは全くないのです。

裏にある&のことなどは無関係なのですから、こういう粗雑な混同は困ります。

でも、B表のことを書いたついでに、B裏のことも一応書いておきます。
何と言っても、打鍵数を稼ぎたい創作評価打鍵中ですから。

確かに、私は指に優しいのはB表と言っていました。しかし、一方で、
B裏は飛鳥が定義している96個中最悪の場所とも私は考えています。

人差し指が親指の上に大きくのし掛かり、無理矢理人差し指を
伸ばしてBを打つので、とても人差し指の負担が大きいのです。
ですから、ここは「無」にしても良いくらいです。

左の親指と人差し指が大股開きになるゥのあるT裏より、
B裏は指の負担的には更に悪い位置と私は評価しています。

ですから、B裏はこういう文書でも書かない限り、殆どの人は
年に一回使うかどうかの英記号である&を乗せたというわけです。
(殆どの人にとってはゥもそうなのですが。。)

まあ、小指シフトで出る(三段の英字文字段にある)英記号を除くと、
日本人が一般の文章で使う英記号は?!*~%-まででしょう。

ですから、&は余計なんです。明らかに使用が限られます。

これが、英語のように#がnumber と発音され、箇条書きにはNo.はまず使わ
れず、必ず#1#2のように表記されるのなら、Bの裏には#を置きました。
いや、それなら使われないゥをT裏からどかしてそっちに#を置くでしょう。

しかし、日本では#はシャープで音楽の嬰記号という、日本語名
も余り知られていない、マイナーな英記号!でしかありません。

ですから、余ったところに&を取りあえず置いたわけです。

飛鳥は32キーに96個のカナと記号を乗せているのですが、本当は95個で十分
なんです。でも、無駄に空けておくのも何なんで、&を定義したわけです。

B裏は人差し指がねじれる悪い位置です。でも、何ヶ月かに一回
&を打つくらいでは別に問題がありません。
それに、それでも小指シフトの6キーよりは近くて打ち易いですしね。


でも、B裏に何を置くのかは、ユーザーが自分で定義するのがいいと
私は思っています。日本語で使うのはおかしいと思う“ ”を括弧の
代わりに使う人もいることですし。。
%のあるG裏だって、人によっては’を乗せたいかもしれません。


で&ですが、お笑いで、タケシのやっていたB&Bとか、今なら、
てつ&とも(って、こう書くの??)くらいのものでしょう。

考えたら、放送音声のコピー打鍵で、↑みたいに年に何度か&は
使う必要があったのですが、ゥの方は一度もなかったですね。

FMとかで洋楽番組でも打っていれば違うのでしょう。

しかし、そういう一般人が知らないグループやアーチスト名とかは、
一般人の使う言葉と共通点の多いAM放送の音声では出現率が極め
て低くなるものです。

ちょっとゥと&の出現率調べてみます。

2ちゃん ゥ0.015%、&0.05% 教科書0 0 日記ゥ0.001% &0.004%

まともな文字の使い方をする日記では、ゥは√より下の177位でした。

2ちゃんのゥも「ウゥゥゥ」とかのためか、日記の15倍は出ているのですが、
それでも☆とか■とかより下の165位で、本来96個しかない変換無用の場所に
置く価値もゥにはないんですね。

でも、50音?表にあるし他の配列でもあるので、飛鳥でも乗せてますが。。

どっちにしろデータ的にも&の方がゥより数倍多いと、私のコピー打鍵の
結果と一致しています。

あと、&のあるB裏よりは若干打ち易いT裏に出現率の低い方のゥがあるのは、
細かい出現率の差よりァィゥェまでが上段にありォのみが中段にある方が、
三段に渡ってぁぃぅぇぉ がバラバラにあるよりは分かり易く覚えやすいし、
統一性もあるからです。



それは別として、今TVで柳沢発言のことやってます。。

しかし、この人普段慣れない喩え話をするからコケる。

だから、私じゃないけど、ネットとかの読むのも読まないのも
勝手なところで、如何に無意味な喩え話と馬鹿にされようと、
普段から練習しておくのが大切!

急に本番では聞く方もたまらないけど、エライ人はこんな
大問題にもなるんだから。。

大体、喩え話は面白かったり、分かり易かったする為に使うのもの。

「女性は子供を産む装置」とか面白くもない比喩を使っても、反感を生
むだけっていうのが、言う前に分かるのが私のような一般人でも普通。

まして、言葉を使う以外は「何もしない」のが政治家とか指導者とか
いうもの。セメント袋とか重いもの一つ持たなくて良いし、運転すらも
年千万円くらい税金が掛かる運転手がやってくれる。

だからあ。。
唯一の商売道具の「言葉」を素人以下にしか使えないでどうする!
>アフォ政治家ども!


「20歳から50歳の女性は、皆さん大切なお母さん候補生なのですから。。」
とか言えばホノボノして、同じ意味が伝えられるのに。。

道理で、そのままんま じゃなくて東国原だっけ?が知事になる時代だな。
(全国で11軒しかない名字だから、単語登録する価値はあるのか??)

商売道具が言葉メインというのは政治家と共通しているから、
天下りや世襲ではなくて自由競争で上がってきた、少し知的な
お笑い芸人の方が遥かにマシなのは当然か。。

十年後の総理は爆笑の太田か?!。。って、今もそうだけど。。。(^^;;


あっ、あとこれもあったか。。。


767 :名無しさん :2007/01/28(日) 17:10:42 0
「GよりRのほうが打ちやすい」ならば、「ば」もRにあった方がいいじゃないか!
   と思ってやってみたが、どうもそうでもない。

「れば」の場合、「れ」のEに中指がとられるせいなのか、「ば」でRに行きにくいみたいだ。
括弧を打つときはこんなことないのに。不思議だ。


やはり、「れば」がERの表同士となれば!左手全体が上段に上がってしまいます。
そうすると、次に上がった手を戻す必要がありますから、やはり面倒です。

といって、Rの「ば」を手を上にずらさないで人差し指を伸ばすだけで打つと
一日数千字程度の入力でも左人差し指の腱鞘炎が問題になります。

だから、高速打鍵をしようと思ってもできない括弧がいいんです。

あと、これか。。

> ところで、長音符をGにやって、「ば」をWに戻すと、何か問題ある?

問題、大ありです!伊達や酔狂で長音記号を足掛け二世紀、
Wの表に依怙贔屓で置いているわけじゃありません。

飛鳥を元にしてどう自分配列をつくろうと、当人の自由です。
でも、ホームキーやWEIO,.XC辺りのキーは、動かすと物凄く
悪影響が出るはずです。それだけ、飛鳥は精緻にできていますから。

ただ、人の指の差異や打鍵量によりますが、QP@/Z辺りは弄っても
カナの出現率も低く、それ程大きな問題はないと思います。

で、なぜ長音記号がG表に置いてはいけないかの件については。。。

もう、貼りに行かないといけないので答は書きません。

あまり、生徒が疑問を持った段階で、すぐ答えを教えるのは
いいセンセじゃありませんしね。

書き振りからすると、767さんは飛鳥人みたいです。だったら、実際に入れ
替えて、数万打鍵打ってから、ご自分の「指さん」に訊いてみて下さい。
それから自分のアタマで考えると、答えが分かると思います。

ヒントは、長音記号と「ば」の連接の仕方の特徴の違いです。
連接2文字データがあると簡単に違いが見つけられます。

あと、交互打鍵と左のアルペジオも関係しています。

って、ヒントの出しすぎも悪いセンセなんだけど。。。(^^;;


以上、内容は大したことがなく、今までアップした中で一番
内容が薄かったような気がします。力入ってなかったし。。

そこは創作評価打鍵の一部ということで、一つお許しを。。<(_ _)>

ただ、ここまで六千字超打ったでしょうか?結構341候補はいい感じですYo~♪

Rayさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス