夢で逢えたら | 安栖 千晶あとりえきりえ

安栖 千晶あとりえきりえ

本家サイトのブログコーナーです
http://asu-chiaki-kirie.localinfo.jp/


テーマ:

次は何をつくろうかなあ。。。

ちらほら他の作家さんが来年の干支のイノシシを既に制作されていてびっくり。

たしかに超のんびり屋さんの私には今から鞭打って作らないと間に合わないかも(笑)

 

ペットを亡くされた方、ときどき夢に亡くしたペットが出てくることがあるでしょうか・・・

亡くして間もなくのあいだは飼い主さんが嘆き悲しむのでなかなか出てこないと聞きます。

しばらくして、もし明るいイメージで夢に出てきたら成仏したそうな・・・

ちなみに暗い表情や嫌な鳴き声がするときは飼い主さんに間違った道を歩んでいるのを警告しているそうですね。

 

 

亡くなってから殆ど夢に出てこなかった子が、私が行き詰っているときにふと夢に出てくることがありました。

何も言わずにただずっと”いつものように”私にくっついていました。

あの子の柔らかい身体のぬくもりを鮮明に覚えています。

亡くなってまったく夢で逢えない事に、あの子が成仏できていないのだろうか、最期の私との別れに無念を感じて悲しんでいるのだろうかと色々悩んでいました。

そんな子が今逢いに来てくれた。

それはきっと私がどんな選択をしてもずっと側に居るよ。と言っているのかも知れないと感じました。

私が不幸せなことが一番悲しいかもしれない。

私が幸せに感じれることならいつも側に居て応援していると伝えたかったのかも知れないと感じたとき、迷いがすっきりと晴れ渡りました。

 

神社や野山のいきものに出会う時、「あの子に愛しているよと伝えて」と願ってしまいます。

私が虹の架け橋を渡るころに”彼ら”の声が聴けるならどんなに幸せでしょう。

 

安栖 千晶さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス