年を重ねて体力が低下しても、うまく家事をこなす方法 | 職場・家庭の整理収納をサポート整理収納で磨く心・思考・空間 整理収納アドバイザー2級認定講師 山岸明日佳 @北陸 石川・金沢

職場・家庭の整理収納をサポート整理収納で磨く心・思考・空間 整理収納アドバイザー2級認定講師 山岸明日佳 @北陸 石川・金沢

整理収納アドバイザービジネスアシストバージョン認定講座、2級認定講座を開催しています。職場・家庭の整理収納サポートも実施。自分の資質と未来を読み解くホロスコープ鑑定もしています。


テーマ:
私は、今年の2月で40歳になりました。
よく年上の友人や周りの方から、『40歳以降は体調の変化が起きやすいよ。』と聞いていました。
ホルモンバランスの乱れも関係してくるのでしょうね。
私自身も、実際に、疲れが取れにくい・体力が続かないなどの変化を感じています。

年を重ね、体力が低下してもこなす家事の量は変わらない。
だから、
①まとめてやらない(分散してやる)
②使える家電や機能は使う
③掃除しやすい環境を作っておく(片付け)
を意識してやっています!

以前は、家事もまとめて一気にできたのですが、今は疲れてしまい一気にできない。
なので、以前は洗濯・掃除・トイレ掃除・食器の片付けなど全てを朝やっていましたが、洗濯・掃除を夜に、お弁当作り・食器の片付け・トイレ掃除を朝に、と分けてやっています。
そして、以前は洗濯物をすべて干していましたが、今は、タオル類はすべて洗濯〜乾燥までしているのでタオルを干す、という手間が減りました。
タオルは毎日使い毎日洗うので、結構な量になります。
人によっては、
・バスタオルでなくフェイスタオルをお風呂上がりも使用する
・バスタオルは毎日洗わない
という意見もあるのですが、うちでは、主人がバスタオルで体を拭きたい!しかも大きめなのがいい!と譲りませんでしたので、フェイスタオル作戦は却下。笑
そして、私はバスタオルは毎日洗いたいので、毎日洗わないも却下。
乾燥コースまでお任せにすると、すごくラクになりました!
使える機能は使ってラクする。アリです。

雨の日は、娘の高校の送迎もあり、より慌ただしくなったので、夜にある程度家事を済ませておくと、朝の余裕が違います。

片付けも、『昔はマメにできたんだけど、年をとってから、しんどくてできなくなった。』と仰る方がいます。
これは、言い訳ではなく、本当にそうだと思います。
体力も低下しますし、どんどんしんどくなってきます。
なので、一気にやろうとしないことです。
1日1時間とか2時間と時間を決めたり、今日はここだけと場所を決めて短時間で取り組む。
続ければ、モノはちゃんと減ります。
年をとると、どんどん体力は落ちていきます。それは仕方ないこと。
だからこそ、スッキリ片付けておくと、日々の家事が楽になり、掃除しやすくなり、自分の負担を減らしてくれるので、片付けできてないわーという方は、1日でも早く始めるといいのになって思ってます。

私は、自己管理のために、サプリメントを摂ったり、バランスの良い食事を心がけていますが、それでも体力の低下は仕方ないこと。
何でもがむしゃらに頑張ろう!ではなくて、暮らしをシンプルにすることと、ラクできる部分はラクすること(洗濯乾燥や食洗機などを使う)、時間をうまく使って家事を分けてやることで対応できると思っています。


《ご提供中のメニュー》

企業様での開催実績多数・個性診断を活用したお片づけ講座
個性診断でオーダーメイドのプランをご提案
生まれもった素質・適性・運気が分かる
人間関係の悩み解消に役立つ講座

整理収納アドバイザー2級認定講師・個性心理學講師 山岸 明日佳さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス