懐かしい本の話 | いつどの瞬間からも素敵な“今”になる☆アストロカウンセラー*ターラのブログ

いつどの瞬間からも素敵な“今”になる☆アストロカウンセラー*ターラのブログ

「占いは怪しい」という誤解を解きたい。
人生の流れを知ることで、自分で未来を選べる人を増やしたい。
いつどの瞬間からでも「素敵な今になる」ことを伝えたい。
鑑定日誌&星からのメッセージ&ひとりごとなども。

 
とても、とても感銘を受けた
人生のバイブルとなる本がいくつかある。
 
その著者の方々は、既に亡くなっていることが多い。
 
でも、その方々のメッセージは
 
書籍を通して、いつまでも いつまでも
 
受け取る準備ができた時に
 
準備ができた人に注がれるんだな、と思う。
 
最近、じっくり本を読むという時間を取れないでいるけど
 
そんなことを思い出しました。
 
 
あまりに強い感銘を受けて
 
著者にコンタクトを取ったのは人生で二人だけ。
 
いや、3人か。
 
当時、手紙というアナログだったけど
 
一人は直筆の返事が返ってきた。
 
もう一人は、確か、書いたけど私は出さなかったのだ。
 
出版社の方が読んで本人に届かないと思ったから。
 
もう一人は私が小学生の頃でテレビ局に送ったので
 
きっと読まれていないと思う。
(両親が本当に送ったのかさえ不明)
 
今ではすべて電子でメールやラインでことが済む。
 
アナログの直筆ってどれだけ貴重なのだろう、と思う。
 
 
 
 
・・・・で、
 
 
 
私が直接コンタクトを取った人は誰なの??
 
 
って気になりますよね(笑)
 
別にもったいつけたいわけじゃないので
 
告白すると
 
小学生の頃、手紙を書いたのは
 
「奇跡の人」ヘレン・ケラーの映画を見て。
 
「感想をお送りください」ってテレビで言っていたから
 
感想文を書いた。
 
今見ても、食事のシーンは凄すぎる^^;
 
あれは小学生の私にとっては強烈すぎた。
 
 
二人目は「黎明」の著者
 
葦原瑞穂さん。
 
講演会もあったし、まさかお返事を戴けるとは思っていなかったので驚いた。
 
 
3人目、出さなかったけどかなり
当時の私に考える機会を与えてくれた本
 
「夜にそびえる不安の塔」
 
image
 
 
占い関係の仕事をしている人には読んでもらいたい。
5年にわたる潜入取材。人間の運命を操るものの正体を探っていくノンフィクション。
 
 
話にオチはないのですが、
今日も最後まで読んでくださりありがとうございました♪
 
 
最近、Youtubeでも自由に発信してるので
見ていただけると嬉しいです^^
こちら↓
 
◆占星術やタロットに関する動画を続々配信中!

 チャンネル登録よろしくお願いします↓

 

ターラ

 

キラキラ黄色公式ホームページはこちらです

キラキラ青占星術に興味ある方→お勧めテキストこちら

キラキラ5簡単にチャートが作れるソフトはこちら

キラキラピンク個人鑑定や講座申し込みはこちらから

キラキラ黄色ご意見&ご感想&お問い合わせはこちらから。