占星術師・天音なおみのブログ 花天月地

占星術師・天音なおみのブログ


テーマ:

 

 

この満月は影響が大きかったように思いませんか?

 

前後に、体調不良はもちろん、心理的転機、環境の変化、トラブルや事故の発生などたくさんのニュースが届きました。

 

 

それでふと気がついたのですが、今日は、酉年・酉の月・酉の日でした。

 

昨日9/6は申の日だったので、申酉天中殺ピープルにとって昨日と今日は、年月日の三拍子が揃った天中殺デイです。

 

申酉が天中殺の方は、世の中のだいたい1/6弱ですから、そうとうな影響があったかもしれませんね。


 

 

天中殺は、空亡とか大殺界とも言いますが、「殺!」なんていう字が入っているので、一見めちゃめちゃ恐ろしい印象ですよね。

 

東洋は死とか絶とか害とか刑とか、意味ありげな漢字が怖いです(笑)

 

私は東洋は細かくはわかりませんが、特定のテーマの時に参考にする部分が少々あり、天中殺もそのひとつです。

 

天中殺はそもそもは、「天がみかたをしない時」とされています。

 

安定的な運気のガードがないので、思いがけない波乱が起きるイメージです。

 

 

私自身が申酉が天中殺。

 

そして、その上に「大運天中殺」といって、20年間続くロングラン天中殺の最中です。

 

つまり、3拍子ならぬ4拍子そろった状態を迎えました^^

 

特にすごいことは起きていませんが、静かな変化をいただいています。

 

 

 

昨年の8月は、申年・申の月・申の日でそろった日がありますが、実はこの頃、気分はとても低調でした。

 

なにがあったというわけではなく、いつのまにかやる気、熱意がなくなっていたのです。

 

天中殺の影響が大きいのかも、と感じて、その時、旧知の天海玉紀さんにお話を聞きました。

 

玉紀さんは東洋系の天地人算命学で活躍していますが、お互いにプロになる前の、勉強時代の知り合いなのです^^

 

近況を伝えるなり、「それでいいです!」と言っていただきました。

 

玉紀さん、その節はありがとうございました☆

 

天中殺は、物質的な行動よりも霊的な活動に向いていて、大運天中殺の場合は特に「滑り出し」が肝心なのだそうです。

 

思い返してみると、ちょうどその始まりの年に、占星術のオーダーをいただくようになったのです。

 

つまり、私は知らないなりに波に乗っていたのでした。

 

大運が続くあと10年、きっとこの先を進んで行くのでしょう。
 

 

 

今日はまったく違う業界の方としばらくお話をする機会に恵まれました。

 

たまたま、その場で、意外な方向から今後の私の活動に関する新しいヒントが降って来ました。

 

記録をあたってみると、申・申・申、酉・酉・酉の時には、自力ではなく、まるで天から降りるかのように、出会いや暗示がもたらされています。

 

自分からとりに行くのでなく、流れのままに受けとるのは、占星術でいうならば、魚座やドラゴンテールにかなり似ているイメージです。

 

蓋がなくなる時は実は天とつながる大切なチャンスかもしれません。

 

みなさまも、一度はご自分の天中殺と、拍子が揃う日をみておいてはいかがでしょう?^^

 

 

(追記)

 

ということですので、知りたい方は玉紀さんに聞いてみてね^^

 


 

 

セッション、「星とヒーリングの会」「フェルデンクライス」のご感想をたくさんいただいています。

 

お寄せくださったみなさま、ありがとうございます!

 

今日は、講座に来てくれているマシャール☆さんがブログに書いてくれた、パーソナルセッションの感想をご紹介します。

 


 

 

タイトルを「アリエス(牡羊座のこと)」と空目しましたが、えっ、アリエル!?

 

いつも生き生きとした感性のマシャール☆さん、さすがの褒め上手すぎですが、どうもありがとうございます(///∇//)


 

 

 

 

 

*・゜゜・*:.。お知らせ..*・*・*・*:.。

 


 

 

 

☽Facebookお友達リクエストはこちらからどうぞ。

メッセンジャーなどで一言お声がけいただけると助かります^^

 

 

 

 


無料メルマガ講座・ワークショップ個人セッションお問い合わせ天音なおみHP

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

天音(あまね)なおみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります