「星の度数」「サビアンシンボル」とは? | 【宇宙にいただいた可能性を開花させ、輝き、愛される生き方へ】天音なおみの、占星術で開運するブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

【宇宙にいただいた可能性を開花させ、輝き、愛される生き方へ】天音なおみの、占星術で開運するブログ

占星術研究家・ライトワークコンサルタント
一般社団法人 星読みセラピスト協会 代表理事
天音なおみが発信する星読みと、上昇のための提案

メルマガやブログに書いている「度数とはなんですか?」とたびたびお問い合わせをいただきますので、こちらで解説いたします^^

 

 

ホロスコープをひとつの円として見た場合、中心角は360度ですね。

 

実はこのひとつひとつの度数に、360通りの意味があるのです。


 

実際のホロスコープをサンプルにしてみますね。

 

下の図の中の、月の記号を見つけてください。

 

 

 

 

 

 

月は魚座にいるのですが、月の記号の横に、小さく「13 52」と書かれてありますね。

 

これが、魚座の中の「正確にはどこ?」を示す「度数」で、この場合は「13度52分」という意味です。

 

ひとつのサイン(星座)は中心角が30度(360度÷12)なので、1度から30度まであります。

 

 

 

従来、占星術は、12サイン(星座)によって、12タイプの性格を示していました。

 

これをさらに細分化し、1度1度の度数ごとに30通りの意味があることを、占星術師と透視能力者が発見しました。

 

サンプルの「魚座13度52分」は繰り上げ式で「魚座14度」ということになります。

 

 

透視によるシンボル発見のプロセスについてはこちらの記事で書いています。 https://ameblo.jp/astrodienst/entry-12034145267.html 

 

 

これを「サビアンシンボル」と言います。


 

例えば、「魚座は引っ込み思案でロマンティスト」と言われますよね。

 

たしかにおおづかみにはそうなのですが、個性の時代にこれはアバウトすぎますよね。

 

 

魚座にも30通りの性格があり、中にはまったくおとなしくない、「熱血ファイター」「陽気なショーガール」「流暢に話すビジネスマン」もいます。

 

それは、魚座の中の、どの位置(度数)か?によって違うのです^^

 

 

魚座14度は、「キツネの毛皮をまとった女性」。

 

 

 

 

 

 

サビアンシンボルは、すべて不思議な短い詩のような短文で表されています。

 

とても神秘的なおもしろい象徴ですよ^^


 

 

 

*・゜゜・*:.。お知らせ..*・*・*・*:.。

 

 

 

 

☽ 無料メルマガ 

9/6満月リーディングはメルマガにて発信しています。

ご登録はこちらからどうぞ。


http://www.reservestock.jp/subscribe/20872


 

 

 

☽Facebookお友達リクエストはこちらからどうぞ。

メッセンジャーなどで一言お声がけいただけると助かります^^

 

 

 

 


無料メルマガ講座・ワークショップ個人セッションお問い合わせ天音なおみHP