この週末気温がグッと上がって暖かかった~!

うちとこも今日から新学期!入学式、入園式もまわりでチラホラ聞こえてきて春を実感しますー✲*゚

おめでとうございます❀.*・゚






私こないだ映画ドラえもん見に行ったって言ったじゃん…?




 
ひゃだ、泣いたわー(ノД`)・゜・。
 
ドラえもんに泣かされたー(ノД`)・゜・。
 
 
んなこと言ったって子ども用アニメでしょー?なんて思ってたらすごいとこキュッて掴まれて泣いたー(ノД`)・゜・。
 
 
 
まあ、ストーリーというか展開というか、パターンは私が子どもの頃からと同じで変わってないんですけどね
 
悪いヤツが出てきて、それをみんなで力を合わせて突破し乗り越える!みたいな…
 
 
 
でもなんか…大人になって見るとまた違った風に見られて…状況も言葉も、人や他者との関わりも、いろんなことが実は深くて、すごいなってあらためて思いました
 
 
だってこんなに長く子どもたちに愛されて、愛され続けて、見られ続けているんだもん
 
 
映画館は子どもたちでいっぱいですし、小さい子は3歳くらいから、みーんな大人しく座って時に笑いながら見入り、見終える
 
(アンパンマンはすべての子どもが通る道ってのは定説と言いますが(仮面ライダーやウルトラマン、トーマスやEテレ系などはそれぞれその子でハマるものが違うんだよね。オモチャも然り)、ドラえもんもそういう意味では嫌いな子いないんじゃないかなぁー?うちのまわりでもみんな好きだもんなー)
 
 
 
 
劇中の“友だち” “仲間” “友だちのために” “仲間のために”っていうシーンを見るとウルウルしてしまって(;_;)←

自分をかえりみずに一心に相手を思う心
 
また“友だちを助けたい” “仲間を助けに行く!” そんな言動にも胸を打たれるというか…ああ…こういう純粋なキラキラしたものって本来みんな心に持っているもので子どもたちの中にあるんだよねって、思ったりしてさー(;_;)
 
なんか、大人になるとそういうの薄れるというか…忘れるというか…汚れるというか←オイ
 
そういう感覚って、もしかするといろんな思いの鎧を纏って、本来の意味から遠くなってしまっているかもなぁとか考えたりもして
 
 
 
 
でね、劇中に出てくる言葉がまたいいんだよ
 
 
今回は人工知能が悪の親玉(ボス)で、それが中心となって宇宙の星を侵略してどんどん破壊していくのね
 
で、そのボスが『わたしは破壊の神だぁー!すべては破壊のためにある!このわたしを作ったのは“想像力”だ!おまえたちの想像力がわたしを作ったのだ!』なんて言い放つわけさ
 
 
したらばね、ドラえもんが
 
『違う!想像力は未来だ!想像することで思いやりが生まれる!想像をやめた時、破壊が生まれるんだ!』ってね、言い訴えるわけよ…(;_;)
 
 
もうその言葉が胸に届いて届いて…
 
 
ああ、ほんとその通りだなぁと思って
 
真理をつくいい言葉だなぁと
 
 
今もね、その言葉を抱いています、私
 
 
 
 
で、ドラえもんが『僕は同じロボットとして恥ずかしい!』ってね、そのボスに言った言葉も印象に残っています
 
同じロボットでも人間と接し想像力を他者に向けて生きているドラえもんと、その真逆をいく侵略者ボス

違うなぁと
 
人間との営みの中で育まれたドラえもんは、その内なるものは人間たらしめるものが宿っているんだよね
 
 
 
 
こういう劇中に散りばめられた言葉や想いって、何気なく知らぬ間に子どもの心の深いところに届いているんじゃないかなって…そんなことも思いながら見ていました
 
 
 
 
 
で、最後の(お馴染みパターンの)のび太たちと仲良くなった仲間たちとのお別れのシーンで
 
その仲間たちは自らの永遠の命と無限の魔法力を手放すのね
 
封印するの
 
 
その時に言った言葉
 
『限られた力だから頑張るんだ』
 
『限りある命だから大事にするんだ』
 
 
これも…うん、そうだよね…って思いました
 
 
 
 
最後の最後
 
今後のお互いのために、星と星とで離れて、もう二度と会わないという選択をする両者
 
別れ際の言葉
 
 
離れていても、いつも君を想っている
 
僕は君を見てるよ
 
 
僕たちは繋がっているよ
 
 
 
だって、想像力があるから
 
 
 
 
(ノД`)・゜・。
(ノД`)・゜・。
(ノД`)・゜・。
 
 
もうダメ…
 
 
もう泣く
 
 
泣いたって
 
 
 
 
 
想像力で繋がる
 
想像力で想い合う
 
 
 
素晴らしいなって
 
 
 
 
 
なんとなく今回の主たるメッセージは『想像力』じゃないかって私は感じました
 
 
 
これは私たちが住む社会にも通じることで、なにも子どもだけじゃなく大人にも大事なことだろうと思いました
 
想像することで他者との関係性が変わってくるし、延いては未来が作られる、構築されていく
 
いろんなことが光転していくきっかけになるだろうと
 
 
人間として生きる上で、本当に大事なことだろうと思いました
 
 
 
 
それを…
 
…ドラえもんを通じて今回実感しました。゚(゚´▽`゚)゚。
 
 
 
 
イチローが引退会見で大谷選手について(2回)問われた時の発言
 
投げることも、打つこともやるのであれば、僕は1シーズンごとに、1シーズンはピッチャー、次のシーズンは打者として、それでサイ・ヤング(賞)とホームラン王を取ったら…だってそんなこと考えることすらできないですよ。翔平はその想像をさせるじゃないですか、人に。この時点でもう明らかに人とは違う選手であると思うんですけど。(中略)ピッチャーとして20勝するシーズンがあって、その翌年には50本打ってMVP獲ったら、これ化け物ですよね。でも、それが想像できなくないですからね。
 
 
 

“人に想像させる時点で明らかに人とは違う”
 
 
これ、なるほどなぁと、深くて考えさせられる思考と言葉だなぁと思って
 
 
 
 
そういう意味でいうと、ゆづもそうだよねって
 
『人に想像をさせる』
 
 
4Aを跳んでいるところはもちろん想像を抱かせますし、優勝のイメージや復活の思い描きも私たちに与えてくれます


そして、これがもしかしたら私にとっては1番かもしれない


私のゆづ応援は想像力と共にある


というか、ほぼ想像力と言っても過言ではないかもしれません

これはもうブログを書き始めた当初から変わっていないことです


記事を書くにあたっては、この言葉は大丈夫かな?使い方、印象はいけるだろうか?これを読んだ人の心には何が広がり、それによって何を齎すだろうか?どんな事象を引き起こすだろうか…?って、日々問いかけながらです


私はブログで、人の心に何を撒くのか


ゆづが見たら悲しまないかな

めぐりめぐって、ゆづの住む世界を狭めないかな

まわりまわって、ゆづが生きづらくならないかな

ゆづの大事な人が、傷つくことはないかな

ゆづの大事な人が、彼から離れていくことはないかな


そんなことを常に想像しながら、言葉を選んで、書く内容を神経をすり減らしながら選定しています





また、ゆづへの想いも想像です


ゆづは今どんな気持ちだろう?

どんなふうに日々過ごしているのだろう?

ゆづが今これを見たらどんな心境になるだろうか?

その置かれた環境は彼にどんな影響を与えているのか、彼は幸せか?ゆづはいま笑っているかな…


毎日毎日想像し、そこで自分に何ができるかを考えています(でも私にできることってこのブログでのみ、そっと思いを綴るだけです。あとはゆづ応援ブログを書く過程の中で学んだことやゆづの生き方、スケートから受けとったものを自分の人生に生かしていくこと)
 
 



ゆづは、公な自分のSNS媒体を持たないし、リアルタイムで自分の言葉を常に持ちません


しかし時代は進み(ファン含め)人々の生活にはSNSが深く影響を及ぼしています

喋った言葉や、いつ、何をした、誰と、どんなふうに、ということが動画や写真が添えられて瞬時に世界中に拡散される時代

それは、便利で、速くて、手軽で、効率が良くて、共有の喜びを味わえて、とても“いい”ようで、反面“そうではない”と私は常々感じています


知ることができて嬉しいな、見られてよかったなと思うと同時に、どこか心に相反する気持ちも持ち合わせているのが正直なところで…

なんて言うか…機器やネットワーク(SNS)の発達により、人の思考や心の成熟、想像の深化よりも先に情報が次から次へと入ってくる状況(いいものもそうでないものも含め)

少しググれば、目的のものに簡単にヒットする

ここにちょっと疑問を抱いているというか…危機感を持っているというか、自分的に気をつけなければなと思っているところでもあります



私、『知らなくてもいいこと』ってあると思うんですね


知る“必要”のないことや、いろんな意味を含めた『知らなくてもいいこと』です


知りたい、見たい、聞きたいという自己の欲求と、それをコントロールする自律心

この狭間の過程こそが大事であると感じていますし、その欲求や想いが叶わない時の人間の本質力…

それが想像力だと思うんです



そこを大事に…というか大切に抱きながら、ゆづ応援をしていたいなって思います




…こういうの古くさいんだろうか?^^;

よく言えば古風で日本的、なのかもしれません

その一方で、時代遅れ…とも言うのかもしれませんね




4Aについては、『それを実現することができるのはユヅ以外にはいない』そう誰もが口を揃えて言います

実際は足のことも抱えながら彼は日々を懸命に模索し過ごしているわけですが、やはり大前提として“それを想像させる”という時点で、もう他者とは違う、到底成し遂げられないことをある意味実現しているのかもしれません

ファンや彼を応援する人に、“想像すること”を日々与えているのも、大きな大きな彼の『蒔きもの』です
 




ドラえもんの言葉

『想像力は未来だ』

 
相手の気持ち、他者の心情、置かれた状況、生きる環境を想像するだけで、自分の思いが変わり、言葉が変わり、表し方が変わり、伝え方が変わり、行動が変わる

すべてが変わってゆく

それが創造力となり未来を作る
 
 
 
なんかね、すごく自分的に胸に響くものが散りばめられた時間だったなと思います
 
見られてよかった(*^^*)


そして、私に想像することを与えてくれるゆづには、勝手にw感謝しています!
 


ポチッと…押してくださいますか?
↓↓↓


フィギュアスケートランキング

いつもありがとうございます✲*゚