存在のない子供たち | いつどの瞬間からも素敵な“今”になる☆アストロカウンセラー*ターラのブログ

いつどの瞬間からも素敵な“今”になる☆アストロカウンセラー*ターラのブログ

「占いは怪しい」という誤解を解きたい。
人生の流れを知ることで、自分で未来を選べる人を増やしたい。
いつどの瞬間からでも「素敵な今になる」ことを伝えたい。
鑑定日誌&星からのメッセージ&ひとりごとなども。

 
 
 
こんばんは、ターラです。
 
普段あまり映画を見る機会がないので
 
飛行機の中では何をみようかな~、と
いつも厳選するのです。
 
 
2018年2月に渡米した時にみた映画
 
 

「ライオン」

 
 
 
この映画は
その後おこった事件の時、とても役にたった。
 
 
寒さで震えながら寝場所を確保する時
 
 
この映画に出てくる主人公を思い出し
 
 
 
みつかったからって追い出されるわけじゃないし
雨風はしのげるし
寝る場があるだけ安心。
そう思えたのです。
 
 
 
 
そして、今回のDenverからの帰りの機内で見た映画は
 
 
 
存在のないこどもたち
 
 
 

もう釘付け。
 
 
何語で話してるのかわからないし
 
 
字幕も英語しかなかったので
 
 
詳細はよくわからなかったけど
 
 
 
映像から伝わる物語にくぎ付けで
 
 
 
最後まで集中してみてた。
 
 
ビデオレンタルが始まったら
再度じっくり見たいな、と思った映画。
 
 
たくさんの映画評論家が絶賛している。
 
 
言葉がわからなくても伝わってくるものがあった。
 
 
 
個人的に一番印象的だったのは
 
 
 
不法滞在で捕まった刑務所に
 
 
善意でやってくる宗教団体。
 
 
せめてあなたたちの心に光を・・・
 
 
って、歌を歌いだす。
 
 
 
確かにその歌に元気づけられる人もいるが
 
 
 
子供と離ればなれにならざるを得なかった母親にとっては
 
 
なんの慰めにもならない。
 
 
 
でも、宗教団体の人たちは
 
 
自分達がとっても良いことをしていると信じている。
 
 
 
余計にむなしくさせることも気づかずに。
 
 
 
そのシーンが一番印象的で辛かった。
 
 
そして赤ちゃんの足を縛らざるを得ないが
ゼインがやはり解いてあげるシーン。
 
 
 
でも決して暗いだけの映画じゃない。
 
 
 
ハッピーキラキラ!の時はおススメしないが
 
 
 
どうしようもない気持ちの時はいいと思う。
 
 
存在しているのに、そこにいないかのような状況。
 
 
私たちの生活の中にもあると思う。
 
 
たくましく生きている姿に力をもらえる。
 
 
 
ターラ
 
 

 

◆占星術やタロットに関する動画を続々配信中!

 チャンネル登録よろしくお願いします↓

 

 

キラキラ黄色公式ホームページはこちらです

キラキラ青占星術に興味ある方→お勧めテキストこちら

キラキラ5簡単にチャートが作れるソフトはこちら

キラキラピンク個人鑑定や講座申し込みはこちらから

キラキラ黄色ご意見&ご感想&お問い合わせはこちらから。