ゆづマドラー♡

 

ちょっと懐かしくもある

  

今回は子ゆづマドラーなんだね♪

 

これ決めるの早かったねー!Σ(゚д゚;)

 

見た瞬間即決Σ(゚д゚;)少しも迷わなかった(こういう直感力もゆづはすごいと思う)

 

 

ゆづにとって「めちゃくちゃ大事なプログラム」と

初めて全日本クラスの試合に出た時のプログラムで優勝もした

 

思い入れが強いからこそこれなんだね(*^^*)

 

絵もよく見るとかわいいなっ!wwなんか似てるーww♡髪もまるい~

 

決まりました!

 

クパァ…♡

 

仕事早いっす!羽生さん

 


しかしこの頃っていうのは…

 

 

そうなんだなぁ

 

これはもうよく聞いてきた話だけれど、こんな風に話すんだなぁー

 

 

 

 

NHK杯の時にも言ってたね

 

『自信の塊』みたいだったって

 

 

そしてこれだ

 

 

なんだかこの言葉を聞く度に、私は個人的に胸がキュッとなるんだな

 

 

平昌五輪後に書いた記事

 

『衝撃的だった、ゆづの言葉。』

https://ameblo.jp/astipalea3897g/entry-12358673037.html

 

 

ゆづの言葉が私には刺さった

本音を言えば、ソチ五輪が終わった後は、平昌で引退しようと思っていました。これまで結構しんどくて、「もう辞める」と思った事もありました。だけど、先々シーズンぐらいまでは、「平昌まで頑張ってから引退しよう」と決めていたんです。

 

でも気付いてしまった。小さい頃の自分にうそをついているような気がしたんです。

 

「ちょっと待てよ、4回転アクセルを跳びたくないのか?」と思ってしまったんです。

 

夢を生きるより一部要約

 

 

何より、モチベーションはすべて4回転アクセルだけなので。もう、獲るものは獲ったし、やるべきこともやったと思っています。

 

あとは、ちっちゃかった自分のころに描いていた目標、夢じゃなくて目標をかなえてあげる。それだけかなって思ってます。

 

メダリスト一夜明け会見より

 

 

自分の中での今自分が持っている夢というものって、わりとかたちがしっかりしていて。

 

それはたぶん昔の自分なんですよ。

 

昔、小さい頃に「ああ、これやりたい」「これで強くなりたい」「これで一番上に立ちたい」「こういう人になりたい」、そういうふうに憧れて、それを信じ切っていた自分がたぶん今もずっと心の中に残っていて。その自分の心の中で「絶対やってやるんだ!」と言っている昔の自分が、たぶん僕の夢というか、夢の原動力になっているんだと思います。

 

日本記者クラブ会見より

 

 

 

小さい頃の自分と夢を笑顔で話すゆづ

 

この頃の私には、衝撃的な光景として映りました

 

 

なぜか?って…

 

私にはそんな観点と感覚がなかったからです

 

 

なかったんだよね

 

 

これは幼い頃の家庭環境や育ってきた背景が大きく影響していると思っています

 

だから、いつの間にか無意識に幼少期の自分と今の自分を切り離して過ごしてきたんだと

 

 

 

それに、気づいた

 

気づけたのがゆづのこの言葉たちと思考に触れたからなんだよね

 

 

私の大きな…大きな転換期だったと思っています

 

 

 

「幼い頃の自分が見たら『当然だろ』って言ってくると思います」って、ゆづ笑顔で言うんだもん

 

こういうのが当たり前の感覚なんだって…初めて触れるものに出会ったような気がしました

 

 

だから、私にとってはこのゆづの思考や言葉っていうのは人生観すらも変えられるような大きなものでした

 

それは今も尚影響を与え続けています

 

 

 

ゆづの言葉を聞く度に、ゆづの幼い頃の自分に対する思いに触れる度に、私の中でも幼き日の自分と今の自分が結ばれる感覚になる

 

 

 

以前記事にも書いたことがありますが

 

『“羽生結弦現象”に思うこと。』

https://ameblo.jp/astipalea3897g/entry-12420219891.html

 

やっぱり意味があると思うんですよね

 

 

少なくとも私は人生のうちの今このタイミングでゆづを好きになったことに意味があると思っているし、意味を感じている

 

