紙は永遠で居られるのか。 | 安栖 千晶あとりえきりえ

安栖 千晶あとりえきりえ

本家サイトのブログコーナーです
http://asu-chiaki-kirie.localinfo.jp/

作品・画像の無断使用・無断転載は不可です。


テーマ:

切り絵作品は保存の耐久性について考える必要があります。

それは永遠の命と同じくらい難しいことです。

 しかし、私たちの限られた人生のように、人生の美しさは脆く、一時的で美しいものです。

 私は壊れやすい危険な紙と同じだと思う。

 

安栖 千晶さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス