2008-09-19 11:55:18

飛鳥最終版&最終記事

テーマ:ブログ

367
.
.配列表の見方
↓の( )内は配列表の各マスの中の位置です。
小(左上)=小指英字シフト、大文字と小文字はshift+Caps Lockで、
英字記号数字の半角全角はIMEの設定で変えられます。

表(左下)=無シフト  逆(右上)=異手親指シフト 裏(右下)=同手親指シフト
詳しい解説は、配列は古いです
FF">.
配列表の見方
↓の( )内は配列表の各マスの中の位置です。
小(左上)=小指英字シフト、大文字と小文字はshift+Caps Lockで、
英字記号数字の半角全角はIMEの設定で変えられます。

表(左下)=無シフト  逆(右上)=異手親指シフト 裏(右下)=同手親指シフト
詳しい解説は、配列は古いですが昔のHP(リンク)、又はこちら(リンクの落語?の下へ。

(下のテキストの破線で挟まれた部分をコピーし飛鳥[21-367].yabなどのファイル名でやまぶきの
 あるフォルダーに保存した後、やまぶきの設定画面でそのファイル名を指定してお使いください。)

やまぶき用配列テキスト 飛鳥[21-367].yab 
------------------------------------------------
[シフト無し]
3,2,1,4,¥,6,7,8,0,5,9,,,.
「,ー,じ,ぴ,%,-,・,と,は,へ,」,無
き,し,う,て,ぎ,ゆ,ん,い,か,た,ほ,後
ひ,ち,に,ぶ,び,ゃ,っ,ょ,ゅ,め,,


[左親指シフト]
{,[,],},゛,無,’,*,¥,/,+,^,|
ぽ,ね,け,ぁ,ぅ,ヴ,ぃ,よ,ふ,!,),_
だ,あ,が,り,ぇ,ず,る,す,ま,で,げ,逃
ぜ,ば,せ,ぱ,ぉ,や,え,、,。,?,/


[右親指シフト]
!,”,#,$,%,&,無,゜,>,<,=,_,無
(,べ,れ,ぺ,&,ぢ,~,そ,こ,ぞ,ご,無
わ,み,な,ら,づ,ぬ,く,の,つ,さ,ろ,後
ぐ,ざ,お,ぷ,*,む,を,ど,も,ぼ,無

[小指シフト]
!,”,#,$,%,&,’,(,),無,=,~,|
Q,W,E,R,T,Y,U,I,O,P,@,{
A,S,D,F,G,H,J,K,L,;,:,}
Z,X,C,V,B,N,M,,,.,/,_

------------------------------------------------


367-123

------------------------------------------------

飛鳥123[21-367].yab (数字標準並べ)

------------------------------------------------
[シフト無し]
1,2,3,4,5,6,7,8,9,0,,,.,¥
「,ー,じ,ぴ,%,-,・,と,は,へ,」,無
き,し,う,て,ぎ,ゆ,ん,い,か,た,ほ,後
ひ,ち,に,ぶ,び,ゃ,っ,ょ,ゅ,め,,


[左親指シフト]
{,[,],},゛,無,’,*,¥,/,+,^,|
ぽ,ね,け,ぁ,ぅ,ヴ,ぃ,よ,ふ,!,),_
だ,あ,が,り,ぇ,ず,る,す,ま,で,げ,逃
ぜ,ば,せ,ぱ,ぉ,や,え,、,。,?,/


[右親指シフト]
!,”,#,$,%,&,無,゜,>,<,=,_,無
(,べ,れ,ぺ,&,ぢ,~,そ,こ,ぞ,ご,無
わ,み,な,ら,づ,ぬ,く,の,つ,さ,ろ,後
ぐ,ざ,お,ぷ,*,む,を,ど,も,ぼ,無

[小指シフト]
!,”,#,$,%,&,’,(,),無,=,~,|
Q,W,E,R,T,Y,U,I,O,P,@,{
A,S,D,F,G,H,J,K,L,;,:,}
Z,X,C,V,B,N,M,,,.,/,_

------------------------------------------------



-----------------------------------------------------------------------
レフティー飛鳥(左利き用飛鳥カナ配列

(ここは上の英字三段の配列を鏡面対象にした画像が来る予定です。でも、画像の切り貼り
する修正法しか今の私にはできないので、十数時間の単純作業が必要になるため今回はパス。
鋏もゴルフクラブも左利き用でないと使えない真性レフティーの方からリクエストがあったら
作ってみようと思っています。リクエストはコメント欄に。
また、やまぶき用ファイルテキスト作りも気を遣う細かい作業が必要で、今回はパスさせて頂きます。)

尚、初心者の方はやまぶきの使用法をyfiさんの書かれたwikiの解説(リンク
の要領で飛鳥を使えるようにして下さい。
飛鳥を常用される場合は、スタートアップフォルダにやまぶきへのショートカットを置いて下さい。


-----------------------------------------------------------------------

下の動画は、古い飛鳥の配列でのyfiさん(リンク)の打鍵の様子です。
速さより、スムーズに打鍵できている様子が分かると思います。

尚、後退・Enter時の右小指の大移動に伴う右手の移動は、機能キーを最下段のキーに
割り付け、親指で操作すると防げます。yfiさんのキーボードはスペースキーが長くて
無理ですが。。 機能キーの配置について詳しくはここ(リンク).