 

こういう現象化が世界規模で起きているということは、何か目には見えない大いなるメッセージのようにも感じるんだな


神様から込められているような気がする

 

 

今生を生きる私たちに“必要”だから、ゆづに出会ったって思う

 

大げさでもなんでもなく、私は本気でそう思っている

 

 

 

最近思うのが、こういうのを子どもたちに知ってほしいなってこと

 

たとえば、うちboyの小学校では1000名弱の子どもたちが通っていますが、平昌五輪後には校長先生が全校集会でゆづの生い立ちから金メダルを獲得するまで、連覇するまでを話してくれたと言います


運動会では「羽生選手の曲で踊ります」と言い、今シーズンの試合後の給食の時間には『Origin』が流れたそうw(多分Art on Ice)


学校掲示板にはゆづの新聞の切り抜きが貼られている(ガチファンがどこかにいるのかしら…(; ・`д・´)ゴクリンコ)

 

 

きっと子どもたちの認知度はほぼ100%に近いと思います



その中で、ゆづが大事にしていること…

 

 

こういう言葉をね、子どもたちに触れさせたいなって思っちゃうの


聞かせたいって思う



ここまでになった人が、自分たちと同じ年齢の頃の“自分自身”を大事にしてあげていること


ずっと心の中に居続ける存在であるということ


こういうのに触れると、何か感じるものがあるんじゃないかって思います



『今のあなたたちは、かけがえのないものなんだよ』って


『すごくすごく尊い存在で、この後の人生においても大事な存在なんだよ』って



何か…そんなメッセージになるんじゃないかって思います



そういうのに気づけるだけでも、子どもの人生観も変わるんじゃないかって


何かその後の生き方に影響していくんじゃないかって思っています

 

 

 

だからちょっと…私はboyに伝えてみようかなって思ったりもするんだけれど、まだ時期とタイミングを見計らっているところです(^^;)

 

 

でもただ伝えるだけじゃダメなんだよね、きっと

 

同時にこういうこともしっかりと伝えなきゃならないだろうなって

 

 

楽しいだけじゃない、苦しいこと辛いこともたくさんあるって


 

 

境遇はそれぞれ違うにせよ、子どもながらにも決して平坦ではない道のり

 

そして、たくさんの“引き換え”があるということも

 


 

 

 

 

まあ、ここまでにはなかなかなれないとしても、努力すること我慢することも大事なんだよって


それが、どういう形であれ大人までの道に続いていくということ



私、本気でゆづの生い立ちとか思考とか感性とか、教育レベル…学校で取り扱う題材にふさわしいと思ってるんですよね

 

まあ、そこまでになるとガチガチのお堅い感じになるかもしれないけれど、『子ども時代』に触れて欲しい人だなって思うの


羽生結弦とは



 

 

本当に子ども時代から真っ直ぐ育った人だなって…稀有な存在だなって思います



大人になってもズキュズキュくるけどね、その生き方や言葉たちには


心持ちや精神も、すっごい影響を受けていますσ´Å`o)オイラ

 

 

 


いつも言っているけれど、意味があると思うんだな


目に触れること好きになること自体にも、そして自分に訪れるもの起きることすべてには必ず意味がある


だから、こういう人たちと同じ時代を生きているということにも大事なメッセージがあるんだろうなって、感じたくなる

 

ここまでになった人たちが…大事にしていること

 

 

 

 

 

 

 

人生を歩む上での導となっている


やっぱりこういうの子どもたちに知ってほしいし触れてほしいなって思います

 

 

 

 

まあ、子どもじゃなくても私は今もずーーーーーーっと心を繋いでもらっているような思念と言葉だけれどね



ほんっと人生観が根底から変わったように思います



今も尚影響を受け続けている



これってきっと一生ものだなって思っています




ありがとうって


ありがとう、ゆづって思い続けています




勝手に感謝するーーーーーーーーww

 

 

 

 

練習の合間に息抜きもできていますように

 

 

 

ポケモンやってるかなー?w


NHK杯で勝ったから買えたやつ♡

 

 

 

楽しんでいるといいね!☆



 

ポチッと…押してくださいますか?


↓↓↓



フィギュアスケートランキング


いつもありがとうございます✲*゚