埼玉県高等学校柔道新人大会 男子団体戦で再び県4強に進出! | 春日部工業高校柔道部監督のブログ

春日部工業高校柔道部監督のブログ

春日部工業高校柔道部ならびに監督の柔道に関する活動を報告します♪

標記大会は、11月19日(火)~20日(水)の2日間、埼玉県立武道館で行われました。

 

女子団体戦は、直前に選手1名が負傷したため、今回はエントリーしていましたが欠場となりました。

 

男子団体戦は、本校は東部地区新人大会優勝校なので第1シードで、2回戦からの登場です。

 

2回戦は立教新座高校に5-0、3回戦は実力校の熊谷商業高校に3-0で勝ち、準々決勝に駒を進めました。

 

相手は、北部2位の第2シード・児玉高校を、代表戦で破って勝ち上がってきた松山高校です。松山高校も好選手をそろえており接戦が予想されましたが、3-2で辛勝して、準決勝で埼玉栄高校との対戦を迎えました。

 

生徒たちには「全員で頑張って攻めて、1点取ろう」と話しました。私が上尾東高校の監督時代に、11月の県新人大会、翌年6月のインターハイ県予選、ともに男子団体戦で埼玉栄高校の失点0での完全優勝を阻んだのは、上尾東高校だったことを話しました。

 

特にその年の男子個人戦86kg級インターハイチャンピオンからも得点したことは生徒たちにとって大きな驚きだったようですが、「試合は何が起こるかわからないぞ。強気でいこう」と話して送り出しました。

 

結果的には0-5で大敗しましたが、全国中学校大会団体優勝メンバーをそろえた埼玉栄高校を相手に、本校生はよく頑張ったと思います。

 

続く3位決定戦では武蔵越生高校に1-3で敗れましたが、先鋒・山西くんが切れ味鋭い内股で一本勝ちしたのは大きな収穫でした。

 

新メンバーになってから東部地区新人大会シード校選考会、点取り試合、勝ち抜き試合で優勝し、初めての県大会でしたが、県大会でもある程度戦える手応えを感じます。

 

一方、本校よりも強い高校はまだまだたくさんあるので、年末の天理遠征、正月の寒稽古、1月~2月の東海大学、日本大学、山梨学院大学への出稽古、毎月の講道館合同練習会を通じて、力をつけて春を迎えたいと思っています。

 

選手のみなさん、応援のみなさん、今日はたいへんおつかれさまでした。そして、県4強進出、本当におめでとうございます。これからも、みんなで力を合わせて頑張りましょう。

 

結びに、本日、応援にお越しいただいた保護者の皆様に、あらためて感謝を申し上げます。これからも頑張りますので、引き続きの応援、どうぞよろしくお願い申し上げます♪

 

表彰式

 

みなさん、県ベスト4おめでとうございました♪