.

.
コメント等について。

なお、飛鳥使用に関しての真面目な質問・感想・ご意見はコメント欄にお書き下さい。
私か(多分)他の親切な飛鳥人が答えてくれるはずです。

また、飛鳥のビジネス化(雑誌等への掲載・書籍化・製品化・またはローマ字のタッチタイプ
から始めて飛鳥・文章作成に便利なワザ等を教える従来になかった「文書入力教室」の開設
運営など、飛鳥と関連した事業をお考えの方もコメント欄でお知らせください。

とまあ、これも生きていたならの話ですが。。。
長期間レスがない場合は私がいないのですから、このブログや下にある
飛鳥スレの私の過去記事を勝手にコピーして、儲けちゃって結構です。。(^^;;

2ちゃんねる: 理想?の日本語入力「飛鳥」配列 過去ログ
1打鍵目 2打鍵目 3打鍵目 4打鍵目(予定)



尚飛鳥スレの目的は、質問等に答えることでの飛鳥理論の文章化・評価打鍵の為のネタ拾い・
更新された配列の発表・更新の理由の記述などでした。
当ブログ同様、配列完成に伴い所期の目的も達成されましたので、新たなスレ立ては致しません。
まあ、他の人が勝手に立てるのは2ちゃんですから止めようがありませんが。。。

 謝辞

最後に、飛鳥には欠かせない「連続シフト」に初めて対応したシェアウェア「姫踊子草」の作者
鈴見咲君高様、フリーウェアの「やまぶき」の作者、邪道タイパー様及びご自分のHP・ブログ
にて飛鳥関連の大量の記事や動画を作成して頂き、公開されてきたyfi様(相沢かえで様)に
心からの謝意を表したいと思います。

この御三方のご協力なしには、今の飛鳥がそれなり数のユーザーを獲得し、
また今のようにネット上で飛鳥が広く知られことはなかったでしょう。
私の至らなさ故に、喩えその知名度の高さが江頭2時50分的なものであってもです。

しかし、悪評と雖も「評判」のうち。
今や「一番嫌いな入力法作者ランキング」で堂々の一位に輝く飛鳥の私!
中身はともかく、この事実にだけは異論を挟む向きはまずないであろう。。。

ブログ更新停止のお知らせ

開設以来三年五ヶ月、毎日数百人の方たちに閲覧頂いて参りました当ブログですが、
2008年9月14日をもって更新を停止いたします。
これは配列の完成に伴うもので、また初めての人がこのページを見易くする目的もあります。

尚、新ブログ開設の折りはこのページにてご案内することと致します。

 それでは皆々様、また会う日まで~逢える~ときまでえぇぇ~~♪。。。古っ!




.
.
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-12 13:51:44

決定版(と自分で言うのも恥かしい。。)飛鳥21世紀-366 公開

テーマ:ブログ
数字段を九年ぶりに更新し、決定版の配列画面・配列テキストを変更しました。
この記事の最後部にその変更の理由などの解説を緑字で記しました。(08/09/12)

yfiさんへのコメントを別記事にしました。(08/09/11)(リンク
.
366-5

.

配列表の見方
↓の( )内は配列表の各マスの中の位置です。
小(左上)=小指英字シフト、大文字と小文字はshift+Caps Lockで、半角全角はIMEの設定で変えられます。
表(左下)=無シフト  逆(右上)=異手親指シフト 裏(右下)=同手親指シフト
詳しい解説は、配列は古いですが昔のHP(リンク)、又はこちら(リンクの落語?の下へ。

(やまぶき用配列テキストはずっと下の青字・紫字の部分にあります。)
尚、黒字部分は08/09/06の記事、青字部分は09/09、茶字部分は09/10の修正/追加分です。
紫字の部分は、数字段を更に改良した09/13の修正分です。


ええと、人間四十日くらい水だけで暮らせるらしく、大方の期待を
裏切って未だしぶとく生きている配列破産者の私ではあります。

で、「電脳日本語論」というAtok関係の本によると、昔のAtokの辞書チームの女子社員の多くは
目出度く寿退社したそうです。しかし、彼女たちは「退職後も、誤変換を見つけてはそれを表に
まとめている自分がいる」のに気付いて苦笑いすることがあるそうです。

彼女たちも、「週72時間労働は当たり前」だったそうですが、飛鳥の初期の三四年は私はそれ
以上やってましたね。専業で蓄えも豊富で生活のことで悩んだりすることもなかったですし。。
何と言っても私しか開発者はいなかったし、通勤時間もゼロでしたからね。土日も無収入では
遊びに行く気にもなれませんから、当然開発に当てますし。。
それに今と違って電気もガスも使い放題だったから、ネットもPCも家でできたし。。

しかし私も彼女たちのようにメシのタネを探すどころか、気がついたら最終版の部分改良を
考えているのは同じです。

まあ、こう言うのが天職ってなもんで、少なくとも親指シフトのカナ並べなんていう一見幼稚に見えて
実は果てしなくヤヤコシイものは、専業でやらない限りいい加減なものしかできないものなんです。
ですから、給料を出すところがない以上、私の無給は仕方ないんですがね。

まああのゴッホだって、昔の女友達が絵一枚買ってくれたのを除いては一生無給の身の上でした。

それでも彼の職業が「画家」だったことに異論を挟む人はいないでしょう。
ですから、私も報酬の有無とは無関係に職業履歴に「親指シフト配列製作業」
と、今度解体工事の補助作業とかに出す履歴書に書けたらいいのですが。。(^^;;

で、流石に一月以上水の他に体に入れなかった(正確には「入れられなかった」ですが。。)
ため、0.1㌧近かった体重が30キロも減って何十年ぶりかにすっかりメタボ体型を脱しました。
でも、最近は椅子から起ち上がると立ちくらみするは、歩いてるとお婆さんに追い越されるはで、
とても肉体労働は出来そうもない体になってしまったのが辛いところです。

しかし、世界中で何千万(何億?)とかダイエットに成功した人はいても、
「配列破産ダイエット」の成功者はσ(^^;)くらいなもんだろうな。。(^^;;
まあ、普通は成功者の何倍もいる失敗者も「配列破産ダイエット」には皆無なわけだが。。


とまあ相も変わらぬ情けない枕はともかく、今回は下の二つの配列画像のように、
左の「ちあけみおばぐざ」を変更しました。(上が修正前、下が修正後)

365
.
366

.

初めてチをXの表に持ってきたのは、やはりホームでも左のS裏は遅いのをX表に移動したものと
比べて分かったからです。ただ、「まち・まちが」等で左シフトの連続は崩れますが、これらの
連接もチ全体の出現率の一割程度なので、単独のチの打ち易さと速さを優先させました。
速さを求めたのは、勿論「ちょう・ちゃ」などの拗音の倍速打鍵をスムーズにするためです。

*前世紀からチをS裏に固定し、他に置くのを試しもしなかった理由

1.まず、チが連綿としてホームのS裏にあった訳です。
これは、ひとえに「2音漢音の2音目(ういんちきつく)はホームキーに置く」
という、前世紀から方針であり、私が定めた飛鳥の「縛り」です。
(うD表・いK表・んJ表・きA表・つL裏・くJ裏/今回X表に来たチが例外となった)

「縛り」というのは、余り何でも動かせると、玉突き的に他も動くことがあります。
ですから、上の七つのカナの上記の規則を定めただけでも、作って評価する配列が
十分の一以下になり、完成まで数十年とか掛かることを避けられます。。

しかし、今回の更新でチに関してだけは私はこの規則を破りました

それには三つの理由があります。
1.チが2音漢音の二音になると言っても、それは一や八くらいのもので、滅多にチで
  終わる2音漢音はないので、無理にホームに入れて規則通りにする必要は薄い。
  またチ自体の出現率も1.25%と、ホームに置かなくてはならないほど高くない。

2.重要なチ絡みの拗音で、実はS裏のチよりX表のチの方が実は「速い」のです。
  これは前世紀からチの位置を変えていなかったので気がつかなかったのだが、
  Sの裏は弱い左手の同指連打だと強く打てない=速く打てない。

  これに対してチがXの表だと、打鍵というのは他の指があるカナを打っている間に
  Xだと左薬指はもうXの位置に動くもので、下段でも表であるXはちっとも遅くない。
  前の打鍵がWSXの場合は若干遅くなるが、WSXの後にX表(つまりチ)が来る
  確率は5%もないので、殆ど問題にならない。

3.「ある・あり・あの・まあ」などアがホームのS裏だと、エレガントな運指になるものが
  多いのに、チがホームのS裏でも、ホーム同士の運指でよくなるものが少ない。

さらに、今までチをS裏に置いてきたのは、裏という理由もありました。
それは、「(まちが)う」とその活用で左シフトの連続が利くことと、
「むら」が右シフトの連続であることと合わせて「まち」も左シフトの連続に
したいという、私の拘りでした。

しかし、町とか間違ってとかは一万字の打っていても一度も出てこないことも多い、大して
重要性のない連接なんです。ですからチのS「裏」は私の詰まらない拘りだったと言えます。


しかし、今回の更新であまり強くない左薬指に「ち1.25%→あ1.39%・け0.96%→ち1.25%」
と計0.43%左薬指の負担を増やしてしまいました。

そこでS逆にいたオ1.00%をC逆にいたミ0.61%と入れ替えることにしました。
これで薬指の負担増は0.04%となり、誤差の範囲内に押さえられました。

また、ミがホームのS逆に来たことで、「みな・みなみ」などはホームの異指打鍵になります。
また、「皆さん・皆様・みんな」など、文書の種類によってはよく使う「みな)絡みの連接が
ホームのみの異指打鍵のエレガントな運指になります。

X表を追い出されたケ0.96%は、前回ア1.39%のいたE裏に行くことになります。
E裏の使用率は0.43%下がり、これでいよいよ「左側は中段と下段の二段で殆どを打つ」
という飛鳥の特長がはっきりしたものになります。

つまり飛鳥は今回の変更で「右では普通の言葉は主に上段中段と左で作り、下段の担
当は句読点・ゃゅょ・っ・ヲなど特殊なものをメインとし、左は主に中段下段を使う」
という、「器用で強い右は三段くまなく使い・不器用で弱い左は中下段を主に使う」
という配列により明確になったのです。

で、これでS裏というホームの裏が空いたので、以前から左のホームに持ってきたかった
アをS裏に置くことが出来ました。
X表のケはE裏に持ってきたので、「だけです。(わ)けです。」の左シフト連続を可能にします。

前にV表にあったバをX裏に持ってきたのは、Vの使用率はやはり減らしたい(Vは指を痛めやすい)
ためと、前の版の解説でも書いたとおり「えば、(れ)ば、」などで左シフトの連続が利くからです。

グザの入れ替えは、やはり「口」のれんだくの「ぐち」が同指連打になっても、今度はX逆表であり、
以前のX逆S裏と違って同一キーのX逆表なので、余り打ち難くありません。
「ぐみ」もX逆S逆の同指連打ですが、シフトの連続が利くので打ち難いことはありません。

勿論「プログラム・ぐらい」などが異指連打になって非常に打ち易くなっています。


「飛鳥カナ配列」やまぶき用配列ファイル
(破線の内側をコピーして配列ファイルとして保存の上ご使用下さい)


やまぶき用配列テキスト  飛鳥[21-366].yab 
------------------------------------------------
[シフト無し]
7,2,1,5,4,6,9,8,0,3,,,.,¥
「,ー,じ,ぴ,%,-,・,と,は,ぶ,」,無
き,し,う,て,ぎ,ゆ,ん,い,か,た,ほ,後
ひ,ち,に,び,へ,ゃ,っ,ょ,ゅ,め,,


[左親指シフト]
{,[,],},゛,無,’,*,¥,/,+,^,|
ぱ,ね,け,ぁ,ぅ,ヴ,ぃ,よ,ふ,!,),_
だ,あ,が,り,ぇ,ず,る,す,ま,で,げ,逃
ぜ,ば,せ,ぽ,ぉ,や,え,、,。,?,/


[右親指シフト]
!,”,#,$,%,&,無,゜,>,<,=,_,無
(,べ,れ,ぺ,&,ぢ,~,そ,こ,ぞ,ご,無
わ,み,な,ら,づ,ぬ,く,の,つ,さ,ろ,後
ぷ,ぐ,お,ざ,*,む,を,ど,も,ぼ,無

[小指シフト]
!,”,#,$,%,&,’,(,),無,=,~,|
Q,W,E,R,T,Y,U,I,O,P,@,{
A,S,D,F,G,H,J,K,L,;,:,}
Z,X,C,V,B,N,M,,,.,/,_

------------------------------------------------

飛鳥123[21-366].yab (数字標準並べ)

------------------------------------------------
[シフト無し]
1,2,3,4,5,6,7,8,9,0,,,¥
「,ー,じ,ぴ,%,-,・,と,は,ぶ,」,無
き,し,う,て,ぎ,ゆ,ん,い,か,た,ほ,後
ひ,ち,に,び,へ,ゃ,っ,ょ,ゅ,め,,


[左親指シフト]
{,[,],},゛,無,’,*,¥,/,+,^,|
ぱ,ね,け,ぁ,ぅ,ヴ,ぃ,よ,ふ,!,),_
だ,あ,が,り,ぇ,ず,る,す,ま,で,げ,逃
ぜ,ば,せ,ぽ,ぉ,や,え,、,。,?,/


[右親指シフト]
!,”,#,$,%,&,無,゜,>,<,=,_,無
(,べ,れ,ぺ,&,ぢ,~,そ,こ,ぞ,ご,無
わ,み,な,ら,づ,ぬ,く,の,つ,さ,ろ,後
ぷ,ぐ,お,ざ,*,む,を,ど,も,ぼ,無

[小指シフト]
!,”,#,$,%,&,’,(,),無,=,~,|
Q,W,E,R,T,Y,U,I,O,P,@,{
A,S,D,F,G,H,J,K,L,;,:,}
Z,X,C,V,B,N,M,,,.,/,_
------------------------------------------------



前回の366はメインの出現率の高いカナは入れ替えたのに、それに付随して動かすべき
マイナーなカナを動かすところまで気が回らなかったので、それを変更します。(08/09/09)
まあ、家にネットどころか電気もない原始生活ですから検証が遅れるのはご容赦の程を。。。

下に、修正前と修正後の画像を載せます。全て0.3%以下中心ののカナの
入れ替えなのでバージョンは変えません。
いくら飛鳥の更新が多いと言っても、無駄にバージョン数を増やす積りはサラサラありませんから。

366
.

366-4


.

