春季東部地区高等学校柔道大会、男子団体戦で2年ぶり4回目の優勝! | 春日部工業高校柔道部監督のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

春日部工業高校柔道部監督のブログ

春日部工業高校柔道部ならびに監督の柔道に関する活動を報告します♪

今日は標記大会が春日部市立市民武道館で行われました。この大会は、5月4~5日に行われる関東高等学校柔道大会埼玉県予選会男女団体戦のシード校決めも兼ねています。昨年のこの大会は新型コロナウイルの感染拡大のために中止となり、2年ぶりの開催となりました。

 

本校は男女ともに昨秋の東部地区高等学校新人大会で優勝していましたので、今大会ももちろん優勝を目指していましたが、新型コロナウイルスの影響で思ったように練習ができず、十分に準備ができた状態とは言えないまま大会を迎えました。

 

先に行われた女子団体戦では、1-1の代表戦で鷲宮高校に敗れ、本校は悔しい準優勝となりました。鷲宮高校は主軸の岡安選手が立技も寝技も強い好選手で、本校としては岡安選手をどう攻略するかがポイントでしたが、今回は見事に力を発揮されてしまいました。県大会での鷲宮高校のご活躍をお祈りいたします。

 

一方男子団体は、予選ラウンドで花咲徳栄高校に3-0で勝ち、決勝リーグに駒をすすめました。上位4強による決勝リーグでは、本校主軸の宇井選手のケガが影響して苦しい戦いもありましたが、それぞれが自分の役割を果たしてチームとして3勝をあげて、嬉しい優勝となりました。

 

特に大将の江原選手は、2-2でまわってきた久喜工業高校との大将戦で抑え込んで勝利を決めましたが、大事なところで得意の寝技が光っていました。

 

■決勝リーグの結果

春日部工業 4-1 春日部共栄

春日部工業 3-2 久喜工業

春日部工業 3-1 八潮

 

今回の優勝で、本校は東部地区の男子団体戦で、2016年のシード校選考会以来18大会連続での優勝となりました。

 

■2016年    (3位)  シード校選考会 秋季大会(点取り試合) 秋季大会(勝ち抜き試合)

■2017年 春季大会 シード校選考会 秋季大会(点取り試合) 秋季大会(勝ち抜き試合) 

■2018年 春季大会 シード校選考会 秋季大会(点取り試合) 秋季大会(勝ち抜き試合) 

■2019年 春季大会 シード校選考会 秋季大会(点取り試合) 秋季大会(勝ち抜き試合) 

■2020年   (中止)          (中止)        秋季大会(点取り試合) 秋季大会(勝ち抜き試合)

■2021年 春季大会

 

5月4~5日に行われる関東高等学校柔道大会埼玉県予選会でも、もちろん男女ともに関東大会出場を目指して頑張りますが、今年は新型コロナウイルスの影響で大会規模を縮小しなくてはならないため、男子団体は上位7校、女子団体は上位5校という狭き門となりました。

 

県大会がどうなるかはわかりませんが、昨年にくらべれば大会があるだけありがたいです。大会までの一日一日を大切にして、生徒たちと力を合わせて最善を尽くします。

 

今日の大会も無観客で実施したため、保護者や卒業生の皆様は、ご自宅から、あるいは職場から応援してくださっていたことと思います。あらためてその応援に感謝を申し上げるとともに、県大会でも変わらぬ応援をいただければ幸いです。

 

選手の皆さん、応援の皆さん、今日もたいへんおつかれさまでした。そして優勝おめでとうございます。県大会もみんなで力を合わせて頑張りましょう♪

 

みなさん、優勝おめでとうございます♪