子供たち、生まれて初めての関東方面。


私やダンナも、

東京に行く経由地として以外に

そこに降り立ったのは初めて。


私の住む町から

350kmほど離れています。


高速、使えるところを全部使っても

5時間かかりました。


まあ、途中「おしっこ~」という子供たちのために

3~4回ほど休憩を入れるから、しょうがない。



福島以南あたりから、

田んぼが黄金に染まっているところがあって。


稲の裏作の麦かな?

裏作ってよくわからないけど、

でも、田植えの時期にかぶってるしな…。

今年はそこに何かを植えるわけじゃないんだろう。

麦の生育時期がよくわからない。


減反された田んぼで麦を育ててるのかな?


緑の稲に黄金の麦。


山形では見られない光景です。



この日訪れた土地に、

これからも果たして

行く機会があるのかどうかはわかりませんが。


たぬちゃんが

かの地で元気にやっていることを願います。



昨日は朝5時半に起きて準備して

8時には家を出ていました。


子供たちはDVD三昧…と思ったけど

ジュニ子2は全然見ない。

でも、一人で

壊れたレコードのように歌を歌って

それはそれで楽しそうに過ごしていました。


ときどきジュニ子に「ジュニ子2ちゃん、うるさいー」などと

悪態をつかれながら。


ジュニ子3は

行きは寝ていってくれたので助かりました。

(帰りはおっぱい三昧でしたけど)



お弁当も、結局

ほとんどダンナが準備したようなものです。

私はそれ以外の荷物の準備や

たぬちゃんのお世話などをしていました。


ありがとうね~~。


誕生日だけど~~~。



総移動距離700kmくらいでした。


いやあ~~、疲れた。


子供がいなけりゃ楽勝なんでしょうけど。


子供たちも

車にカンヅメされて

ありあまるパワーのやりどころがないという感じでした。


ダンナはひたすら運転、

私はひたすらホスト役。



「ママ~、お茶飲みたい」

「暑いよー」(エアコンつける)

「ドラえもんみたい」

「おしっこ」(SAまで我慢して)

「ジュニ子3ちゃん抱っこだって」

「ママ~、お茶」

「お茶飲みたい」

「おにぎり食いたい」(これはパパ!)

「あ! ジュニ子もお菓子食べたい」(パパ食ってるから)

「ジュニ子3ちゃんおっぱいだって」(泣いてるから)

「うんち~」

「寒い~」(エアコンとめる)



エンドレス!!



奴隷並みの労働です。

途中、値をあげて

何回か運転を替わってもらいました。


あー、運転ラク~~~。。


でも高速はこわいから

ホスト役のほうがまだ気楽だわ。

(昔、飲酒運転で捕まった人間とは思えない発言ですね)



この日はてんてこ舞いだったから

写真も少ないし

観光に行ったという気分でもありません。


ひたすら車に揺られ、

SAというSAを制覇しました。

(買い物なんてほとんどしてないのに、

何だかんだでトイレなど)



それにしても暑かったですね。


道路標示を見て、

18時過ぎてるのに30℃、ってなってるのをみたときは

目を疑いました。


暑い暑いと思ってたけど

本当に暑い日だったんですね。



しかしみんながんばりました。


ほとんど行き先からトンボ帰りの行程だったけど

おみやげを買い、

実家にも寄ってくることができました。


ちなみに

お酒を買い、

父の日のプレゼントも置いてきました。


スーパーで「包装してください」といったら

なぜか紅白のしをかけられ。


何のお祝いでもないのに

なんかめでたい感じになってしまいました。


父は照れてました。


間に合わせだったけど、

父の日に遅れるよりいいと思って。



たぬちゃんのカタもついたし

父の日のプレゼントも渡せたし。


この日は達成感。


みんなありがとー。

(特にダンナ)


実家ではお風呂に入り、サッパリ!


滞在は1時間もないくらいだったけど、

またお菓子やらなにやら、もらってきました。


バタバタとまた家に戻りましたけど、

お風呂に入っているので

家についてからはバタンと寝るだけでよくて、

あとは気分もゆったりでした。


家に着くまでのラスト30分は

眠くて眠くて

事故らないことだけを考えてましたけど、

自分以外の人間が、

自分(の運転)を信用して、

ぐっすりと眠りこけているのを見ると、

なんともうれしくもありますね。


5ナンバーの車に

家族5人がギュウ詰め。


ダンナはエコノミー症候群にでもなりそうです。

(私でも狭いのに)



広い車にゆったり、ってのにあこがれますけど、

狭い車を極限まで利用しつくしてる感じもして、

意味わかんないけど、

そんなのも嬉しかったりするんです。