まず、0.16%のグをZの逆に持ってきて「ぐち・ぐみ」の薬指連打を解消します。
追い出された0.03%のフoはV逆に移動します。
また、V逆の0.19%のホoはQ裏に移動し、0.10%のハoを人差し指がクロスして
指を痛めやすいV裏に持ってきて、ここの使用を半分以下にします。
これで、大量打鍵で左人差し指を痛めるVの使用を更に減らせます。

左小指の使用が少々増えますが、Q裏は6年くらいは0.34%のザを置いていたところであり、
また、今までこれだけ大量打鍵しても左小指が痛くなったことはないので問題はありません。
16%以上とかの使用率があるAを使うローマ字と違って、飛鳥のAの使用は5%以下と知れてますから。

バもZ裏に移動させ、「一番・千葉」での薬指の連打を防ぎ、ゼをX裏に移動させます。
これで、アのS移動で使用率の増えた弱い左薬指の負担が0.3%ほど軽減できます。

今回の変更で全て0.1%以下の「パピプペ」の半濁音が、指を痛め易い左人差し指伸びの位置に行きました。
左のQの裏に行った「ポ」も小指が伸びる位置ですから、半濁音の規則性もかなり増したと言えます。
同様に「ぁぅぇぉ」も左人差し指のRTGNの裏、「ぃ」はUの逆と左右の人差し指には出現率最低
(0.03が中心)の9個の小文字と半濁音が集中し、親指がシフトキーの虜になって人差し指が伸びて
痛め易い指を保護すると同時に、規則性も増しました。



数字の配列を真面目に考えてみた

面白いもので九年近くかかったカナ並べが終わったと思ったら、数字の並べ方
については、カナに掛かった時間の千分の一も考えていなかったのに気がついた。

標準飛鳥の数字並びは前世紀から不動なので、今回は五時間くらい掛けて真面目に
考えて評価打鍵してみました。

今までは、数字段は「7,2,1,5,4,6,9,8,0,3,,,.,¥」でした。

しかし、数字段に指を置いてみると左小指は1に行きますが、右の小指は-に行きます。
でもハイフンは飛鳥ではもっと良い位置であるYの表にありますから、飛鳥の-キー
には数字のお友達のコンマがあります。
でも、日常的記述では数字をコンマで区切ることは稀です。3000円と書くのが普通で、
3,000円とは普通の文章では書きません。(もっと普通には三千円ですが。。)

(概数でなく正確な数字が必須の経理や理系の文書では飛鳥123の使用を前世紀から薦めています。)

で、ここで考えたのは「左小指の1キーは明らかに打ちにくく指の負担も多い。
それに対して右小指の-キーは打ちやすく、右利きの人は小指の負担も感じない。

であるなら、-キーに数字を持ってきて打ちにくい1キーには通常の文章では滅多に使わない
¥マークを持って来れば数字が打ちやすくなる。」ということでした。数字の頭に来る¥が
左端にあるのも、飛鳥の「 」( )位置と共通しており心理的に納得できます。

つまり1キーに¥を置くことで、数字列を右に一つずらすんですね。

で、次に考えるのは「数字段は全体に人差し指が伸びて指を痛めやすい。一番
近い4キーと8キーはともかく、特に指が伸びるのが567キーで、このうち
67は出現率が低いが5は高いので、これは人差し指の担当には向かない。
もっと強い右の薬指の0キーに置こう。」という結論に達しました。

とかゴチャゴチャRayに・・・じゃなくって、例によって考えを巡らせた結果、
新しい数字段は次のようになりました。

¥,2,1,4,9,6,7,3,0,5,8,,,.←新しい数字段
7,2,1,5,4,6,9,8,0,3,,,.,¥←従来の数字段
1,2,3,4,5,6,7,8,9,0,ー,^,¥←標準数字段

上のように、古い数字段は標準のものと共通な位置が268の三つでした。
新しい数字段で標準と共通のものは2467と、一つ増えたのでチョコっと
指さんも覚え易くなったかも??

やまぶき用配列テキスト 飛鳥[21-366].yab 
------------------------------------------------

[シフト無し]
¥,2,1,4,9,6,7,3,0,5,8,,,.
「,ー,じ,ぴ,%,-,・,と,は,ぶ,」,無
き,し,う,て,ぎ,ゆ,ん,い,か,た,ほ,後
ひ,ち,に,び,へ,ゃ,っ,ょ,ゅ,め,,


[左親指シフト]
{,[,],},゛,無,’,*,¥,/,+,^,|
ぽ,ね,け,ぁ,ぅ,ヴ,ぃ,よ,ふ,!,),_
だ,あ,が,り,ぇ,ず,る,す,ま,で,げ,逃
ば,ぜ,せ,ぱ,ぉ,や,え,、,。,?,/


[右親指シフト]
!,”,#,$,%,&,無,゜,>,<,=,_,無
(,べ,れ,ぺ,&,ぢ,~,そ,こ,ぞ,ご,無
わ,み,な,ら,づ,ぬ,く,の,つ,さ,ろ,後
ぐ,ざ,お,ぷ,*,む,を,ど,も,ぼ,無

[小指シフト]
!,”,#,$,%,&,’,(,),無,=,~,|
Q,W,E,R,T,Y,U,I,O,P,@,{
A,S,D,F,G,H,J,K,L,;,:,}
Z,X,C,V,B,N,M,,,.,/,_

------------------------------------------------

飛鳥123[21-366].yab (数字標準並べ)

------------------------------------------------
[シフト無し]
1,2,3,4,5,6,7,8,9,0,,,¥
「,ー,じ,ぴ,%,-,・,と,は,ぶ,」,無
き,し,う,て,ぎ,ゆ,ん,い,か,た,ほ,後
ひ,ち,に,び,へ,ゃ,っ,ょ,ゅ,め,,


[左親指シフト]
{,[,],},゛,無,’,*,¥,/,+,^,|
ぽ,ね,け,ぁ,ぅ,ヴ,ぃ,よ,ふ,!,),_
だ,あ,が,り,ぇ,ず,る,す,ま,で,げ,逃
ば,ぜ,せ,ぱ,ぉ,や,え,、,。,?,/


[右親指シフト]
!,”,#,$,%,&,無,゜,>,<,=,_,無
(,べ,れ,ぺ,&,ぢ,~,そ,こ,ぞ,ご,無
わ,み,な,ら,づ,ぬ,く,の,つ,さ,ろ,後
ぐ,ざ,お,ぷ,*,む,を,ど,も,ぼ,無

[小指シフト]
!,”,#,$,%,&,’,(,),無,=,~,|
Q,W,E,R,T,Y,U,I,O,P,@,{
A,S,D,F,G,H,J,K,L,;,:,}
Z,X,C,V,B,N,M,,,.,/,_

------------------------------------------------


と、昨日は思ったのですが家に帰って暗闇の中で二時間も
考えたら、更に改良すべき点があるのに気付きました。

で皆さん、両手をホームからスッと数字段に上げてみて下さい。

数字段は少し左斜め上に手を挙げる習慣は既に付いていることとします。
すると、3キーと9キーに最強最速の中指が行き、人差し指は4キーと
8キーに行きます。
すると、余り強くない人差し指の担当は45678と5つものキーになってしまっているのです。

でもこれって、飛鳥的には凄くまずいんですね。

だって英字段でも人差し指の担当キーが四つある上段ではRTYUの4キーに
超低出現率のカナ・記号を乗せて滅多に使わなくてすむようにしてるんです。

「人差し指の担当キーを減らし、親指がシフトキーの虜になっているため手の移動
をしない癖が付いている飛鳥」で数字を沢山打つような場合に、いくら何でも
人差し指の5キー担当は多すぎます。
特に、3個担当する方の人差し指が「打ち迷う」ことも多くなってしまいます。

そこで人差し指の数字の負担を減らすことを考えました。

英字の上段のように4キー全てに数字以外の低頻度の記号を乗せる手は、
右小指の数字担当が4キーにもなるので×。

標準では数字の担当がなかった右小指は1キー負担としたいので、人差し指の負担は一つ少ない
文字段並みの4個とします。そこで左は45キー、右は78の2キーずつを担当させます。

使用頻度の少ないコンマ・小数点は右端の2個に割り当て、空いた6キーには¥マークを割り付けます。

つまり、ちょっと前の
¥,2,1,4,9,6,7,3,0,5,8,,,. が
3,2,1,4,¥,6,7,8,0,5,9,,,.  となります。

3214とか678とか結構規則的になったので、今度は本当にこれから飛鳥
に乗り換える人の指さん達も「覚えやすい」と喜んでくれるかも知れません。

366-4
.
366-5



やまぶき用配列テキスト 飛鳥[21-366].yab 
------------------------------------------------

[シフト無し]
3,2,1,4,¥,6,7,8,0,5,9,,,
「,ー,じ,ぴ,%,-,・,と,は,ぶ,」,無
き,し,う,て,ぎ,ゆ,ん,い,か,た,ほ,後
ひ,ち,に,び,へ,ゃ,っ,ょ,ゅ,め,,


[左親指シフト]
{,[,],},゛,無,’,*,¥,/,+,^,|
ぽ,ね,け,ぁ,ぅ,ヴ,ぃ,よ,ふ,!,),_
だ,あ,が,り,ぇ,ず,る,す,ま,で,げ,逃
ば,ぜ,せ,ぱ,ぉ,や,え,、,。,?,/


[右親指シフト]
!,”,#,$,%,&,無,゜,>,<,=,_,無
(,べ,れ,ぺ,&,ぢ,~,そ,こ,ぞ,ご,無
わ,み,な,ら,づ,ぬ,く,の,つ,さ,ろ,後
ぐ,ざ,お,ぷ,*,む,を,ど,も,ぼ,無

[小指シフト]
!,”,#,$,%,&,’,(,),無,=,~,|
Q,W,E,R,T,Y,U,I,O,P,@,{
A,S,D,F,G,H,J,K,L,;,:,}
Z,X,C,V,B,N,M,,,.,/,_

------------------------------------------------





と、昨日までは考えたのだがやはり「ぶへぜばび」は伝統のある位置の方がいい、という結論に。。。
したがって、これらを長年いた位置に戻します。こうなると、最初の366からカナも随分入れ替わったし、
数字段も変わった、とういことでバージョンは367に上げます。
配列画像とテキストは上の最終記事に掲載することにします。



しかし、自業自得で今更言うも詮無いことだが。。。つくづく腹へった。・゚・(ノД`)・゚・。

自転車で往復一時間のこの図書館に来て、評価打鍵したりこれ書いたり画像作ったり
の労働をもう六時間はしているのに、パンの一個も買えないってやっぱヘン!!

で、ここは飲食もPC使用も可の図書館のリフレッシュルームなんだけど、
周りでは中高生が盛大にパンや弁当食ってる。。ううう、羨ましい。。

って、いい歳こいて、幾ら何でも低次元過ぎる!!

と、今回は「情けない枕と落ち」で、肝心の最終配列を挟んでみました。

それより、これをタダでブログに書き込めるところがあるかどうかが問題なのだが。。

後述
ラッキー!!
出入り禁止を言い渡した若い子がいなかったので、例の市の施設に潜りこめた♪
でも、この幸運も今日が最後かも。。。
さて、ノートPCが置いてある図書館が閉まる前に自転車漕いで早く帰ろう。





AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008-09-11 16:15:15

メシって超重要!!

テーマ:ブログ

これは2009/09/11の記事です。
タイトルの由来は、最後の一行まで読まないと分からない仕様となっております。(^^ゞ 

で、↓の画像の上が変更前の最終配列、下が変更後のものです。
A~Dでこの変更は共通なので、ここではAで代表します。


飛鳥カナ配列 ☆未来の子供たちへの贈り物☆-飛鳥123入後-2


.
.


飛鳥カナ配列 ☆未来の子供たちへの贈り物☆-飛鳥123入後


最終配列と言いながら毎度のことですが、「ブハ・~ヴ」の二組のカナ記号を
入れ替えたほうが良いことに気付かなかったのは私のポカです。

単なる私のチェックミスですので、本文の記事の方で黙って入れ替えても良かった
のですが、無用な突込みをする人がいそうな気がするので、一応今回のマイナー
チェンジの言い訳をしておきます。

1. 「ブバ」の入れ替え (バF裏ブV裏→ブF裏バV裏)

まずブバの出現率ですが、ブの方は0.3%くらいから0.8%くらいまで標本の分野によって
極端に異なります。これは、教科書や論文、政治経済関係の文章のように漢語含有率の
高い文章!では、ブを含む漢熟語の使用が日常的な文章でよりも極端に多いからです。
(標本によって極端に出現率が異なるカナは、口語体で多用される文末語尾のネと、
 このブの二つのみしか存在しません。)


これに対してバの場合、その出現率は標本の種類に関わらず約0.35%と一定しています。
これは、バを含む漢語が頻出する分野がブのようには*広くは存在しないことを示しています。
(狭くは存在する。例えば、競馬ネタでの馬場・馬上・馬券・乗馬・牝馬・馬身のように)

したがって、ブF裏バV裏にした方が漢語の多い文章が打ちやすくなります。また、
軟らかい文章でもブの使用率はバのそれと変わらないので、Vにバを置くことに何ら問題
はありません。更に、自分の「ジブ」もEVからEFとなって飛躍が解消されます。
もちろんこれは、出現率1%未満のカナならF裏の方がV裏より打ち易いことが前提です。

この入れ替えを考えなかったのは、あの頃は余程頭が悪かったからとしか言いようがありません。


2. 「~ヴ」の入れ替え (~U逆ヴY逆→ヴU逆~Y逆)

この入れ替えを考えなかったのは、長らくU逆にあったィを左に移動した際の他の
カナの移動に目を奪われ、~とヴの位置について考えることを忘れていたからです。
打ちやすいほうのU逆にヴを持ってきたのは、ヴァヴィヴェヴォの1音2カナの
倍速打鍵を実現する意味もあります。

ただし、A.「オレは発音にも反映されないヴァイオリン、ヴィデオ、ヴェトナム、ヴォルガ河なんて
馬鹿な表記は認めない!バイオリン、ビデオ、ベトナム、ボルガ河と発音どおりする表記すべき!」
とか、B.「ヴィトンだってオレは発音どおりビトンと書く!」としてヴを使わず、~の方は結構
使う人は、以前のF裏バV裏ブのままにしておくのがよく使う方の~が打ちやすくて適しています。

(ちなみにAの主旨の発言は、役所の外国地名表記からヴを撲滅した河野太郎元外務副大臣のもの。
 Bの発言は生涯ビトンには《それを贈る女子にも!》縁が無いこと確定の私の発言(>_<)。。。)

で、近いUから遠いYに左遷させられる~ですが、まず~の脳内発生を考えてみます。
大多数の人は、「九時~五時」と打つとき脳内で~は「から」と発生するでしょう。
これは、二拍です。ニョロでも二拍(ニョは拗音なので倍速打鍵で一拍。
あんまりいないと思いますが、正式名のチルダと発声するときは三拍です。

つまり、~を遠いほうのY逆においても指をYに伸ばし元に戻すのに充分以上の
時間がY逆の~にはあるといことです。
一方、ヴァヴィヴェヴォの使用が殆どのヴは、これらの連接が倍速打鍵を
要求するため、打鍵には0.5拍分の時間しかありません。

ですからヴは近いU逆に置き、~は遠いY逆に置くのが正解なんですね。

ただ、ヴァヴィヴェヴォなんて表記は使わないけど歌詞を打つ機会がずっと多い人は少数で
しょうが存在します。そして歌詞には、音を伸びるのを表す~~や~~♪がよく使われます。
私自身が歌詞を使って沢山評価打鍵してきましたから、~さんには大いにお世話になっています。
一方私がヴァヴィヴェヴォを打つのは、ここみたいな外来語用のカタカナ絡みの配列ネタの文章
でだけといっていいでしょう。
その他、長音記号の変わりに「そ~だね~」とかを使う人も、~の使用はヴの使用の何十倍にもなります。

ですからその種の人は以前のまま、ヴY逆~U逆とする方が「よく使うカナ・記号ほど打ち易い場所に置く」
という、当たり前の法則に従っていて、打ち易いのです。

こういう意味では、「万人に適する唯一の配列は存在しない」という、yfiさんの主張は正しいのです。

しかしそれを言い始めると、上のバブでも漢語の使用の多寡によって配列が二種類あり、双方について
A~D(この~使い方も多い!)の飛鳥と組み合わせることになって、8個の配列ができてしまいます。
ヴ~についても同様に8個の配列を提示しなくてはなりません。、その他無数に「人によって使用率
に大差がある文字の組」は多いですから、あっという間に飛鳥に数百数千の配列がるできてしまいます。
これでは作る私の方の手間もたまりませんが、それより煩雑すぎて誰も飛鳥に振り向いてくれなくなります。

ですから、私は飛鳥上級者には「自分の使う連接の出現率に従って飛鳥をカスタマイズするのは自由」と
以前から言ってきたわけです。
しかし、実際にそれを始めたら私のように配列作り地獄に嵌りますからとてもお勧めは出来ませんがね。。。
それに、「自分はよく使う」と言っても1%の出現率にはとてもならないことが殆どなので
(指に障碍でもない限りは)ユーザーが配列をいじる必要はないのです。
メジャーどころの単語や連接には、作者の私の方が四苦八苦して対応するように
工夫してきましたからね。
---------------------------------------------------------------------------------


しかし今回上みたいに基本的なチェックを忘れるのは、明らかに二十日間の絶食の影響大ですね。

なにしろ脳はブドウ糖のみしか受け入れない特殊な器官ですから、その原料の
メシをずっと絶ってりゃ、脳もどうにもこうにも働きようがありません。

道理で10日ほど前まで、「最近何か急に頭が悪くなった!」と感じたはずです。
でも一遍に機能停止するのではなく、毎日5%くらい頭が悪くなっていくので脳が
メシで働いていることに、(知識ではなく感覚で)気が付かなかったようです。

あのまま終わらしていたら、我流天性を欠く。。。って、MS-IMEの馬鹿!
何しろ転生を(アホッ)欠いたままで飛鳥は終わるところでした。メシが食えて、
頭がまともに働くようになったので、上のポカに気づいたというわけです。
これも、例の義捐金を寄せて頂いたお陰様です。

以上、「肉体労働じゃなく(一応)知的労働でも、メシって超重要!!」という教訓でした。
.
.
.

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-08 16:46:17

ここがヘンだよ!MS-VISTA

テーマ:ブログ
これは、2009/09/08の記事です。

自分のPCが逝ったせいで今は市のセンターのPCで書くしかできないのですが、
そのお陰で、HU=後退/エンターの123版最も移行しやすいものだと実感したのは
yfiさんへのコメントで書いたとおりです。

で、今回はこのPCで上の版を使うのに慣れる目的もあって、短い記事を書いて
みようと思います。
「あっ、その問題はこの手で簡単に対処できる」という技をご存知の方が
いらっしゃいましたら、ここのコメント欄で指摘していただけると助かります。

1.
これは、飛鳥といわずローマ字でもJISカナででも起きる問題。

インターネットエクスプローラの入力欄で入力法をローマ字からカナ、或いは
その逆に換えようとしてALT+カタカナひらがなキーを押して「変更しますか?」
にYESをしても、入力方が変化しない。メモ帳やワードなんかを出してそこで
変更しないとINエクスプローラに反映されない。
グーグルなんかの検索画面だけを出しているときは、ワードなんかを
開かないといけないので、ひどく面倒。
それに、まあ慣れてる私はまだいいけど、図書館なんかでローマ字に
替えられない人を良く見るので、その度に教えるので、面倒杉!
(って、隙あらば教える機会を窺っている教え魔の私が悪いのか。。。W)

これって、やはり日本語入力法に二種類あることすら理解できない
アメリカ人がVISTAの日本語版も作ってるから?
2.
次は、飛鳥での大問題。

ワードとかで飛鳥を打っていて、一回でもINエクスプローラの画面に移動すると
ワードに戻ったときやまぶきのアイコンが出ているのに、JISカナになっている。
一回山吹を終了させてマイコンピュータでやまぶきを再起動させないと飛鳥が使えない。
それで、この作業の直後に「あれ?あのコメントの続きは何だったっけ?」とか
ブラウザに戻ったが最後、上と同じ面倒な作業を繰り返し強制される。

市のPCだからやまぶきにキーボードショートカットを割り付けられないし、
言語バーの「あ」のところを左クリックしても入力法の切り替えのプロパ
ティーの画面が出てこない。

これはXPのときは無かったことなので、文章入力が主な用途の飛鳥人に
とっては、VISTAへの移行は百害あって一利なしが現状。

これって、解決法あるんですか?
それともMSさんお得意の「それは仕様ですキッパリ。変態入力法を無理矢理エミュ
なんかで使おうとする変態のアンタが悪い!」とか言われるんですかねえ。。。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。